潮干狩りの服装と持ち物は?子供と一緒の場合の注意点を紹介します。

まもなく潮干狩りのシーズンですが、
潮干狩りで必要な持ち物や服装は知っていますか?

また潮干狩りが初めてで、特にお子さんと一緒の場合は
色々と注意しなくてはならないことがあります。

今日は潮干狩りの時のおすすめの服装と必需品
そして注意をしてほしい事などを紹介しますので

ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

潮干狩りの服装

帽子

海は日差しが強いので日焼け、熱中症対策で
必要です。

比較的風が強い場合が多く、
帽子が飛ばされることが多いので
ひも付きの麦わら帽子がおすすめです。

長袖シャツ

こちらも日焼け対策や風邪が強い日は
結構寒い場合が多いので必須です。

ズボン

裾が濡れないように半ズボンでも良いですが

おすすめはジャージや柔らかい素材で
裾をまくるタイプです。

日焼け防止にもなりますし、

半ズボンは座って貝を掘っていると
意外と裾が濡れる場合が多いです。

どちらにしても濡れてしまうので
着替えは必ず持っていきましょう。

これは一番悩みます。
サンダルですと、歩きづらかったり
脱げてしまうことが多いです。

長靴は水が入らなくて良いのですが
かがみづらいので結構疲れます。

それでは裸足でやれば良いのではと
思うかもしれませんが

貝や石でケガをする恐れがあります。

そこでおすすめなのは
靴下です。

ケガの防止になりますし、
歩きやすいです。

新品ではなく、もうすぐ
捨てようと思っていたもので
構いません。

理想は地下足袋です。

靴下よりさらにケガの心配がなく
砂に足がめり込んだ時も

他の物を履いている時よりも
引っこ抜きやすいです。

毎年潮干狩りをする方は
検討してみてください。

子供の服装は基本水着にして
その上にTシャツやジャージを
履かせるようにしてください。
(途中で脱ぐと思いますが)

手袋

特に子供は貝殻の破片でケガをしないように
軍手やゴム手袋を用意しましょう。

大人は慣れている人は素手で掘っている人が
多いですが、

爪割れや日焼けが気になる人は
手袋を用意しましょう。
(白い軍手は日焼けしやすいので注意)

その他ではレインコートがあると
雨が降った時はもちろん、寒さ防止や

洋服が濡れるのを防いでくれるので
結構便利ですよ。

潮干狩りの持ち物

熊手

必須のアイテムです。潮干狩り場で販売していたり
レンタルできる場合もありますが、

百円ショップや釣具屋で安く販売しているので
購入しても良いでしょう。

網やザル

網も現地で販売・レンタルしていることが多いですが、

結構口の部分が小さいのと、貝を入れると
途中で引っかかったりして結構面倒です。

その代わりとしてスーパーのポリ袋が便利です。

ポリ袋の下の方に穴あけパンチで沢山穴を開けます。
一番下に砂抜き用の穴を開けてくださいね。

ポリ袋ですと貝が途中で引っかかることがなく
海水を入れて持ち上げたりすると

砂がキレイに落ちます。

ザルは貝を洗う用ですが、大きさ的には食器用の
水切りが良いです。

スポンサードリンク

バケツ・クーラーボックス

海水を入れて持ち帰えらないと貝が死んでしまうので
持ち帰る量にもよりますが、たくさん持ち帰る方は

一つのバケツに貝と海水をいっぱい入れるとかなり
重くなるので、いくつか持って来た方が良いかも
しれません。

暑い時期は貝が傷みやすいので
クーラーボックスがおすすめです。

その中に保冷剤を一緒に入れておきましょう。

その他にはタオル、ゴミ袋、
着替え(下着も)もあると便利です。

また手が荒れることが多いので
ハンドクリーム、消毒液、バンソウコウや

日差しも強いので日焼け止めも持っていきましょう。

またのどが渇いたりお腹がすくこともあるので
ペットボトルや手軽に食べられるポケット用の
お菓子を用意してください。

一部では取った重さで料金を払うところが
あるので、秤(はかり)を持っていくと便利です。

潮干狩りの注意事項と子供と一緒の時の注意点

潮見表

潮干狩りができる期間内でも
潮が満潮の時は潮干狩りができないのと

始まりの時間も毎日違いますので
行く所のスケジュールを確認してから
行くようにしましょう。

駐車場

ゴールデンウィークや土日祝はかなり混雑するので
人気の潮干狩り場はスタート時間の2時間前には
着くようにしましょう。

重さで料金が変わる場合

こちらはいくつか注意が必要です。

まず終了時間になるとアサリの計量をする
長蛇の列ができます。

なのでギリギリの時間まで貝を採るのではなく
残りの1時間位までに終了して並ぶとスムーズです。

また重さを測る時にアサリだけ料金がかかる
所が多く、そうなるとアサリ以外の

料金がかからない種類の貝や死んでいる貝が
混ざっていると、

元気なアサリだけの量を測ることが
できないため、

まとめて支払うことになるので
損をしてしまいます。

特にお子さんは何もわからず
どんどん入れてしまうことが多いので

アサリが区別できるようになるまでは
親子一緒に貝を採るようにしましょう。

アサリだけは見分けるようになって
くださいね。

潮干狩り 服装 持ち物

そしてお子さんがまだ小さい場合は
飽きてしまうことも多いので

砂遊びの道具なども持っていくことを
おすすめします。

潮干狩りのまとめ

初めて潮干狩りをする方や
子供が生まれてから初めて行く場合は

潮干狩りで必需品を忘れてしまうことが
多いです。

きちんと全て確認と準備をして
楽しいイベントにしてくださいね。

関東で潮干狩り場のおすすめは

千葉県の木更津と都心から近くて
便利なのは船橋です。

こちらにいくつか紹介していますので
是非参考にしてください。

木更津 中の島公園、金田海岸、金田見立海岸はこちら
船橋 ふなばし三番瀬海浜公園

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ