緑茶やコーヒーが脳卒中・心臓病で死亡するリスクを減少!その効果や効能は?

緑茶やコーヒーを毎日多く飲むと、
心臓病や脳卒中などで死亡するリスクを低下させるとの調査結果を、

東京大や国立がん研究センターなどの研究チームが5月7日に
発表しました。

元々健康には良いと言われていた飲み物ですが
生活習慣病のリスク回避以外にも様々な効果効能があるので

今日はそちらも一緒に紹介します。

スポンサードリンク

生活習慣病のリスクを減少するには1日何杯飲む?

今回の調査では全国に住む40~69歳の男女約9万人に対し
コーヒーや緑茶を1日どれくらい飲むかを

他の生活習慣などと合わせて質問し、
経過を約19年間統計しまとめました。
(この間に約1万3千人が亡くっています)

コーヒーを1日3~4杯飲む人では
ほとんど飲まない人に比べて、死亡リスクが24%低く

緑茶は1日5杯以上飲む人は1杯未満の人に比べて
死亡リスクが男性で13%、女性で17%低かったという

調査結果がでました。

コーヒーに含まれるポリフェノール、
緑茶に含まれるカテキンが血圧を下げ、

両方に含まれるカフェインが
血管や呼吸器の働きをよくしている
可能性があると言われています。

この調査ではガン死亡リスクとの関連は
見られなかったようです。

それでは緑茶とコーヒーの効果効能に
ついて見てみましょう。

緑茶の効果・効能は?

今回の調査が発表される前から

緑茶は健康に良いと言われていましたが

本当に書くのが大変なほど多くの
効果、効能があります。

① お茶の渋み成分のカテキンの効果・効能は

 血中コレステロールの低下
 ダイエット効果(体脂肪低下)
 抗酸化作用(老化防止)
 虫歯予防
 抗菌作用
 抗インフルエンザ作用
 血圧・血糖上昇抑制作用
 口臭予防(脱臭作用)

要するに
「カテキンには抗酸化(老化防止)作用と
抗菌作用があるので健康に良い」ということですね。

また今回の研究チームの検査結果では
ガン死亡リスクとの関連は見られませんでしたが

緑茶の生産地である中川根町では

胃がんを発症する男性の割合が
全国平均の約5分の1との調査結果が出ています。

また埼玉県立がんセンターの研究では

埼玉県民の男女ともに緑茶を1日10杯以上飲む人での
発生率は4割以上抑えられた
という調査結果が出ています。

まだまだ研究段階ですが、日本だけではなく
欧米からも注目されていますので今後の研究に期待したいですね。

② お茶の苦味成分のカフェインの効果効能は
 覚醒作用
 持久力の増加
 二日酔い防止
 利尿作用
 脂肪燃焼

カフェインはコーヒー、紅茶にも含まれていますが

眠気や疲労感を取り除いてくれる覚醒作用があります。

栄養ドリンクも飲むと元気になったような気になりますが
これはカフェインの効果であると言われています。

スポンサードリンク

➂お茶のうまみ成分のテアニンの効果効能は
 細胞神経保護作用
 リラックス作用(α派の上昇)

テアニンはアミノ酸の一種ですが
最大の特徴は

カフェインの興奮抑制作用があることです。

通常カフェイン入りのドリンクを数杯飲むと
かなり興奮状態になって目がパッチリするときがありますが

これを抑えてくれるのがテアニンです。

③ ビタミン類が豊富

緑茶にはビタミンが豊富に含まれています。

 ビタミンC:コラーゲン形成、抗酸化作用
 ビタミンB2:皮膚や粘膜の健康維持
 葉酸:動脈硬化の予防
 β-カロテン(ビタミンAに変化):美肌効果、成長促進効果
 ビタミンE:抗酸化作用

これも要するに「若くなってキレイになるということですね」

その他の成分の効果・効能
 サポニン:抗菌・抗ウイルス作用
 フッ素:虫歯予防
 ミネラル:生体調節作用
 クロロフィル:消臭作用

このように緑茶には様々な効果効能がありますが
外国産の安い緑茶には大量の農薬が使用されている

可能性があるので、国産100%の緑茶を飲むように
しましょう。
(もちろん国産も農薬を多少は使用していますが)

コーヒーの効果・効能は?

コーヒーも最近はとても健康が良い
飲み物と言われていますね。

緑茶と同様に効果効能もたくさんあります。

① 老化防止

コーヒーに含まれている抗酸化物質の
クロロゲン酸(ポリフェノールの一種)が

老化防止に効果があり
しみやシワの対策や

美肌にも効果があります。

② ダイエット効果
カフェインによる脂肪燃焼と
クロロゲン酸も脂肪の燃焼を促進する
働きがあります。

➂病気のリスクを減らす
ガンや2型糖尿病などの病気のリスクを減らす
ことがわかっています。

その他にもアルツハイマーや脳卒中、心不全、
肥満など、さまざまな病気の効果が期待されています。

そして先日のテレビ番組
「世界一受けたい授業」でも
紹介されていましたが

「コーヒーを飲む人は肝臓がんに
なりにくい」
そうです。

メカニズムはわかっていませんが
ほぼ確実だと言われています。

コーヒーの詳しい効果効能はこちら

ただコーヒーに関しては
飲み過ぎるとカフェインの過剰
摂取になり、

特に妊婦は流産の危険性があると
言われているので注意が必要です。

 

またコーヒーであれば
缶コーヒーはあまりおすすめできません。

ブラックであれば良いのですが
その他のタイプは体に良くない

添加物が入っているので
たくさん飲まないようにしましょう。

まとめ

5月7日に発表された調査では
緑茶やコーヒーとガンのリスク減少について

関連性が見られなかったと報告がありましたが

他の調査ではガンとの関係が見られたという
結果が出ているので、

「なーんだ、ガンには効き目がないんだ」とは
今回の調査だけで思わないでくださいね。

そして緑茶とコーヒーには
単に生活習慣病だけに効果があるのではなく

様々な効能があるので

是非毎日何杯か意識して飲んで

長生きしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ