六義園の桜ライトアップ2018!日程と見ごろ、混雑を回避する方法を紹介します

六義園 桜 2015
東京で桜のライトアップがきれいな名所と言えば六義園と言う方は多いのではないでしょうか?

六義園の桜と言えば「しだれ桜」ですが、これは人気の「ソメイヨシノ」と開花時期が少し違うので注意が必要です。

今日は2018年の六義園の桜の見頃とライトアップの日程や混雑予測などを紹介します。

スポンサードリンク

六義園桜はどんな種類が見られる?

六義園は五代将軍・徳川綱吉の側近の柳沢吉保が設計し、作り上げた日本庭園です。

明治時代に入り、三菱創設者の岩崎弥太郎の所有となった当園は昭和13年に東京市に寄付されて一般公開されることになり、昭和28年3月31日に国の特別名勝に指定されています。

六義園の桜はソメイヨシノヤマザクラもありますが、六義園のシンボルといえばしだれ桜ですね。

そのしだれ桜は高さ約15m幅約20mに及びます。

特に夜のライトアップ時に浮かび上がる姿は美しく、また幻想的で神々しく感じられます。

こちらは六義園の桜の映像です。

本当にきれいですね~。

やはり昼間の桜ももちろん良いのですがライトアップされている時間帯に行くのがおすすめです。

スポンサードリンク

六義園ライトアップ情報

六義園では春の風物詩として親しまれている

しだれ桜と大名庭園のライトアップ」は

平成30年3月21日(水・祝)~4月5日(木開催されます。

ライトアップの時間: 日没~21時(最終入園は20時30分

この時期は駒込駅から徒歩2分染井門を開門します。

また「16時30分以降は安全確保のために立ち入りを制限する区域があります。」とホームページなどにも紹介があるように

桜と紅葉のライトアップの時期の週末は大変混雑します。

特にカメラを持ってメインのしだれ桜を撮影する人が大勢いますので三脚を使用するのは禁止ですし、そもそも普通に撮影するのも結構大変です。

週末に行く方は気をつけてくださいね。



六義園のしだれ桜の見頃

東京の桜の平年の開花時期は3月26日で満開が4月3日頃と言われていますが、ただしこれはソメイヨシノの開花時期です。

もちろん六義園にもソメイヨシノはありますが、メインのしだれ桜はソメイヨシノよりも若干開花が早いです。

ライトアップの時期がソメイヨシノの平年の開花予想の時期よりも早いのはしだれ桜の開花の時期に合わせている
からです。

ソメイヨシノの開花予想が平年と同じくらいだとしだれ桜も今のところは例年と同じ頃に開花すると予想されます。

その為「しだれ桜と大名庭園のライトアップ」の開催期間である平成30年3月21日(水・祝)~4月5日(木)に合わせて行けば問題ありません。

ただこの時期はまだまだ寒いです。

特に夜はかなり冷え込みますので完全に寒さ対策をしてから出掛けてくださいね。



六義園のライトアップの混雑を避けるには?

私は以前桜のライトアップのために入場するだけで2時間近く並んだ経験があるので、混雑をできるだけ避ける方法をお伝えします。

桜のライトアップは紅葉のライトアップよりもかなり混雑します。

やはり一番混雑する時間帯は18時過ぎから19時半位です。

特に土日祝日は混雑します。

混雑を避けるためには16時前よりもなるべく早く行くか、20時過ぎに行くことができれば比較的混雑回避できますが、

そんなに早くは行けない
次の日のことを考えると遅い時間に行きたいくない
という方も多いでしょう。

そうなると混雑する時間帯で行くしかないですが

その場合はチケットを日中に買うことをおすすめします。

チケットは他で販売していないので現地で買うことになるのですが、

入場するのに何に時間がかかるのかというと実はチケット購入の時間なんです。

特に休日に行く場合は昼間にチケットを購入してその後でお昼ご飯を食べたり、暇をつぶして夕方に六義園に行くようにしましょう。

でもどうしてもチケットを前もって買えないという場合は正門で並ぶようにしてください。

最寄り駅の駒込駅から六義園に向かうと徒歩2分の染井門から入場する人がほとんどですが、そこから7,8分程歩いて正門に向かうと列は比較的空いています。

染井門に並ぶよりも正門の方がおそらく半分以下の時間でチケット購入できます。

ただ年々正門に並ぶ列も少しずつ長くなっているような気もします。

今年はいつも以上に正門の列が混んでいたらすみません。

例年通りならば半分どころか染井門で一時間並ぶような行列ができていても、正門で並べば15分くらいで済むはずです。(あくまで例年通りならですよ)

もし染井門の前を通った時にかなり行列しているようであれば正門に向かって歩くようにしましょう。

六義園の基本情報(入園料、営業時間、アクセスなど)

入園料
・一般       300円
・65歳以上    150円
(小学生以下及び都内在住・在学の中学生は無料)
※団体割引あり

開演時間
午前9時~午後5時
(入園は午後4時30分まで)
※ライトアップ期間中は21時まで

アクセス
JR山手線・東京メトロ南北線「駒込」(N14)下車 徒歩7分
都営地下鉄三田線「千石」(I14)下車 徒歩10分

六義園の桜 ライトアップ2017のまとめ

六義園で注意するポイントは

①メインはソメイヨシノではなくしだれ桜なのでライトアップの期間(3月16日~4月17日)に合わせて花見にでかける

②土日祝は混雑するのでできるだけ早く入るかチケットを先に買って近くで暇をつぶしてから入場する

③早く行くことができない人は正門から入ると比較的早く入場することができる

以上をおさえて花見に行きましょう。

私がライトアップに行った時は本当にこごえるように寒かったので、日中暖かくても必ず防寒対策をしっかりして
行くようにしてくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ