アーモンドミルクの効果と栄養 牛乳、ライスミルクとの違いは?

アーモンドがダイエットや美容・健康などに
良いということで、

最近テレビなどでもよく紹介されていますが

同じような効果があるアーモンドミルクも
欧米でもハリウッドセレブを中心に

人気があり、アメリカでもブームになりました。

日本では最近食品メーカーが
アーモンドミルクの販売を始めるなど
認知も高くなっています。

今日はアーモンドミルクの効果・栄養と
牛乳や最近注目されているライスミルクとの

違いを紹介します。

スポンサードリンク

アーモンドミルクの効果と栄養

アーモンドミルクの原料のアーモンドは

スーパーフードと言われる程
栄養があり、

体に必要な必須脂肪酸などの良質な脂質を全て
含んでいます。

それでは効果をひとつずつ見て行きましょう。

① ビタミンE
1) 抗酸化作用:老化のスピードを抑える
2) ガンや生活習慣病の予防効果
3) 肌のシミ、くすみを改善
4) 血液の流れを良くし、血行をよくする
5) 更年期障害症状の緩和、女性ホルモンの分泌を助ける

② ビタミンB2
1)美容
2)髪、爪の健康を保つ

③ 食物繊維
1)デトックス効果
2) 便秘解消
3)腸内環境を整える

④ オレイン酸
1)悪玉コレステロールを下げる
2)生活習慣病の予防
3)ダイエット効果:
糖質の脂肪への変換量を調節する働きがある

⑤ 鉄分
1)貧血予防
2)集中力の維持

⑥ カリウム
1)高血圧を防ぐ
2)むくみを解消する

⑦ マグネシウム
1)歯や骨を作る
2)抗ストレス作用
3)心筋梗塞や動脈硬化の予防
4)高血圧の予防

⑧ カルシウム
1) 歯や骨を作る
2) 精神を安定させる

これらの栄養素は
単に含まれているのではなく

豊富に含まれているというのが
アーモンドの魅力ですね。

特にビタミンEは他の食品と比べると
ダントツに多くふくまれています。

スポンサードリンク

アーモンドミルクと牛乳、ラスミルクとの比較

牛乳は栄養が高い食品で、
最近では1日1杯の牛乳を飲むと

「寿命が延びる」「認知症の予防になる」
など健康に良いという報告もあります。

ただ飽和脂肪酸が多く
中性脂肪やコレステロールを増やす原因と
言われています。
(飲みすぎなければ問題ありません)

もうひとつ乳糖不耐症の問題があります。

これは牛乳を飲むとお腹が痛くなったり
下痢をしてしまうなど

日本人の多くが悩んでいる症状です。

アーモンドミルクは牛乳アレルギーや
乳糖不耐症の人でも気軽に飲めます。

また最近注目されている
ライスミルクと比べると

アーモンドミルクはカロリーが
とても低いです。

200mlのカロリー

アーモンドミルク:49kcal
ライスミルク :120kcal
牛乳 :134kcal
豆乳  :88kcal
ココナッツミルク :300kcal

ライスミルクや牛乳はもちろん
豆乳よりもカロリーが低いということを

知った時はアーモンドがカロリー高い
食品と思っていたので驚きました。

栄養が高くてカロリーが低い
本当に万能な食品です。

アーモンドミルクはどこで買えるの?

注目されているアーモンドミルクですが
スーパーなどではまだまだ取り扱いは

少ないようです。

ただグリコで2014年に「アーモンド効果」
発売しているので少しずつ売り場でも見かけますね。

アーモンドミルク効果

アーモンドミルクの製品はマルサンアイが
2013年秋から代替乳飲料として

「アーモンドブリーズ」を日本で販売しています。

ただ色々飲んでみたりしたのですが
一番のおすすめは「筑波乳業のアーモンドミルク」です。

海外産はアーモンドの含有量が少なめのものが
多いですし

「森永アーモンド効果」の原材料を見ると
アーモンドではなくアーモンドペーストで、
香料、砂糖、乳化剤なども入っています。

筑波乳業のアーモンドミルク」はアーモンドの
含有量が多いのはもちろん

砂糖、香料、着色料が不使用で
とても飲みやすくしかも濃厚な味です。

安心・安全でしかも美味しいと
三拍子そろっています。

多少金額が高いですが
本物のアーモンドミルクを飲みたい方に

「筑波乳業のアーモンドミルク」はおすすめです。

私は実際に飲んでそのままでも美味しいと
思いましたが

コーヒーに入れたり特にフレンチトーストを
作る時に牛乳の代わりに使用したら絶品でした。

ぜひ試してみてくださいね。

筑波乳業 アーモンドミルク(砂糖不使用)1000ml

アーモンドミルクの効果と栄養のまとめ

栄養が豊富で美容・健康に効果がありカロリーも低くて
ダイエット効果もあるパーフェクトな食品は

今まで聞いたことがなかったのですが、
アーモンドミルクはそれを全て備えている

究極なアンチエイジングと言って良いでしょう。

アーモンドだといくつも食べるのは
難しいですが、アーモンドミルクは飲みやすいので

毎日飲み続けることも可能ですし
牛乳の代わりに料理に使用する方も

多いようです。

ただ飲みやすく、カロリーが低いからと言って
やはり飲み過ぎは身体に良くないので

気をつけましょうね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ