タオルや洋服のニオイの原因と対策法!いやなニオイは簡単に消せます

タオルやふきん、またはTシャツや下着などの
衣類のいやなニオイが、

何度洗っても取れないという経験はありますか?

それには原因があります。

今日はタオルや洋服などのいやなニオイの原因と
その対策についてお伝えします。

スポンサードリンク

タオルなどのいやなニオイの原因は?

衣類などのいやなニオイの原因は知っている方も多いと
思いますが、雑菌が原因です。

菌は一度繁殖してしまうと
それ以降は何度洗濯しても

雑菌は休眠状態になるだけで
死滅しないため

使う時にはまた臭くなってしまいます。

なのでしっかりと殺菌をして
これまでに溜まった雑菌を完全に排除して

しっかりと乾かせば、

何年と使い込んだタオルでも臭くなることは
なくなります。

066521

殺菌をするには天日干しすれば良いと
思っている方も多いかもしれませんが

これだけでは完全に殺菌ができず
ニオイも取れません。

タオルなどのいやなニオイを取り除く方法は?

洗濯機をキレイに洗った後は
雑菌を取り除けば良いのですが

これにはいくつか方法があるので紹介します。

①乾燥機で殺菌する

乾燥機の熱風で菌を死滅させることができます。
タオルなどのシワが気にならない洗濯物に向いています。

これが一番簡単な方法なのですが
シワになりやすい衣類は乾燥機が使えないのと

乾燥機がない方もいるのと思いますので
次の方法をおすすめします。

②煮沸、熱湯で殺菌

沸騰したお湯で殺菌する方法です。
鍋で15分~20分位煮沸消毒します。

粉石けんを入れると洗浄力も
アップします。
(お湯1ℓに粉石けん小さじ2杯)

スポンサードリンク

この方法は色落ちしやすいので
白い洗濯物と色付きの物とに

分けなければいけません。

また綿など丈夫な素材
おすすめで、

絹やウールなどのデリケートな素材には
使えません。

ただ鍋で煮沸する方法は鍋の大きさにも
よりますが、バスタオルやシーツなど

大きな洗濯物には使えないですよね。

そんな場合は洗面所浴槽を使用して
殺菌する方法があります。

40℃~50℃のお湯に粉末タイプの酸素系漂白剤
(ワイドハイターやカラーブライトなど)を
入れて溶かし

その中に洗濯物を入れて1時間程度つけ置きします。

それから洗濯機で洗います。
(洗濯機で洗ってから、つけ置きしてもOKです)

③電子レンジでチンして殺菌

この方が一番早くて簡単です。
洗濯した後のタオルや衣類を
800Wならば3分程度加熱するだけですが

必ず綿と麻だけにすることが必要です。

本当に手っ取り早い方法ですが、
一度に多く加熱できない事と

誤って詰め込みすぎたり、加熱しすぎたりする
大変なことになる可能性があるので

あまりおすすめできません。

もし実践する場合はレンジから離れないように
しましょう。

タオルなどのいやなニオイを取り除く際の注意点

殺菌をしていやなニオイを取り除く方法を紹介しましたが

いくら殺菌したとしても洗濯機が汚れていては

洗うたびに洗濯物に雑菌がこびり付き、
ニオイが無くなりません。

定期的に洗濯機をキレイに洗いましょう。

また洗濯機で洗った後に
面倒だという理由ですぐに干さなかったり、

疲れているから干すのを明日に延ばしたりするのは
菌が繁殖する可能性があるので

洗濯した後は必ずすぐに干すようにしてください。

まとめ

これからジメジメしたシーズンになり

ますます菌が繁殖しやすい時期になります。

しっかりと殺菌対策をして
タオルや衣類がいい匂いを保てるように
しましょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ