仙台育英 選抜高校野球の優勝候補 佐藤世那投手と平沢大河選手に注目!

第87回選抜高校野球大会が3月21日から始まります。

今大会の優勝候補のチームはいくつかありますが

どれか一校を選ぶとすれば明治神宮大会で優勝した
仙台育英ではないでしょうか。

今日は投打にバランスのとれた仙台育英の戦力を紹介します。

スポンサードリンク

大会注目のエース佐藤世那

仙台育英の佐藤世那投手は今大会注目の投手です。

私の中では今大会No1投手は
県立岐阜商の高橋純平投手だと思っていますが

佐藤世那投手も高橋投手に引けを取らない位の
素晴らしくプロが注目する逸材です。

昨年の秋季大会の全16試合中13試合で完投し
そのうち7完封しています。

その後の明治神宮大会でも

関西王者天理
九州王者九州学院
関東王者浦和学院を相手に

25回でわずか2失点に抑え優勝投手になった
プロも注目する投手です。

まずはこちらの動画をご覧ください。

180センチの長身から
テイクバックが大きく右腕が外に張り出した
独特のフォームで投げるMAX144キロの直球は

打者の手元で伸びてとても打ちにくい
印象です。

そして佐藤投手の武器は

見せ球と決め球の2種類フォークです。

高校生でフォークを自在に操れる投手は
ほとんどいないので、

直球も変化球も打ちにくいとなると
打者にとっては本当にやっかいな投手です。

冬場は体力作りをテーマにして
体重が7,8キロ増えて現在82,3キロと
パワーアップしたようです。

直球がスピードアップすると
さらに成長したピッチングが甲子園で

見ることができるかもしれません。

大会注目の打者平沢大河選手

打者ではプロも注目している平沢大河選手

スポンサードリンク

(ちなみに私の今大会一押しの打者は松下且興選手です)
秋の神宮大会では3番打者として

レベルの高いチームの投手相手に
10打数5安打1ホームランと大活躍しました。

スイングが鋭く広角にも打ち分けられる
打撃が魅了ですが、ショートの守備範囲も広くて
足も速く攻走守三拍子そろった好選手です。

また3月9日に行われた練習試合の美里工戦では
1試合2本のホームランを打つなど

調子も良さそうで甲子園でのさらなる活躍が
期待されます。

こちらは1年前の動画ですがホームランのシーンです。

仙台育英のその他の注目選手

仙台育英はチーム打率.344

4番を任されている郡司選手が.475
左バッターの紀伊選手が.417

4割を超える活躍を見せましたが、他にも
3割後半の成績を残している選手が多く

どこからでも点が取れる打線が特徴です。

この中でも特に注目して欲しいのが
佐藤将太選手です。

秋の公式戦では4割を超える活躍を見せましたが
特に東北大会の決勝、大曲興業(秋田)戦では
3安打3打点と大活躍。

先頭打者として出塁がたくさんできれば
チームに勢いがつくことは間違いなしです。

打撃は水物とよく言われますが

やはり明治神宮大会で各地区の優勝した
投手に打ち勝ったというのが

チームの自信につながっているはずです。

仙台育英まとめ

仙台育英初戦3日目の第3試合
神村学園(鹿児島)と対戦しましたが
結果は12対0で仙台育英の圧勝でした。

佐藤世那投手は最後まで投げて完封しましたが
投球数は151球とコントロールに苦労していました。

次の試合では修正して欲しいですね。

平沢大河選手は1安打、
佐藤将太選手は2安打ととりあげす

ヒットが出たので次の試合の活躍を期待しましょう。

次は初戦で1安打10奪三振で完封した平沼投手が
率いる敦賀気比高校です。

かなり強敵で接戦が期待されます。

東北に初めての優勝旗をもたらすのは
仙台育英なのか注目です

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ