食べてはいけない添加物 コンビニおにぎり・弁当・駅弁は危険?発がん性は?

食品添加物に関してはここ数年来色々騒がれていますが、各メーカー、小売業も
以前と比べるとかなり健康を意識しているように思います。

では実際はどうなのかを検証していきましょう。

スポンサードリンク

コンビ二のおにぎり、弁当の添加物は大丈夫?

最近のコンビニのおにぎり、弁当は以前と比べるととても美味しくなっているとは
思いますが、おすすめできない物があります。

特に明太子やたらこが入っているおにぎりや弁当は発色剤の亜硝酸Na(ナトリウム)
が使われているのはおすすめできません。

亜硝酸Naは毒性が強く、また魚卵に含まれているアミンという物質と結びつくと
ニトロソアミン類という強い発がん性物質に変わります。

おにぎりならば鮭や昆布などの比較的添加物が少ないものを食べましょう。

「保存料・合成着色料不使用」のコンビニ弁当は安全?

この表示を見ると、なんだか安心と思う人もいますが、その代わりに危険な添加物が
たくさん使われていることが多いです。

先程出てきた亜硝酸Na、や硫酸塩(漂白剤)は特に危険で、その他も危険とまでは
言えないものの、たくさんの添加物が使用されています。

ただコンビニの弁当は危険で駅弁は安全かというとそうではありません。
常温保存が多い駅弁はコンビニと同じかそれ以上危険です。

スポンサードリンク

常温保存の弁当の場合は保存料のソルビン酸K(カリウム)が含まれている場合が多い
のですが、この添加物は細胞をガン化させる可能性があります。

コンビニだけがダメという訳ではないのです。

ここまでダメだと言うと食べてはいけないと思ってしまいますが、
とは言っても色々な事情で今日はコンビニで済まそうという人もいるはずです。

できれば毎日コンビニのおにぎりやお弁当を食べるのは避けてください。

関連記事

マーガリン・ファーストフード食品に含まれるトランス脂肪酸の危険性

食べてはいけない添加物 酒のつまみのサラミ・ジャーキーは危険

飲んではいけない添加物 微糖・ゼロ 缶コーヒーは危険がいっぱい?

食べてはいけない添加物 味の素などの化学調味料は身体に良い?悪い?

食べていけない添加物 ハム・ウィンナー・ベーコンは危険?発がん性は?食べてはいけない添加物、カップ麺、インスタントラーメンは危険?

食べては危険な添加物 菓子パン、サンドイッチ は大丈夫?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ