賞味期限切れ食品の販売は違法?賞味期限間近の食品を特価で購入できるサイトを紹介

KURADASHI.jpというサイトをご存知ですか?

販売終了商品や季節商品、賞味期限が間近の商品などを
特価で買うことができるショッピングサイト
で、

メーカー希望小売価格の最大90%の割引金額で
購入できます。

今日はそのサイトの紹介と
賞味期限切れの商品はいつまで食べることができるのか

また賞味期限切れの商品を販売することは違法なのかに
ついてもお伝えします。

スポンサードリンク

KURADASHI.jpはどんなショッピングサイト?

KURADASHI.jp(蔵出し.jp)は2月末にオープンした
ショッピングサイトですが、

賞味期限間近などの理由で廃棄をせざるを得ない商品を
定価を大幅に下回る協賛価格で販売して

その売上金の一部が社会活動9団体に寄付される仕組み
です。

商品アイテムは飲料、レトルト食品、お菓子、などを中心に
現在は20商品程を出品しており
順次更新されます。

サイトではこのように掲載されています。
kuradashi2

どんな商品が販売されているのか
こちらのサイトをご確認ください。

会員は無料で登録できる一般会員

月額324円で何回購入しても送料が無料になる
プレミアム会員があります。

サイトを見て何回も利用しそうと思ったならば
プレミアム会員になった方がお得ですよ。

日本では本来食べることができるのに
賞味期限間近という理由などで

廃棄されてしまう食品の量は
年間約500万~800万トンで

これは日本のコメの年間の生産量に
匹敵します。

実際に賞味期限の1/3を過ぎると
スーパー、コンビニなどでは扱ってくれない所が多く

メーカーは廃棄するしか方法がないのですが

賞味期限切れるまで保管しても
保管費用がかかりますし、

廃棄するにしても廃棄費用がかかります。

ただこれを捨てるのではなく
安く卸すことができる所があれば

メーカー側も助かりますし、

購入する側も通常より格安で購入できると
家計も助かりますよね。

スポンサードリンク

賞味期限間近の商品が期限切れても大丈夫?

では実際にKURADASHI.jp(蔵出し.jp)で
購入する際に気になるのは

賞味期限間近の商品を購入して
全部食べ切らないうちに

賞味期限が切れてしまったら
食べられないの?

と言うことではないでしょうか、

でもご安心ください。

賞味期限とは
簡単にいうと加工食品で期限内であれば、
「おいしく食べられることを保証する期限」のことです。

つまり賞味期限が過ぎても食べることは可能です。

そして多くの食品メーカーでは
賞味期限を設定する際に

保存の試験をしてから決めますが
その際に実際に食べられる期限の

7割位で賞味期限を設定しています。

例えば100日間経っても食べられる食品は
賞味期限を70日に設定するので

賞味期限の表示から30日位過ぎても
きちんと保管していれば

食べることは可能なのです。

そしてKURADASHI.jp(蔵出し.jp)で
販売されている食べ物は

賞味期限が短ければ販売できる期間が減って
しまうので、

賞味期限が長いものばかりです。

賞味期限が1年であれば実際は
1、 2ヶ月過ぎても問題ありません。

商品には製造年月日などは表示されず
賞味期限日だけのものがほとんどなので、

賞味期限が過ぎても何日間安全なのか
わからない場合が多いですが

メーカーに問い合わせすると、

製造から何日間で賞味期限を設定していると
教えてもらうことができるので

どうしても心配な場合は聞いてみては
いかがでしょうか?

ちなみに消費期限
こちらも簡単に言うと「安全に食べられる期間です」

5日以内で商品が劣化する
お弁当、惣菜、生菓子などですが

こちらは期限が過ぎた物を食べるのは
止めたほうが良いです。

間違い安いので気をつけてくださいね。

賞味期限切れの食品は販売しても大丈夫?

ホテルやレストランなどで
賞味期限切れの食品を扱っていたなどの理由で

一時テレビや新聞などで話題になっていることが
ありましたが、

賞味期限切れの商品をスーパーなどで
販売して法律的に問題ないのでしょうか?

きちんと「賞味期限切れ」の商品を販売していると
わかりやすく表示しているのであれば問題ありません。
(仮に表示をしていなくても罰則はないですが)

賞味期限切れしてからかなり日数が経っているので
あれば問題かもしれませんが

保存期間が長い商品であれば数日位賞味期限が
切れていても、捨ててしまうよりは

販売しても良いのではないかと
個人的に思います。

まとめ

今日紹介したKURADASHI.jp(蔵出し.jp)は

まだサイトが開設したばかりで掲載されている
商品は少ないですが、

100社以上のメーカーが参加するようですので
今後販売される商品が楽しみですね。

商品が格安で購入できて、
しかも購入金額の一部が寄付されると言うことは
社会貢献にもつながります。

世の中の廃棄される食品を減らすためにも
ぜひ購入してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ