神奈川新聞花火大会2016の日程・時間、おすすめスポットと有料席の情報

1024-768

神奈川新聞花火大会は横浜の夜景と共に見られる大会で
打ち上げ数も県下最大の花火大会です。

今日は神奈川新聞花火大会の日程と時間、花火を見る
おすすめの場所、有料席の情報について
お伝えします。

神奈川新聞花火大会2016の日程と時間、特徴など

神奈川新聞花火大2016詳細

 

開催日2016年8月2日(火)予定
※荒天時は翌日5日(水)に順延

時間19:00~20:30
会場:横浜みなとみらい21地区臨港パーク全面海上
打上数15,000
例年の人出:約20万人

アクセス
みなとみらい線 新高島駅・みなとみらい駅から徒歩10分
JR根岸線桜木町駅から徒歩15分
JR横浜駅から徒歩20分

問い合わせ:神奈川新聞花火大会実行委員会事務局
TEL045-227-0744

 

神奈川新聞花火大会は
県内で一番の打上数(15,000発)で

音楽に合わせて打ち上げられる花火が
見所ですが、

中でも関東最大級の直径480mに及ぶ2尺玉
その迫力に圧倒されて体の芯まで響く程です。

他にも尺玉の連発や市民の協力によって打ち上げる
大スターマインなどの大きな花火が多く、

横浜の夜景をバックに華やかに打ち上げられます。

こちらは昨年の様子です。

ものすごい迫力ですね。
今年は是非間近で見てください。

神奈川新聞花火大会2016の有料席情報

花火大会で一番面倒なのが場所取りですよね。
打ち上がる何時間も前に並ぶのは嫌だし

その日は用事があるので、直前しか
現地に行けないという方には

有料の観覧席があるのでおすすめです。

こちらは花火鑑賞券協賛券2種類あります。

まず花火鑑賞券ですが花火を見る場所は
臨港パーク
カップヌードルミュージアム
2ヶ所になります。

チケット価格は

大人(高校生以上)2,600円
子供(小中学生)500円
小学生未満無料(保護者同伴)

ローソンチケット(Loppi)にて購入可能です。
(花火大会当日の正午まで販売しています)

例年ですと6月上旬頃から発売されています。

 

この鑑賞券自由席です。
開場は15時からですので、良い場所で見たい方は
開場時間より少し前に行くのがおすすめです。

当日は入口でアウトドア用ポータブルシートが
一人1枚配られます。

 

ちなみに昨年は当日券も販売されていて
14時から下記の3ヶ所で販売されました。

 臨港パーク入口(パシフィコ横浜ホール)
 カップヌードルミュージアムパーク入口
 はまみらいウォーク
(横浜そごう・スカイビルの間の2Fのデッキ)

お問い合わせ:神奈川新聞クロスメディア営業局
TEL:045-227-0730(平日10:00~18:00)

 

そしてもう一つの有料席は協賛券になります。
昨年は2種類ありました。

 

協賛券Aは臨海パークに隣接している「耐震バース」という
会場の指定席でソフトドリンクかビールが2杯、
お菓子の詰め合わせがついて7,200円です。

協賛券Bは臨海パーク最前列の指定席で飲み物やお菓子は
付かず7,200円

スポンサードリンク

 

協賛券Bはその代わり横浜トリエンナーレ
チケットがついていましたが、3年に1度の
現代アート展なので、

今年はどうなるのでしょうか?
(わかり次第こちらでお伝えします)

協賛券はまだ発売されていませんが
例年下記のサイトで販売されています。

47CLUB協賛券販売ページ

協賛券は割と高いのですが、

指定席なので打ち上げ開始時間の直前に
行っても最高の場所でゆっくり見ることが
できるのが良いですね。

奮発して彼女にプレゼントしてみてはいかがですか?

また開催日が平日なので
仕事などで早くから場所取りできない方は

花火鑑賞券を購入することをおすすめします。

その他にも船の上から観戦するクルーズもあります。
横浜崎陽軒のお弁当が付いて19800円とちょっと高いですが

私のおすすめは横浜マリンタワーの29・30階の展望室から見る花火で
なんと キリンビール横浜工場見学バスツアー に
横浜中華街での100種オーダー式バイキングも付いています。

値段は9,980円からと花火協賛券や鑑賞券よりも
若干高いですが、バイキングが付いてので値段ですから
とてもおすすめではないでしょうか?

詳細はこちら

神奈川新聞花火大会の観覧場所と場所取りに関して

一番花火がよく見えるスポットの
臨港パークカップヌードルミュージアム
有料席なので

臨港パーク側の一般観覧場所

20街区(B)、59街区(C)62街区(D)
高島水際線公園(E)ポートサイド公園(F)
になります。(Aが打ち上げ場所)

20街区59街区62街区はとても
近くに花火が見えるのでかなり混雑しますが

その近くの
高島水際線公園やポートサイド公園は
上の3街区ほど混雑していなく、

しかも花火が十分近くに見える場所に
あるのでおすすめです。

ポートサイド公園は芝生になっているので
レジャーシートを敷いて見るのに
最適です。

カップヌードルミュージアム近くの
一般席観覧場所

4街区(A)7街区(B)8街区(C)
9街区(D)赤レンガ倉庫(E)象の鼻パーク(F)
山下公園(G)

ですが、

4,7街区赤レンガ倉庫
早めにいっぱいになるので

8,9街区、象の鼻パーク
順番で場所を探してみてください。

山下公園が一番離れているので
みなとみらいに比べると混んでは
いませんが

横浜の夜景も楽しめるので、
結構カップルが多いです。

またゆったりと見たいとい方は
野毛山動物園がある

野毛山公園の展望台がおすすめです。

展望台からはみなとみらい地区が
一望できて少し小さく花火が見えるかも
しれませんが

無料の動物園で昼間は遊んで
夕方に展望台に移動すれば

1日野毛山公園周辺で楽しめるので
ファミリーにおすすめです。

神奈川新聞花火大会まとめ

神奈川新聞花火大会は

大混雑する隅田川花火大会よりも
打上数は5,000発程少ないですが、

隅田川花火大会では打ち上げられない
2尺玉など大きい迫力のある花火を見ることが
できるので、

両方共に行ったことがある方は

横浜の花火大会の方が満足している方が多いです。

しかも隅田川は約100万人の人出に対し
こちらは約20万人とかなり混雑具合も違います。

隅田川の花火大会の混雑にコリゴリの方は
是非神奈川新聞花火大会にお出掛けしてみては
いかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ