電子レンジで爆発する危険なものや卵などの食べ物を紹介

電子レンジは最近機能がますます充実して
とても便利ですが、

たまにうっかりして食べ物などを爆発させてしまい、
電子レンジの中が悲惨な状態になったことがありますか?

今日は電子レンジで加熱してはいけない物や
食べ物などを紹介します。

スポンサードリンク

電子レンジで爆発する卵編

電子レンジで卵を温めると爆発する危険があると
聞いたことがありますか?

特に生卵をレンジに入れる
と爆発してしまうということは

知っている方も多いと思いますが、
ゆで卵も爆発してしまいます。

特に冬にコンビニなどで買ってきた
おでんの具にゆで卵があった場合に

電子レンジで温めようとすると
ゆで卵が爆発してしまう可能性があるので

注意が必要です。

レンジでゆで卵が爆発しなかった場合でも
食べた時に爆発する可能性があります
ので

電子レンジで温めた後に
爆発しなかったと安心して食べないように
してください。

もちろん殻が付いていてもいなくても
どちらでも爆発します。

卵をどうしても温めたい人は

卵を半分に切って、爪楊枝や箸で
穴を開けてからならば爆発する可能性は

かなり低くなります。

ただしその場合でも加熱しすぎると
爆発する場合があるので注意してください。

下記の動画は電子レンジで温めた
卵の実験の様子です。

大変危険ですね。
絶対に真似をしないでください。

最近では電子レンジでゆで卵を作れる器具も
あります。

こちらをご利用ください。

ただし加熱後は少し冷ました方が良いですよ。

目玉焼きに関しても温め過ぎると
爆発する可能性があるので注意してくださいね。

電子レンジで爆発する卵以外の食品

① 殻や皮、膜に覆われている食品
皮付きソーセージ、タラコ、銀杏、栗など

どうしても電子レンジで温めたい場合は殻や皮をむいて
穴を開けたりしてから食べましょう。

豚の角煮、鳥のもも肉などの肉の塊

大きな肉の塊は、加熱ムラが生じて破裂の
恐れがあります。

これは肉が分厚いと肉の奥まで熱が浸透せず、
肉の表面だけが熱くなって硬くなり、

内部の水蒸気の逃げ場がなくなり、
肉を切ろうとした時や食べようとしたときに

爆発する恐れがあります。

加熱しすぎに注意しましょう。

③ 牛乳、コーヒー、紅茶、スープなどの飲み物

コーヒーなどの飲み物を電子レンジで加熱しすぎると
吹きこぼれることがありますが、

たとえ吹きこぼれない場合でも

レンジから容器を取り出す時や
砂糖や粉末の調味料などを入れたときに

突然沸騰する場合があります。

こちらも加熱のしすぎには十分に気をつけましょう。

また加熱後はしばらくしてから取り出すように
してください。

④ さつまいも、カボチャなどの水分が少ない食べ物

さつまいもなどのイモ類やカボチャなどの
野菜は水分が少なく、

レンジで温めると焦げる場合があります。

ただ焦げるだけならば食べなければ良いですが、
焦げの部分から発火する恐れがあるので

注意が必要です。

あんまん、肉まんなども
水分が少ないので温めすぎには

注意しましょう。

⑤食品の残りカス

電子レンジ内に食べ物のカスが残っていると
爆発しない食べ物を温めても

爆発する可能性があります。

定期的にレンジの中はキレイにするように
してください。

スポンサードリンク

電子レンジで爆発する危険な物

食べ物以外に一緒に入れる容器も
気をつけなければなりません。

① 金属

魚などにアルミホイルをしいて
電子レンジで加熱すると火花がでます。

同様に缶詰、金属の装飾がある食器も
火花のでる恐れがあります。

② 缶やペットボトルなどが締まっている場合

ホット専用のペットボトルや缶だからと言って
電子レンジで温めてはいけません。

必ず容器から電子レンジで使うことが可能な
容器にうつしてから温めましょう。

③ 紙製の容器

コンビニやスーパーで紙製に入った
食べ物を温めると紙から発火する

可能性があるのでこちらも容器から
出して温めましょう。

その他顔料を使用している絵皿や
電子レンジ用の湯たんぽも

決められている時間をオーバーして
温めると爆発する可能性があります。


電子レンジで爆発する危険な物のまとめ

いかがでしたでしょうか?

電子レンジは確かに便利なのですが、
使い方を間違えると怪我や火傷の

恐れがあるので注意してください。

また電子レンジ内に残った食べかすなども
繰り返し使用することで

炭化(焦げてしまうこと)してしまい
そこから発火する恐れがあるので

こちらも同様に注意してください。

電子レンジの中で爆発しなくても
ナイフなどで切る瞬間や食べる瞬間に

爆発する可能性があるので

加熱し過ぎと思ったら必ず少し時間を
置いてから食べるようにしてください。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ