紫外線のダメージが大きい赤ちゃんや子供への日焼け止めは必要か?

赤ちゃんや子供は太陽の光をいっぱい浴びて
こんがり焼けるくらいが元気な証拠だと

思っている方はいるでしょうか?

最近は紫外線の怖さを伝えるテレビや雑誌などで
特集されているので、日焼けは健康に良くないと

思っている方も多いでしょう。

そして紫外線の対策は赤ちゃんの頃から
必要です。

今日は赤ちゃん、子供の日焼け止め、紫外線対策に
ついてお伝えします。

小さい頃からなぜ紫外線対策が必要なのか?

大人はシミやしわの予防で日焼け止めをしていますが

実は一番紫外線の対策が必要なのは赤ちゃん子供です。

子供は室外で過ごすことが多く
太陽を浴びる機会が多い為

一生に浴びる紫外線量の大半は18歳までに
浴びるとWHO(世界保健機構)も発表しています。

肌の弱い赤ちゃんにとって日焼けはヤケドに
近い状態ですし

子供時代(18歳未満)の日焼けは
のちに皮膚がんや目のダメージ(特に白内障
発症のリスク)を高める
と言われており

また長年の紫外線の影響によりシミしわ
老化が早まる
など

大人以上に赤ちゃんや子供は紫外線対策が
必要です。

赤ちゃんや子供の紫外線対策

紫外線対策は夏だけではなく、
冬も紫外線は降り注いでいるので
年中対策が必要です。

そしてWHOでは
「朝10時から午後4時までは
なるべく日光を浴びない」
勧めています。

普通に生活している上では
なかなか難しい条件ですが

赤ちゃんの頃は上記の時間帯の
外出は控えるようにして

どうしても出掛ける用事がある場合は
日傘、UVカット用のベビー服、帽子も

販売していますので、
検討されてはいかがでしょうか。

子供の場合も同様にUVカットをする
帽子・洋服は売られていますが、

問題は夏の暑い日に紫外線対策
だからと言って

長袖を着せるのは少し抵抗があると思います。

帽子は暑くてもかぶることができるので
問題ありませんが、

そうなるとやはり日焼け止めに頼るしか
ありません。

スポンサードリンク

赤ちゃん・子供のおすすめ日焼け止め

日焼け止めは大人が使用している物と同じだと
刺激が強すぎて赤ちゃんや子供に向かないので

必ず子供用の日焼け止めを使用するように
しましょう。

ただ子供向けの日焼け止めなら何でも良いかと
言うと商品によりけりです。

できるだけ「低刺激」のものを選んで
子供が嫌うベタつきが少ない物に
しましょう。

こちらは水ベースでベタつかす
無添加で赤ちゃんや敏感肌の方にも

おすすめです。

赤ちゃん・子供の日焼け止めまとめ

今は母子手帳から「日光浴」と言う言葉が消え
「外気浴」となり、

環境省も2002年6月
「紫外線保健指導マニュアル」が発行されて
国による対策が始まりました。
昔と違い今では「日焼け」は健康的な
イメージとは異なり

肌に悪影響を及ぼすと認知されています。

本日紹介したように衣類や日焼け止めで
外から紫外線を守るのはもちろん

紫外線を予防する、日焼け止めの
効果など肌を守ってくれる

食べ物がありますので
(詳しくは紫外線を予防する食品を参照)

体の外と中から紫外線の対策を
しっかりしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ