いちご狩り神奈川の横須賀、厚木、海老名、横浜のイチゴ農園を紹介

いちご狩りの時期は1月にスタートして
5月~6月まで楽しめるいちご農園があります。

今日は神奈川の横須賀、厚木、海老名、横浜の
でいちご狩りができる人気農園をご紹介します。

平塚、伊勢原、秦野の人気イチゴ農園の情報はこちら

いちごの栄養成分には多くの健康・美容に効果あり!ダイエットにも良い理由は?

スポンサードリンク

横須賀市のいちご狩りができる農園

いちごはうす嘉山農園

いちごはうす嘉山農園

ここは三浦半島にある神奈川県内はもちろん関東でも
1、2位を争う人気のいちご農園です。

その人気の理由は嘉山農園さんのいちごは
有名洋菓子店のパティシエが指名買いする程の
絶品イチゴ
だからでしょう。

ものすごく甘いとう訳ではなく、
甘味と酸味のバランスが良くて

コクがある絶妙な味なので
いくつでも食べることができるイチゴです。

また一緒に販売しているいちご大福
絶品です。

今まで食べたいちご大福のイチゴとは
全く違い、イチゴがみずみずしく、

そして中の白あんとのバランスが
本当に良くて何個でも食べたくなる
大福です。

予約は必須ですので、事前に連絡してから
お出掛けください。

嘉山農園のイチゴ狩り情報

期間
2016年1月上旬~2016年6月下旬

休み 不定休

営業時間
10:00~16:00

料金(3歳以上)
30分食べ放題(練乳付き)
1月上旬~3月31日:1,500円
4月1日~5月6日:1,200円
5月7日~5月31日:1,000円
6月1日(月)~最終日:800円

品種
紅ほっぺ、とちおとめ

問い合わせ
090-3237-1583

住所
横須賀市長井1-12-28

駐車場30台無料

アクセス
電車とバスを利用

京浜急行三崎口駅から東急バス

横須賀駅行き
市民病院行き
長井行き
荒崎行き

いずれかに乗り約10分
小根岸下車徒歩3分

車の場合
横浜横須賀道路衣笠ICから
三浦縦貫道路林ICへ
国道134号を三崎方面へ約2分

いちごはうす西脇

いちごはうす西脇

こちらも横須賀で人気のあるイチゴ農園です。

当日のイチゴの状況により、
紅ほっぺ、さちのか、とちおとめの3種類の
どれかを食べることができます。

特徴は減農薬のイチゴや腰を下ろす必要の無い
高設栽培も行っており
どれもみずみずしく美味しいイチゴです。

イチゴの食べ放題はミルクもお代わりができるので
予想以上に食べてしまうかも。

直売所では採れたての新鮮野菜の販売や
イチゴのジャムなども購入できますよ。

多くのイチゴ農園は駅から遠い所が多いですが

いちごはうす西脇は京急久里浜線京急長沢駅から
徒歩10分程度と歩いて行けるのでとても便利です。

また車椅子も利用できます。

期間は6月上旬までやっています。

2017年から予約優先となっています。

予約無しでも可能ですがいちごの状況により
到着したけどいちご狩りができない場合もあるので

できるだけ予約してから行くようにしましょう!

いちごはうす西脇ホームページはこちら

スポンサードリンク

海老名市・厚木市のいちご狩りができる農園

ストロベリーハウス

ストロベリーハウス

元々海老名は戦前からのイチゴの産地で
全国の中でも比較的初期の頃から

イチゴ栽培をしていた地域です。

海老名市ととなりの厚木市にいちご狩りが
できる農園は10個程ありますが

その中でも一番人気なのが
ストロベリーハウスです。

イチゴの種類は
大粒の実・フレッシュな香り、
ほんのりと甘酸っぱい「あきひめ」
コクのある味わいの「紅ほっぺ」

さらに「やよいひめ」
「おいCベリー」などがあり、

高設栽培なので立ったままイチゴ狩りが楽しめます。

園内の通路がとても広々としているため
ベビーカーや車椅子でも入園可能です。

イチゴ農園の中にはトイレが汚いところもありますが、
ここは男女別の洋式水洗トイレも完備しています。

ストロベリーハウスは6月中旬頃までの
営業の予定で

営業日は日祝日のみです。

開園時間は10時からなのですが、

個人では予約ができなく
8時半より先着順にて受付するので

できれば8時前には到着したほうが
確実です。

私が昨年2月下旬に行った時は
8時過ぎに到着したのですが

100人以上並んでいましたし
8時45分には満員御礼になりました。

受付した後は10時まで待たなくては
ならないので

私たち家族は車で待っていましたが。

他の方々は駐車場から離れて
近くのファミレスなどで
待っていた方が多かったようです。

住所 海老名市中河内1120
問い合わせ 046-238-2750

入園料やアクセスは
ストロベリーハウスホームページ

わだいちご園

わだいちご園

厚木市でおすすめなのはわだいちご園です。

神奈川地区で最初にイチゴ狩りを始めた農園の一つで、
農薬を使わない栽培は神奈川県知事から

「エコファーム認定」を受けています。

富士山を望む最高のロケーションでイチゴ狩りを満喫できます。

靴が汚れないようにという配慮からビニールシートで
覆われていたり、

ハウス内にゴザ敷の休憩所で無料のお茶のサービスもあるので
イチゴ狩りの後ものんびりできますね。

品種はトヨヒメ、おいCベリー、紅ほっぺ、などが
ありますが、

主に育てているのはトヨヒメです。
トヨヒメは大きい粒が特徴でつみやすく

とても甘くて美味しいです。
関東ではほとんど栽培していない品種なので

是非一度食べてもらいたいイチゴです。

期間は5月5日までです。
こちらは平日もやっていてしかも予約可能です。

土日祝日は予約不可で先着順になります。
受付は10:00からなので

もしストロベリーハウスに行って、
入場ができない場合には

そこから車で比較的近い
わだいちご園に来てみてはいかがでしょうか?
(私には甲乙つけがたいのでどちらもおすすめです)

〒254-0012
神奈川県平塚市大神216-1番地

※場所は以前と変わりませんが
住所が厚木市から平塚市に変更になりました。

問い合わせ046-229-3415

ホームページはこちら

横浜市のイチゴ狩りができる農園

横浜にイチゴ狩りができるところがあるの?と
思われるかもしれませんが

いくつかありますので紹介します。


徳江いちご農園

徳江いちご農園

青葉区にあるいちご農園で
東名高速道路青葉ICから1.5km

車で行くのにとても便利な場所にあります。

ここの特徴は
高設栽培なので腰に負担がかからず
立ったままイチゴ狩りが楽しめます。

また減農薬で育てているので子供にも
安心して食べることができます。

種類は紅ほっぺ、さちのか、あきひめ
あすかルビーと豊富に取り揃えており

時期によっては手作りイチゴジャム
(300g400円)も購入できます。

期間は5月下旬を予定しています。
営業日は日・祝日

営業時間は10時~15時(無くなり次第終了)
(受付は9:45~)

予約が可能なので是非電話やブログで確認してから
お出掛けしてくださいね。

住所:青葉区下谷本町15-8
お問い合わせ 080-6789-7356

ホームページ(ブログ)はこちら

ひでくんちのいちご畑

ひでくんちのいちご畑

こちらは都筑区にあるイチゴ農園です。

品種はあきひめで酸味が少なく
柔らかくて甘いイチゴです。

期間は6月上旬までで
営業日は日祝日になりますが

既に2月は予約でいっぱいになるほど
人気があります。

3月4日~4月5日の予約受付
3月2日(月)午前9時から
電話予約を受け付けます。

お問い合わせ 080-6705-1515

ホームページはこちら

ゆめが丘農園

ゆめが丘農園

こちらは泉区にあるイチゴ農園ですが

相鉄いずみの線ゆめが丘駅より徒歩7分
地下鉄下飯田駅より徒歩9分

駅から歩いて行ける距離にあるので
とても便利です。

品種は紅ほっぺ、あきひめ、さちのか
おいCベリーで

いちご狩りはそのうち2種になります。
(選択不可)

期間は5月中旬頃まで
土日祝日のみの営業(2月11日は休園)で
営業時間は10時~15時

予約は可能なので
こちらも予約してから出掛けましょう。

お問い合わせ090-2239-5433

ホームページ

スポンサードリンク

神奈川でイチゴ狩りができる農園のまとめ

イチゴ狩りのおすすめの時期は1月~3月まです。
4月以降になると大きいイチゴが少なくなっていることが
多いのと、

温かくなってくるとイチゴの美味しさが半減してしまいます。

そしてイチゴ狩りに行く際は
服装に注意してください。

イチゴを育てているビニールハウスの中は
とても暑いです。コートやジャンバーの下は

すぐに脱ぐことができる服を着ていくことを
おすすめします。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ