セラミドの効果効能は?セラミドを多く含む食品とおすすめの美容液を紹介します。

セラミドをご存知でしょうか?

セラミドは若々しい肌を保つ美容成分として
近年テレビや雑誌などでも取り上げれる程の

注目を集めている成分です。

今日はセラミドとはどんな成分なのか?
そしてその効果・効能と

セラミドを含む食品やおすすめの美容液を
紹介します。

スポンサードリンク

セラミドとは?

セラミドは肌の角質層にある成分で、
肌の水分量を維持し、紫外線や細菌、

アレルギー源から肌を守っている
「肌バリア機能」を持つ重要成分です。

セラミドが不足すると角質のバリア機能が低下し
肌の水分量が減少し

外的刺激で肌荒れがしやすい状態になり
乾燥やシワ、ニキビ、吹き出物などの

さまざまな肌のトラブルを引き起こす原因となります。

セラミドの効果・効能

セラミドが不足すると肌が荒れるのならば
お肌のセラミドを十分に保っている状態であれば

さまざまな効果をもたらします。

それでは具体的に見ていきましょう。

肌のバリア機能

セラミドが十分に保たれている状態だと
細胞がきれいに整い、肌表面を守ってくれます。

このバリア機能は外部から侵入してくる乾燥や雑菌
汚れなどから守ってくれる作用があり、

肌荒れや、ニキビなどのトラブルを予防してくれます。

保温・保湿効果

セラミドは外部からのダメージを抑える
バリア機能だけではなく、

内部からの水分蒸発を防ぐ働きがあり
潤いのある肌を保つことができます。

健康な髪を作る

セラミドは頭皮や髪の毛にも
多く含まれています。

セラミドが不足すると頭皮が乾燥し
フケやかゆみの原因となって

パサついた髪になってしまいます。

すなわち頭皮のセラミドをしっかり
保つことができれば美髪につながります。

髪の補修にはセラミド配合のシャンプーや
トリートメントでケアすることが効果的です。

アンチエイジング効果

セラミドにはハリ・弾力のある肌を保つ
コラーゲンやエラスチンなどの細胞の生成を

促す働きがあり、アンチエイジングの効果が
期待できます。

また最近ではセラミドには
肌の美白作用やシミやソバカスの原因と言われる

メラニンの生成を抑制する作用も報告されています。

アトピー性皮膚炎症状の改善

肌の老化やアトピー性皮膚炎によって起こる
肌のカサつきや肌荒れは

セラミドが不足していることが確認されています。

そしてアトピー性皮膚炎や乾燥肌の人は
もともとセラミドが少ないという特徴があり

肌のバリア機能が低下により肌の水分が減少して
肌がカサカサ状態になり、抗原や化学物質が
入りやすくなります。

そして抗原が肌に侵入するとアレルギー反応が起こり、
かゆみや炎症などの症状が発生します。

アトピー性皮膚炎や乾燥肌の方は保湿効果のある
セラミドを取り入れることをおすすめします。

セラミドを含む食品

それではセラミドを取り入れるには
どうすれば良いのか。

まずはセラミドを多く含む食品を
紹介します。

特にセラミドを多く含んでいるのが
「黒」の食品です。

こんにゃく、黒豆、小豆、ひじき、わかめ
ゴボウ、そば、コーヒー、紅茶、黒コショウなどの

食品にはセラミドが豊富に含まれています。

特に多いのはこんにゃくでセラミドのサプリメントは
こんにゃく芋を原料としているものが多いです。

また黒以外の食品としては牛乳もセラミドを
多く含む食品として注目されています。

スポンサードリンク

動物性のため、こんにゃくなどに比べて
人のセラミドに近く吸収も良いと言われています。

この牛乳の特徴を活かした「ミルクセラミド」という
商品も数多く発売されています。

また最近注目されているオメガ3系脂肪酸の
えごま油、アマニ油、グリーンナッツオイル

多く含まれているαリノレン酸
セラミドを作る材料となるのでおすすめです。

おすすめセラミド入の美容液

セラミドを含んだ美容液は
色々ありますが

セラミド自体も天然、植物、バイオ、擬似セラミドなど
種類がいくつかあります。

やはり天然セラミドは効果が高いので
それを基準に選ぶのも良いでしょう。

ただし値段が高いのがネックです。

それに比べてバイオセラミドと言われる
「セラミド2」「セラミド3」(成分表示)は

人の肌にあるセラミドを真似て酵母から作った
セラミドです。

ヒト型セラミドといわれるように肌のセラミドと
全く同じ構造をしており、

天然セラミドに負けない保湿力と浸透力があって
安全で値段も手頃です。

そこで今日紹介するのは

テレビや雑誌などに出演している
皮膚科医吉木伸子先生が開発した

「ドクターYエモリエントエッセンス」です。

ヒト型セラミドの中でも水分保持機能と
シワを軽減する機能に優れている

セラミド3を配合しています。

また肌表面の保湿に優れている
ヒアルロン酸を配合しています。

肌の内側はセラミド、肌表面はヒアルロン酸が
保湿するので、1本で内側と表面から

乾燥にアプローチしてくれます。

まとめ

セラミドがお肌に欠かせないということが
おわかりいただけましたでしょうか?

体の内側からと外側からセラミドを取り入れる
ことにより

あなたのお肌も改善します。

ただしセラミドを増やすためには
規則正しい生活を心がけることが必要です。

睡眠不足やストレスによって
ターンオーバー(肌の生まれ変わり)が
低下してしまいます。

セラミドはターンオーバーの過程で
作られるものなので

乱れた生活リズムでは十分に
セラミドを作ることができないので
注意してください。

それでは規則正しい生活をしながら
セラミドを十分に補給して

乾燥したお肌をみずみずしいお肌に
変えましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

2 Responses to “セラミドの効果効能は?セラミドを多く含む食品とおすすめの美容液を紹介します。”

  1. 斉藤 より:

    北海道産シーベリー油(シーバックソーンオイル)がアトピー改善に良いと日本生物工学会で発表されました。強い抗酸化作用があり皮膚いいる悪玉菌を抑えるとのこと。
    北海道産シーベリーを丸ごとスムージーにして飲んでいますがお肌の調子いいですよ。

    • tw0801 より:

      情報ありがとうございます。

      検索してみたらシーベリー油の事が書いてありました。

      参考にさせていただきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ