食べてはいけない 輸入牛肉は危険? 米国産、豪州産、欧州産で安全な輸入牛肉はどれ?

牛肉はやっぱり国産の物を食べたいですよね。
ですが価格の問題もあって、なかなか食べる機会が少なくて、

スーパーなどで海外からの輸入肉を購入することも
多いのではないでしょうか?

ですが輸入肉と言っても、どれも同じような肉ではなく
安全性に関して違いがあります。

今日は海外からの輸入肉の中でどこ産の牛肉が
おすすめなのかを紹介します。

スポンサードリンク

米国産牛、豪州産牛、欧州牛の中で安全な牛肉は?

米国、豪州(オーストラリア)では牛に
成長促進ホルモン剤を使用することが許されていますが、

米国産牛肉には国産牛肉の600倍の高濃度のホルモン剤が
残留しています。

さらに米国産牛肉には成長促進の為に日本やEUで禁止されている
遺伝子組み換え成長ホルモンも使用されているのです。

北大医師の研究では米国産牛肉を継続して摂取すると
ホルモン性依存の乳がんや前立腺がんの危険性が5倍高まると

そのため、EUでは米国産牛肉の輸入を禁止しています。

スポンサードリンク

日本の国産の牛肉の安全と輸入牛肉の問題な措置について

では日本はどうでしょうか?

日本は国産の牛肉には遺伝子組み換え成長ホルモンの
使用を禁止しているのですが

「米国産は使用していても問題ない???」という
意味不明な措置をとっています。

さらに日本は99%の輸入牛の残留農薬、残留抗生物質は無検査です。
これで本当に米国産牛肉は安全と言えるのでしょうか?

豪州産の牛肉に関しては成長促進ホルモン剤を使用していますが、
日本や米国と違い今までBSEの牛が一頭も発見されていません。

それは豪州国内でのトレーサビリティシステムも整備されているため
米国産と比べるなら豪州産の牛肉をおすすめします。

※トレーサビリティとは食品の安全を確保するために ,
飼育から加工・製造・流通などの過程を明確にすること。
また,その仕組みのことを指します。

欧州牛もトレーサビリティもしっかりしていますし
遺伝子組み換え成長ホルモンも成長促進ホルモン剤も
使用しないので

一番おすすめ輸入肉なのですが、輸入量が少なく
フランスやオランダ産の牛肉がわずかに販売されているだけ
なので、なかなか購入する機会がないのが残念ですね。

米国産牛、豪州産牛、欧州牛の中で安全な牛肉のまとめ

一番おすすめなのが欧州牛ですが輸入量が少ないので
その場合は豪州産の牛肉を選びましょう。

米国牛肉も検査をしてから輸入許可を出してほしいのですが
おそらくそれをするとほとんど食べられない肉となる
かもしれません。

やはり少し無理をしてでも国産の牛肉を食べたいものですね。

スポンサードリンク

関連記事

食べてはいけない添加物 マヨネーズとカロリーハーフどちらが身体に良い?

食べてはいけない添加物 イーストフード使用の食パンは大丈夫?

食べてはいけない添加物 輸入フルーツの安全性は? 防カビ剤は危険?

食べてはいけない添加物 ガムは歯に良いけど身体には危険?

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは?食品添加物は使用しているの?

食べてはいけない添加物 栄養ドリンクは効果あるの?毎日飲んでも平気?

マグロは食べ過ぎ注意、メチル水銀の妊婦への影響は?子どもは大丈夫?

食べてはいけない添加物、カップ麺、インスタントラーメンは危険?

食べては危険な添加物 コンビニおにぎり、弁当は大丈夫?発がん性は?

食べては危険な添加物 菓子パン、サンドイッチ は大丈夫?

食べていけない添加物 ハム・ウィンナー・ベーコンは危険?発がん性は?

食べてはいけない添加物 味の素などの化学調味料は身体に良い?それとも危険?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ