食べてはいけない添加物 コンビニおにぎり・弁当・駅弁は危険?発がん性は?

食品添加物に関してはここ数年来色々騒がれていますが、各メーカー、小売業も
以前と比べるとかなり健康を意識しているように思います。

では実際はどうなのかを検証していきましょう。

スポンサードリンク

コンビ二のおにぎり、弁当の添加物は大丈夫?

最近のコンビニのおにぎり、弁当は以前と比べるととても美味しくなっているとは思いますが、おすすめできない物があります。

特に明太子やたらこが入っているおにぎりや弁当は発色剤の亜硝酸Na(ナトリウム)が使われているのはおすすめできません。

亜硝酸Naは毒性が強く、また魚卵に含まれているアミンという物質と結びつくとニトロソアミン類という強い発がん性物質に変わります。

もちろんメーカーは国が許可しているから使用していますし、使用量を守っているので安全だと主張するでしょう。

また亜硝酸Naを使用する2つの理由があります。

①変色しないようにするため

ハムやソーセージなどの加工肉はしばらくすると変色して見た目が悪くなります。

そうなるとおいしくなさそうに見えるため売れ残る可能性が高くなります。

亜硝酸Naはその変色を防ぐ働きがあります。

②ボツリヌス菌の発生を防ぐ

たった1gで一都市分の人が死に至るぐらいの猛毒な菌です。

ハムやソーセージなど加工品を製造する際に外気などからボツリヌス菌が入り込む可能性があります。

そのボツリヌス菌による中毒を可能な限りゼロにするのが亜硝酸Naです。

ボツリヌス中毒が起こる確率は何万分の一と言われていますが、1日何十、何百万個と出荷するメーカー側は何万分の一の可能性も避けなくてはいけません。

ボツリヌス中毒の危険性と亜硝酸Naの危険性を比べてボツリヌス菌の方が危険だと判断し亜硝酸Naを使用しているわけです。

このように添加物は危険を回避するためや長期保存ができるなど、きちんと目的があって使用されています。

ただやはり毒性が強い成分なので、あまり積極的に摂ってほしくない添加物です。

おにぎりならば鮭や昆布などの比較的添加物が少ないものを食べましょう。

スポンサードリンク

「保存料・合成着色料不使用」のコンビニ弁当は安全?

この表示を見ると、なんだか安心と思う人もいますが、その代わりに危険な添加物がたくさん使われていることが多いです。

先程出てきた亜硝酸Na、や硫酸塩(漂白剤)は特に危険で、その他も危険とまでは言えないものの、たくさんの添加物が使用されています。

ただコンビニの弁当は危険で駅弁は安全かというとそうではありません。

常温保存が多い駅弁はコンビニと同じかそれ以上危険です。

常温保存の弁当の場合は保存料のソルビン酸K(カリウム)が含まれている場合が多いのですが、この添加物は細胞をガン化させる可能性があります。

コンビニだけがダメという訳ではないのです。

ここまでダメだと言うと食べてはいけないと思ってしまいますが、とは言っても色々な事情で今日はコンビニで済まそうという人もいるはずです。

できれば毎日コンビニのおにぎりやお弁当を食べるのは避けてください。

まとめ

コンビニのおにぎりやお弁当は以前と比べると質が良くなってきています。

ですがやはり商品のパッケージを見ると多くの食品添加物が使われています。

たまにであれば仕方がありませんが、毎日となるとあまりおすすめできません。

できれば家で作ってきたものを時々食べてください。

スポンサードリンク



関連記事

マーガリン・ファーストフード食品に含まれるトランス脂肪酸の危険性

食べてはいけない添加物 酒のつまみのサラミ・ジャーキーは危険

飲んではいけない添加物 微糖・ゼロ 缶コーヒーは危険がいっぱい?

食べてはいけない添加物 味の素などの化学調味料は身体に良い?悪い?

食べていけない添加物 ハム・ウィンナー・ベーコンは危険?発がん性は?</strong

食べてはいけない添加物、カップ麺、インスタントラーメンは危険?

食べては危険な添加物 菓子パン、サンドイッチ は大丈夫?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ