卵の栄養成分と美容や健康に効果的な理由は?コレステロールは大丈夫?

卵は「コレステロールが高い」ということで健康にはあまり良くない
イメージがありますが、実際は栄養価が高くて美容や健康にも良くダイエットに
も適しているスーパーフードです。

卵のどんな栄養成分が美容や健康、ダイエットに良いのか、
またコレステロールが高いので1日1個までというは本当なのか
お伝えします。

スポンサードリンク

卵の栄養成分

皮膚、爪、血液、筋肉など体のほとんどはタンパク質でできています。

そのタンパク質を構成するのは20種類のアミノ酸です。
そしてその20種類のアミノ酸のうち体内で作ることができず、

食べ物からとる必要がある9種類のアミノ酸を「必須アミノ酸」と言います。

卵はこの必須アミノ酸がバランスよく含まれており、私たちの免疫力を
アップしてくれます。

このアミノ酸のバランスを数値化したものを「アミノ酸スコア」と言いますが
卵のアミノ酸スコアはなんと最高の100点満点!

その他には現代人に不足しがちだと言われているミネラルビタミン類も豊富なので

このような理由から卵は「完全栄養食」と言われますが、
では卵だけ食べれば良いのかというとそうではありません。

ビタミンC食物繊維は含まれていないので、果物や野菜から
摂る必要があります。

スポンサードリンク

卵が美容や健康、ダイエットに効果的な理由

卵の栄養価が高いことがわかりましたが、では実際にどんな効果が
あるのでしょうか?

脳を活性化させ、アルツハイマー病予防にも期待

卵黄から抽出されるレシチンにはコリンと呼ばれる成分が含まれており、
このコリンが脳を活性化させて記憶力や学習能力をアップすると言われています。

また、アルツハイマー病を含めた脳の組織の老化防止が期待されています。

生活習慣病の予防

コリンには脳を活性化させるだけではなく、中性脂肪の量を調節する働きがあり
内臓脂肪を増やす心配がありません。

また血圧を低下させて高血圧や高コレステロール血症や脂肪肝などの予防や
改善にも効果があるとされており、ダイエットにも欠かせない成分です。

アルコールの分解やがん予防

卵には必須アミノ酸のメチオニンが動物性タンパク質の中でも豊富に含まれており
体の老廃物や毒素などを排除し、アルコール分解やがん予防に効果があると
言われています。

抗酸化作用による老化防止や病気予防・改善の効果

卵に含まれているビタミンA、B6、Eなどのビタミン群は
生活習慣病や老化の原因である活性酵素の発生を抑えたり、除去する働きがあります。

そのことにより病気の予防、改善だけでなく、老化防止による
シミ、シワなどの予防、改善が期待できます。

美容の効果

美肌に欠かせない成分はコラーゲンですが、その主原料はアミノ酸です。
コラーゲンの働きは歳を重ねるごとに低下しますが

卵を食べることにより、ピチピチのお肌をキープできます。

カゼの原因となる細菌などを溶かす働き

カゼ薬のコマーシャルで「塩化リゾチーム配合」と説明しているのを
聞いたことがあるでしょうか?

この塩化リゾチームは卵の白身に含まれているリゾチームという酵素から
作られたものです。

そしてこのリゾチームにはカゼの原因となる細菌を溶かす働きがあります。

卵のコレステロールは大丈夫?1日何個まで?

このように美容に健康に良い卵ですが、気になるのはコレステロールですよね。

確かに卵はコレステロールの高い食材であることは間違いありません。

では「卵を食べるとコレステロール値が上がるのか?」というと
そうではありません。

実は体内のコレステロールは食事から摂取しているのは一部
8割程度は肝臓など体内で作り出しているのです。

肝臓は体内のコレステロールを一定の値に保つように生成量を調節するので
卵などを食べてコレステロールの摂取量が多くなったとしても

肝臓でのコレステロールの生成量が減ってバランスが保たれます。

またコレステロールは体に悪いというイメージがありますが、
細胞膜を構成したり、脂肪の吸収に必要な胆汁酸や性ホルモンの原料となり
体には欠かせない成分なのです。

このような理由から卵を1日1個以内にしないとコレステロールが増えるというのは
間違いなのですが、ではいくつも食べても良いのかというとそうではありません。

日本人の3割程度の人はコレステロール値が上がりやすいそうで

その原因が遺伝なのか、肝臓機能の不調なのか、はたまた生活習慣なのか
詳しいことがわかっていないようです。

そうなるとコレステロール値に問題ない人は
1日1個と制限する必要はなく、2個、3個、4個と食べても問題ないですが

コレステロール値が高い人は2個程度にしておいて
それ以上食べる場合は気をつけたほうが良いでしょう。

まとめ

昔はカゼをひいたら「卵酒が良い」と言われていましたが
本当に理にかなっているのだとあらためて実感しました。

さすがおばあちゃんの知恵袋ですね。

あたなも今日から美容と健康のために卵をしっかりと
食べるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ