インフルエンザ予防接種 赤ちゃんや乳児はいつから受けることが可能?

10月になるとハロウインイベントがたくさんありますが、
同時にインフルエンザの予防接種の季節ですね。

今日は赤ちゃんがいつからインフルエンザの予防接種が受けられるのか
そもそも赤ちゃんには予防接種の効き目があるのかお伝えします。

スポンサードリンク

乳児・赤ちゃんのインフルエンザ予防接種はいつから可能

乳児は生後6ヶ月からインフルエンザの予防接種を受けることができます。
ただし抗体ができる可能性が1歳未満ですと2割~3割と言われています。

効き目や副作用などを考えると、やらないほうが良いという考え方と

インフルエンザにかかった時に赤ちゃんは重症化したり合併症を起こす可能性が
高いので、

少しでも症状が軽くなるように受けたほうが良いと考える方もいると思います。

判断が難しいと思いますので、かかりつけのお医者さんに相談してから判断してください。

6ヶ月未満の乳児・赤ちゃんはインフルエンザにかかりにくい?

生後60日位はママからもらった免疫で病気にかかりにくいと言われていますが
インフルエンザは全く関係ありません。

生後何日とか何ヶ月だから大丈夫とは思わずに、インフルエンザにかからないように
注意してください。

インフルエンザにかからないようにするには

赤ちゃんのうちはそれほど外出が多くないと思いますので、
同居をしている家族が菌を持ち込まないように気をつけるのが一番です。

それには基本ですが手洗い、うがいをしっかりしてから赤ちゃんと
接してください。

インフルエンザウィルスは乾燥と低い温度で活発に活動します。
湿度は60%前後になるように加湿器を設定してください。

また部屋の中はウィルスが充満している場合が多いので、
換気を心がけましょう。

もちろんバランスの取れた食事、充分な睡眠をとって疲れを
ためないようにして抵抗力を落とさないようにしなければなりません。

スポンサードリンク

今年はノロウイルスに注意!

今年はインフルエンザ以上に気を付けなくては
いけないのがノロウイルスです。

既に今年は新型のノロウイルスが発見されて
秋から冬にかけて大流行の恐れがあります。

症状は下痢やおう吐ですが、高齢者や赤ちゃんは
脱水症状になる場合が多く注意が必要です。

とるなと家族はインフルエンザだけでなく
ノロウイルスにも注意しなくてはいけません。

予防や対策はインフルエンザと同様で良いのですが

仕事が忙しくて不規則な生活しかできない方や
夜中まで勉強して寝不足の受験生の方も
いるでしょう。

そんな方におすすめなのが

ラクトフェリン入りの食品です。

ヨーグルトには「r-1ヨーグルト」が有名ですが
r-1ヨーグルトは中に含まれる乳酸菌が腸内環境を改善して

免疫力をアップさせることでインフルエンザにかかりにくくなり、
また万が一かかったとしても軽い症状で済みます。

ラクトフェリンはタンパク質の一種ですが、
r-1ヨーグルトと同様に免疫力をアップする働きもありますが

それだけでなく、ノロウイルスが腸に侵入するのを防ぐ働きも
あります。

つまりr-1ヨーグルトは免疫力アップのみで

ラクトフェリンは免疫力アップ+ノロウイルスの侵入を防ぐ
働きがありるのです。

ノロウイルスの大流行が予想される今年は
ラクトフェリンの食品をおすすめします。

ラクトフェリンの食品で有名なのは

ラクトフェリンヨーグルトですね。
1個に100㎎のラクトフェリンが含まれています。

その他ゴーダチーズやチェダーチーズなどの
ナチュラルチーズにも含まれています。
(プロセスチーズには全く含まれていません)

そしておすすめなのはラクトフェリン入りの
サプリメントです。

ラクトフェリンは熱や酸に弱いので
サプリメントは腸まで届くものでないと
意味がありません。

そこでおすすめなのがライオンの「ラクトフェリン+ラブレ」です。
腸まで届くラクトフェリンに植物性乳酸菌のラブレ菌が入っています。

ラクトフェリンはノロウイルス以外にも美容や健康に関して
様々な効果あると言われていますし、

ラブレ菌もインフルエンザに効果あるヨーグルトとして
注目されているので、

これひとつで十分なウイルス対策になりますね。

このサプリメントには1粒に100mgのラクトフェリンが
含まれています。(1箱90粒入り)

ネットショップなどで購入すると1個7,000円近くしますが

下記のホームページから購入すると初回購入半額なので
おすすめです。



まとめ

赤ちゃんにはこれから大変な冬を迎えますが、

家族の皆さんで協力してうつさない環境を整え、
免疫力をアップさせて健康を維持しましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ