夏の車内の温度を下げる方法と車のエアコンのトラブルを避けるには?

夏になると少しの間車から離れただけでも
車内が異常な温度になっている

経験をしたことがあると思います。

今日は車から離れる際の注意点や
車内の温度をあっという間に下げる方法、

そして車のエアコンのトラブルを
回避する方法をお伝えします。

スポンサードリンク

夏の車内温度は?車を離れる際の注意点

夏の炎天下(35℃)で車から離れると

車内はどのくらいの温度になるかわかりますか?

車内の温度が20℃前後で車を閉めた状態で
離れると

15分後には30度を超えて、
1時間後には50度以上になります。

よくあるのは

お子さんが寝ているから
車内に残して

その間にちょっとだけ買い物をして
車に戻ってきたらぐったりしていたなど

大変なことになる場合が多いです。
(ほったらかしてパチンコは論外ですが)

エアコンをつけたままにすれば良いだろうと
考える方もいるかもしれませんが

エアコンをつけたままにするために
エンジンを切らないで車を離れるのは

お店や周りの人に迷惑をかけてしまう場合も
あるのでなかなかできないですね。

たとえエアコンをつけたまま
外に出ることができても

  1. 故障やエアコンガスが切れて涼しく
    なくなる
  2. 子供が間違えてエアコンのボタンを
    押して切ってしまう
  3. エアコンをつけたままにして
    外に出たつもりが実は勘違いして切っていた

ということもあります。

炎天下の時だけではなく
気温が20℃を超えたら注意が必要です。

外が20℃でも
車内を締め切った状態で
あれば30℃以上になります。

特に小さなお子さんは
体温調節が未発達で高温下では

短時間で体温が上昇するので
気をつけましょう。

また車内のダッシュボードなどに物を
置きっぱなしにするのも危険です。

 100円ライターは亀裂が生じる
 携帯電話は使用不能の可能性がある
 食べ物が傷んだり、形状が変化することも

IMG_2128

車から出る時は車内に置いているものを
チェックしてからにしましょう。

車内温度を簡単に下げる方法

車に乗ろうとしたときに
車内が50℃以上のサウナ状態になっていると

エアコンを付けてもしばらくは
効かないので汗だくになってしまいますよね。

そんな時に車内の温度を簡単に下げる方法があります。

① 助手席の窓ガラスを全開にする
② 助手席の対角線のドア(運転席の後ろ)
を5,6回開閉する
※2ドアの場合は運転席のドアで大丈夫です。

たったこれだけで50℃程度の
車内の温度が外気とほぼ同じ温度まで
下げることができます。

その後はエアコンで温度を下げれば
車内が快適なりますよ。

こちらはその実験をした動画です。

スポンサードリンク

車のエアコンのトラブルを避ける方法

窓を開け閉めして車内の温度を下げた後は
エアコン全開して数分待ってから出発!という方も
多いですが

このやり方はバッテリーに負担がかかるだけでなく
放っておくと冷却水の水温が上がり

オーバーヒートを起こす原因になります。

少しでもバッテリーの負担を減らして
急速に車内温度を下げるための方法は

① 前後の窓を全開にして室内の熱気を出しながら
走行
② エアコンを1分程外気導入にして「風速を最強+冷」に
③ 窓を全て閉めてエアコンを内気循環に切り替えをする

これだけでバッテリーの負担が減ります。

ただエアコンをガンガンつけっぱなしだと
バッテリーの負担だけではなく

ガソリン代もかかりますよね。

バッテリーの負担やガソリン代を軽減し
かつ車内を涼しくしてくれる

おすすめのグッズがあります。

それが
空調ざぶとん(クールクッション)です。

こちらはシガーソケットにはめて
使用することができ

ファンで大量に風をざぶとん内に送り込むこと
で蒸れや湿気などを防ぎます。

ある程度エアコンで車内が冷えたら
後はこれだけで十分です。

USBも使用できるので
家で使用すれば電気代の節約になります。

口コミでの評判も良いですし

実際私が使用して本当に快適だったので
とってもおすすめです。

まとめ

今年は春から暑い日が多いので
今から車内の温度には気をつけましょう。

それ程外が暑くなくても
直射日光が当たる場所に駐車すると

車内がかなり暑くなるので
今日紹介したやり方で

車内の温度を下げて
バッテリーに負担がかからないように

エアコンを利用してくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ