ココナッツオイルの効果・効能がすごい!美容・ダイエット・健康に最適

ココナッツオイルは最近ブームですよね。

火付け役は女優のミランダ・カーさんですが
日本でもローラさんや道端ジェシカさんもテレビやブログなどで

紹介しているように色々な有名人が今ココナッツオイルに
はまっているようです。

美容・ダイエットだけではなく、健康にも効果がある
究極のアンチエイジング食品として注目されています。

今日はココナッツオイルの効果効能についてお伝えします。

関連:ココナッツオイルでうがい、オイルプリングにはアレルギー改善などに効果大!

スポンサードリンク

ココナッツオイルなら何でも良いの?

ココナッツオイルが美容・健康に良いと言って
どんな種類でも同じような効果があるわけではありません。

おすすめなのはヴァージンココナッツオイルです。
最近ではオーガニックのヴァージンココナッツオイルも

販売していますので、より効果を得たいと考えている方は
是非ヴァージンココナッツオイルを利用してください。



※以降ココナッツオイルはヴァージンココナッツオイルを指します。

スポンサードリンク

ココナッツオイルのダイエット便秘解消効果

ココナッツオイルには飽和脂肪酸の一種の
中鎖脂肪酸が自然界の中で一番含まれています。

飽和脂肪酸はコレステロール値を上げたり、動脈硬化を
招く可能性があるので健康に悪いというイメージがありますが、

それは飽和脂肪酸の一つである

長鎖脂肪酸のことで脂肪組織、筋肉、肝臓に運ばれ
体内で脂肪として蓄積されてます。

一方ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は肝臓へ通じる門脈から
直接肝臓に運ばれ効率良く分解されてエネルギーに変換されます。

つまり体に脂肪が蓄積されずに素早くエネルギーになり
しかも体に溜まっている脂肪も燃焼してくれるので

とてもダイエットに効果的なのです。

また中鎖脂肪酸はコレステロールや体脂肪に
変換されないためにコレステロールに影響ありません。

しかも善玉コレステロールを増やして
悪玉コレステロールを減らすと言われています。

さらに
ココナッツオイルは体に溜まった便を除去し
腸の働きを整えてくれるため、

便秘解消に良いと言われています。

ココナッツオイルの美肌効果とアトピー改善

ココナッツオイルは他のオイルと比較して
非常に酸化しにくく、長持ちする特徴があります。

この抗酸化作用が美肌効果やサンプロテクションの
効果が期待できます。

またビタミンEを多く含んでいるので
肌の乾燥を防ぎ、かゆみや肌荒れなどを
低減する効果が期待されています。

さらに新陳代謝に必要なマグネシウムやビタミンも
多く含まれており美肌作りに有効と言われています。

サンプロテクションの効果としては
紫外線を約20%カットします。
(日焼け止めの効果は無いようです)

そして単に美肌だけではなく、
アトピー性皮膚炎にも効果的と言われています。

特に皮膚黄色ブドウ球菌に対する抗菌作用を示し、
アトピー性皮膚炎の皮膚乾燥に効果的とされています。

オイルに含まれるラウリン酸ビタミンE

乾燥を防いでくれてバリア機能を
回復させてくれるのでかゆみが軽減されます。

オーガニックのヴァージンココナッツオイルを
使用すれば肌荒れする心配も少ないので

試してみてください。
(必ずお医者さんに相談してからにしてくださいね)

その他に期待できるのは
抗菌作用消炎効果があり
傷口に塗ると早く回復したり、ニキビ対策にもなります。

また妊婦さんの妊娠線の予防などにも
効果があると言われています。

ココナッツオイルの健康の効果

ココナッツオイルでは多くの健康効果が期待できます。

糖尿病の予防と改善

皮下脂肪・内臓脂肪などの肥満と相関している
インスリン抵抗性を改善し、過剰な内臓脂肪の

蓄積を抑える働きがあることがわかりました。

認知症・アルツハイマーの予防と改善

脳の栄養素といえば通常はブドウ糖ですが
アルツハイマー病では

栄養源のブドウ糖が吸収されにくくなった
脳細胞に、ブドウ糖に代わり中鎖脂肪酸に

含まれているケトン体で栄養を補い、
脳細胞の破壊を食い止める試みがなされています。

まだ研究中ではありますが、認知機能改善を示す
データもあり今後期待できそうです。

最近では糖尿病が原因で認知症になる方も多いと
言う結果が出ているので、

ココナッツオイルが糖尿病を改善するのであれば
認知症の予防にもなると言えます。

心臓血管疾患のリスクを減らす

心臓血管疾患は主に狭心症と心筋梗塞があります。

これらの病気は先程も紹介しました

ココナッツオイルの効果で期待される
悪玉コレステロールの低下やインスリン抵抗性の改善が

心臓血管疾患のリスクを減らすことにつながります。

免疫力を高める

ココナッツオイルに含まれるラウリン酸は免疫力を
高めると言われています。

ラウリン酸は様々な微生物に対して抗菌作用を有しており
ヘルペス、インフルエンザなどウィルスや
黄色ブドウ球菌、アクネ菌などに効果があります。

赤ちゃんに母乳を飲ませると免疫力が高くなると言われるのは
母乳にもラウリン酸は多く含まれて(7%程度)いるからです。

甲状腺機能低下の改善

甲状腺機能が低下すると様々な機能が低下します。

そして
体重増加、肌の乾燥、肌荒れ、くすみ、寒気、むくみ
疲労感、便秘、月経異常、眠気、うつ、無気力

などの体調不良になることが多いです。

しかしココナッツオイルを使用した食事を
2週間継続することで高い改善効果が見られました。

その改善率は75%と言うデータもあるようです。

ココナッツオイルの効果のまとめ

ココナッツオイルには肌に塗っても、食べても
効果がありますが

お手軽に食べるにはトーストやドレッシィングにも
コーヒー、紅茶などに入れても良いでしょう。

またお料理で使う油の代わりに使用することも
おすすめします。

今はバターも品不足なので、
是非ココナッツオイルを使用してみてください。

ただし、いくら健康に良いと言っても
食べ過ぎには注意してくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ