ショウガ湯はダイエットの他に動脈硬化、アレルギー、認知症の予防に効果あり

ショウガは健康に良いということで、色々なテレビや本などで
取り上げられていますが、

健康やダイエットに一番良い方法は
ショウガを加熱することで、それにより

温熱効果ダイエット効果動脈硬化の予防
花粉症などのアレルギー予防、認知症予防など

様々な効果があります。

今日はなぜショウガを温めた方が良いのか
そして80℃生姜湯の作り方を紹介します。

スポンサードリンク

ショウガはなぜ温めると良いのか?

ショウガの効能は主に
ジンゲロールショウガオールという
二大成分によってもたらされます。

のショウガではジンゲロールがほとんど
殺菌、解熱、健胃作用、脂肪や糖質の

吸収抑制、咳止めなどの働きがあります。

ショウガオール加熱すると増える特徴があり
最大の効果は体を芯から温めることです。

またショウガオールには体脂肪を分解して
筋肉で消費されやすい、遊離脂肪酸に変える

働きがあります。

加熱したショウガを取った後にウォーキングなどを
すると体脂肪を効率的に燃焼させることができ
ダイエットにとても効果があります。

またショウガオールには代謝を上げる
血液をサラサラにする血糖値の上昇を抑える

認知機能の低下を防ぐなどさまざまな作用があります。

スポンサードリンク

このようにショウガを熱すると生のままより
ショウガオールの効能をより効率的に得ることができます。

ショウガは何℃に温めるのが良い

温めるとショウガオールが増えてくる
ことがわかりましたが、

何℃でも良いわけではなく、100℃以上だと
ショウガオールが分解されてしまったり

30℃前後の加熱だとショウガオールが増えません。

その結果一番効果があるのは80℃
ジンゲロールとショウガオールの割合が
1対1になります。

80℃ショウガ湯の作り方

用意するものは
 保温水筒
 スライスしたショウガ
(熱湯200mlに対し、ショウガ10g程度)
 熱湯

作り方
保温水筒にショウガのスライスと熱湯を入れ
フタをする。
そのまま3時間置いたら出来上がりです。
そのまま飲む以外は紅茶や野菜を入れて
スープにしても良いです。

またジンゲロールがショウガオールに変わると
苦味が強くなります。

苦味が苦手な方はハチミツや黒砂糖などを加えて飲んでも
良いです。

80℃ショウガ湯は冷めると
ショウガオールがジンゲロールに戻るので
なるべく熱々の状態で飲んでください。

ショウガ湯のまとめ

寒い朝にショウガ湯飲むと体が芯から
ポカポカ温まります。

また消化を助けたり、脂肪や糖質の
吸収を抑える働きがあるので、

食事の前や食事中に飲むと
ダイエットや病気の予防に効果的です。

ショウガは色々効果が期待できる食べ物ですが

今の時期は花粉症にとても効果があります。

もし花粉症に悩んでいるならば
是非こちらをご覧ください。

花粉症対策 最強の飲み物は ショウガユズ緑茶!

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ