エクオールの効果は美容と健康!エクオール検査や含有食品について紹介します。

エクオールをご存知ですか?
以前「世界一受けたい授業」や
「世界ふしぎ発見」
でも取り上げられましたが

近年女性の間で美容と健康に良いということで
少しずつ注目されていますね。

今日はエクオールとは何か?
またエクオールの効果・効能とその増やし方に
ついてわかりやすくお伝えします。




公式サイトはこちら

エクオールとは?

大豆は身体に良い食べ物だということは
ご存知の方も多いと思いますが

具体的に何に効くのかわかっている方は
少ないかもしれませんね。

欧米では欧米人に比べて日本人は
「更年期障害が軽い」「骨粗しょう症の発症率が低い」のは

大豆を良く食べることに関係していると
取り上げられたりしました。

そして最近その働きのもとになっているのが
「エクオール」という物質であることがわかりました。

大豆の中のイソフラボンという成分が腸内細菌によって
エクオールに変わり、エストロゲンによく似た

健康のパワーとなっています。

※エストロゲンとは女性ホルモンのひとつで
「美人ホルモン」とも言われ
女性らしい体をつくってくれるホルモンです。

エクオールの効果・効能

スーパーイソフラボンと呼ばれる
エクオールには主に4つの作用があると
言われています。

エストロゲンに似た働き

エクオールは体内でエストロゲンが減少した時に
エストロゲンの受容体に入ることにより

エストロゲンに似た働きをします。

そしてその働きが
 更年期の症状や障害をやわらげる
 メタボリスクの予防
 骨粗しょう症の予防と改善

役立つと言われています。

抗酸化作用=老化防止

エストロゲンは肌のコラーゲンを作りますが
30代から40代の頃になると

エストロゲンが激減して肌が乾燥したり
シワやたるみなどが出やすくなります。

そこでエクオールを摂ることにより
シワやシミの状態が改善したという結果が出たり

美白にも効果があると言われています。

抗エストロゲン作用

エストロゲンが足りなくなると
体に色々影響が出る場合がありますが

逆に過剰なエストロゲンも
乳がんの発生するリスクがあり

問題とされています。

このような時でもエクオール
活躍します。

エクオールはエストロゲンが足りなくなった時のみに
働くのではなく、過剰エストロゲンの働きを

抑える「抗エストロゲン作用」を持っています。

そしてこの作用が乳がんのリスクを下げると
期待されています。

抗アンドロゲン作用

前立腺がんや男性に起こりやすい毛髪の脱毛
アンドロゲンの過剰な作用が影響すると
言われています。

エクオールには「抗アンドロゲン作用」があり

前立腺がん脱毛に効果が期待されています。



公式サイトはこちら

エクオールを体内で増やすには?

この動画はエクオールをわかりやすく
解説しています。
(最初の1分間は関係ない話です)

動画でも説明していたように
男性と女性両方に欠かせないエクオールですが
そのエクオールを体内で作ることができる人と

できない人がいることがわかっています。

納豆や豆腐をなどの大豆製品を食べる習慣がある
日本人は約50%がエクオールを体内で
作る
ことができますが、

20代の若い女性は最近の食生活の影響からか
20%前後しかいません。

自分がエクオールを体内で作ることが
できるのかどうか知りたい場合は

病院で検査ができるところもありますし

アマゾンなどでも検査キットが売られていて
簡単に調べることができます。
(検査結果がでるまで1週間程かかります)

ではエクオールが体内で作ることが
できない人がどうすれば良いのでしょうか?

① 腸内環境を整える
納豆などの発酵食品やネギ、ゴボウ、バナナなどの
オリゴ糖、食物繊維などを多く摂取して

腸内環境を整えたり、和食を多く取り入れる
工夫をしましょう。(ポテトサラダが良いそです)

またエクオールがある人が毎日飲んでいるのが
緑茶と言われているので是非

試してくださいね。

② エクオール含有食品を摂取する

大塚製薬の研究によると
エクオールの1日に必要な摂取量は
1日10mgと言われています。

そしてエクオール10mgを産生するためには
大豆イソフラボンは30~50mg必要で

納豆であれば1パック、お豆腐は半丁程度です。

その他にも色々大豆製品はあるので
「このくらいの量ならば継続的に食べられそうかも」
と思う人もいるかもしれません。

ただ問題は大豆製品を食べても
全ての人がエクオールを体内で作り出すことが
できるわけではありません。

日本人の半分は作ることができないので
そのような方には

サプリメントをおすすめします。

③エクオール入りのサプリメントを摂取する

サプリメントであれば大豆イソフラボンではなく
エクオールを直接摂ることができるので

大豆製品を食べるよりもエクオール効果が
期待できます。

最近ではエクオールのサプリメントがいくつか
販売されていますが

おすすめは

「エクオール+ラクトビオン酸」です。

エクオールはもちろんのことエクオール産生のUPと、
カルシウムの吸収を高めるラクトビオン酸が配合されています。

このおかげで体質に関わらず直接エクオールそのものを
摂取することができるので効果が期待できるわけです。

以前からエクオールが含まれているサプリメントは
大塚製薬の「エクエル」などが人気ありましたが

その後に発売した「エクオール+ラクトビオン酸」
単にエクオールが含まれているのではなく、

エクオールを摂取しやすくするために
ラクトビオン酸をしている商品で、

今までのサプリメントであまり効果が
実感できなかった方や

エクオール検査で体内で作ることが
できないと分かった方などの

40歳以上の女性におすすめです。

公式サイトはこちら

まとめ

エクオールがとても大切な物質であると
わかりましたが、

エクオールを作れる方でも

大豆イソフラボンが体内にとどまるのは
1日程度なので毎日適量を食べるように
しましょう。

またサプリでエクオールを摂る方は
摂り過ぎはよくないので

ちゃんと説明書を読んでから
ご利用くださいね。




エクオール+ラクトビオン酸

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ