【レポート】肉フェス東京2017春に行って来ました。混雑状況や人気のお店は?

[追記]肉フェス東京・駒沢公園2017秋が9月14日(木)から
スタートしています。

初日に行って来ました!

詳しくは
肉フェス東京・駒沢公園2017秋に行ってきました。混雑具合と人気のお店は?
をご覧下さい。

日本最大級のフードフェス「肉フェス」が
2017年4月28日(金)~5月7日(まで
お台場シンボルプロムナード公園 夢広場で開催しています。

私は初日の28日に行ってきました。

昨年は食中毒や掲載写真と実物が違うと話題になり
秋の開催が無くなってしまっただけに
今年はかなり力が入っていると思われます。

当日の様子や混雑状況、人気の店舗など紹介しますので

これから行く予定の方は参考にしてくださいね。

肉フェスお台場2017春 日程とアクセス、混雑状況、おすすめのお店は?

スポンサードリンク

肉フェス東京2017の営業時間と開催場所昨年と違います!

開催時間

時間帯は平日と土日祝日で違うので
しっかりと確認しましょう。

営業時間は
平日は12時~21時まで
土日祝日は10時~21時(最終日のみ20時

と最終日以外終了時間は変わりませんが
開始時間が変わります。

アクセス

りんかい線東京テレポート駅より徒歩3分
新交通ゆりかもめ 青海駅より徒歩5分

昨年はテレポート駅の改札を左に出て
エスカレーターで地上に出ると
斜め左方向に会場が見えましたが

今年は最寄り駅が同じでも会場は違います。

改札を右に出て、エスカレーターで地上に出たら
斜め右の方に(ダイバーシティ東京方面)に
行くようにしましょう。

肉フェス会場から撮ったダイバーシティ東京(前)とフジテレビ(後)

昨年は地上に出てから1分以内に着きましたが
今年は3分ちょっとかかる感じです。

電車で行くならば池袋や渋谷、新宿からは
りんかい線直通の埼京線に乗るととても便利です。(新木場行き)

東京駅からは山の手線で2つめ新橋で降りて
ゆりかもめに乗るのがおすすめです。


チケット売り場と飲食エリアついて

昨年とは違う場所で行われている肉フェスですが
史上最大ということで、

会場に到着してみると確かに昨年よりも
会場が広くてゆったりした感じがしました。

初日は平日でしたので12時からのスタートですが、
私は13時前に着きました。

会場全体はまだ初日なのでそれほど
混雑はしていませんでした。

会場の入り口を入って左に曲がると
食券売り場が見えます。

誰も並んでいませんでした。

入場料は無料で1枚700円の食券を
購入するのですが、

SuicaやPasmoなどの電子マネーが利用できるので
ちゃんとチャージしていれば
わざわざ食券を購入しなくても大丈夫です。

以前電子マネーが使えなかった時は
チケット売り場にもかなり行列ができましたが
今では行列ができることはないでしょう。

もし食券を購入する場合でも
おそらく連休中もあまり並ばずに購入できるはずです。

飲食エリアは少し残念でした。
席の数は昨年よりも若干多いような気がします。
(あくまでも感覚です。席数を数えたわけではありません)

会場が大きくなったのだから、もっと多くても
良いと思いました。

ただ昨年よりも増えているという点は
評価したいと思います。

もっと残念に思ったのは屋根付きの席が
少ないことです。

これですと晴れの日は日差しが
ガンガン照りつけるので暑いですし
女性は紫外線にも気をつけなくてはいけません。

そして雨の日は傘を差しながら食べることに
なります。

雨の日と晴れの日では売上がかなり
変わるのではないでしょうか?

昨年よりも屋根付きスペースが少ないですし、

 

2年前の駒沢公園の時は大きな屋根付きのスペースがあり
そこで食べることができたので雨の日でも問題ありませんでした。

屋根付きのスペースの割合が
2年前の駒沢公園が7割だとすると

昨年が5割、今年は2割弱といったところでしょうか?

一応スペースがあるのは

このようなネット予約専用の飲食スペースが
あります。

ですが初日の時点で土日祝日の予約は
遅い時間帯以外はほとんど購入できない状況です。

また「コカ・コーラプラス限定シート」と
いうのもあります。

こちらはコカ・コーラブラスを購入すると
座れますが、テーブルが10台(イスは4つ)位しかないので

連休中はすぐに満席になりそうです。

その他にもVIPシートというのがあります。

これはコンシェルジュが注文を聞いて
食べ物を席まで持って来てくれます。

なので混雑していても席を探す必要もなく
行列ができていても並ぶ必要もありません。

ただ金額が1人3,500円でワンドリンク付きで
2時間制です。(未就学児は無料)

食券も含まれていないので、コンシェルジュに
注文しても、3,500円以外にお肉の代金を
払う必要があります。

いずれにしても無料スペースで強い日差しや
雨に当たらない場所はほとんどないので
注意してください。

スポンサードリンク

肉フェス東京2017の混雑状況と人気のお店は?

メインの肉エリアのブースは今年29店あります。
昨年は肉ブースは22店でしたので
お店の数が増えました。

平日だし、初日はまだ認知度が低いから
それほど行列はないと思っていたのですが

一つだけ断トツに並んでいたお店がありました。

それは「 格之進」の
「門崎熟成肉塊焼&格之進ハンバーグ」です。

img_d7c158aef88d86c9ff823134085434c381084

こちらは2016年に食べた熟成肉塊焼です。

一番人気は2014年秋、2015年春のチャンピオンで
昨年年間を通して売り上げNo.1に輝き、
殿堂入りを果たした「 格之進」です。

今年はこの熟成肉と自家製天然調味料「塩麹」のみを
使ったハンバーグをトッピングしています。

 

14時の時点でこのお店はこんな感じで並んでいました。

これで50人以上並んでいます。

また初日でオペレーションがうまくいかないのか
商品提供が遅く感じて列の進み具合が
かなり遅い感じがしました。

おそらく1時間までとはいきませんが
40~50分は並んでいたと思いますが

この状況ですと人気店は土日祝日かなり並ぶかもしれません。

並びたくないという方には「ファストチケット」という
ディズニーランドのファストパスのようなチケットがあります。

ファストチケットは全店対象で1枚500円です。

ただこのパスは普通に並んでいる人よりも
優先的に並んで買うことができる」だけで
食券は別に購入しなくてならないのが残念です。

そしてもう一つ今年は
au WALLET専用 ファストパス付食券」というのが
あります。

こちらは食券とファストパスがついていて
通常の食券と同じ700円で買えるのがうれしいですね。

私のようなドコモやソフトバンクユーザーは無理ですが
auユーザーはぜひ同じ金額なので
こちらのチケットを購入しましょう。

通常のチケット売り場の横にau WALLETチケット
専用販売ブース
があります。

ただファストチケットを格之進に並ぶために購入すると
土日祝日は

格之進のファストチケット行列」ができてしまう可能性も
あるのでは?と心配してしまいました。




格之進以外に混んでいたのは

Cheese Cheers Cafe 渋谷の
とろ~り溢れるラクレット 山小屋チーズの肉バーガー」です。

こちらは10人程度並んでいて、
私はラクレットというチーズが好きなので
思わず並んでしまいました。

ラクレットは「アルプスの少女ハイジ」に
出てくるあのとろけるチーズです。

それがこちらです。

たしかにラクレットはたくさんかかっているのですが
ホームページの写真と比べると

「ハンバーグが白い。チーズがかかっているからでなく
なぜか白い。」

「これで1400円か~。モスバーガーにラクレットかけた方が
良かったと思いました」

チーズの味は絶品でしたが、ハンバーグが
いまいちでした。(もしかすると高級ハンバーグなのかも
しれません。あくまで一個人の意見です)

次に購入したのが「肉処 天穂」の
「熟成佐賀牛A4・5ランク厚切りステーキ&焼しゃぶ」です。

こちらは肉フェス公式ページの写真ですが

実際に食べたのはこちらです。

国産のブランド牛でA5ランクであれば
内容量が少ないのはわかりますが、

公式ページと比べると
ステーキの枚数が一つ減って4枚で
肉が薄くてペラペラです。

公式ページには写真はイメージですと
書いてあれば別ですが、

ちょっとボリュームが少ない印象です。

もちろんおいしかったですよ。

他のお店でも国産とかA4、A5と書いてある
肉はボリュームが少ないのは覚悟しましょう。

実際に買いませんでしたが比較的
ボリュームがあるように見えたのが

「和牛屋敷焼肉 せんりや」の
熟成ブラックアンガス チャンピオンステーキ」でした。

食べていないので味はわかりませんが

こちらも6,7人並んでいたので
休みの日は結構混雑すると思います。

おそらく国産肉ではないので
(国産や和牛と書いていないので)
ある程度ボリュームがあるのだと思います。

※あくまでも他と比べてボリュームがあるように
見えただけです。

こちらは亀田興毅さんがPRしている肉です。

ちょうど会場にいた時に特設ステージで
亀田興毅トークショーが開催されていました。

しっかりとブラックアンガスチャンピオンステーキを
アピールしていましたよ。

このように並んでいた1400円のお店は

門崎熟成肉塊焼&格之進ハンバーグ:
②とろ~り溢れるラクレット 山小屋チーズの肉バーガー
③熟成佐賀牛A4・5ランク厚切りステーキ&焼しゃぶ
④熟成ブラックアンガス チャンピオンステーキ
⑤黒毛和牛A4、A5の厚切りステーキとバジルチーズソース

でした。

①は断トツでそれ以外はまだそれほど混雑していませんが
休日は長い行列ができると思います。

そして1部700円のお店もありますが、その中でも
一番人気だったのが

肉の五合 神楽坂店」の
トリュフ塩で食べる!南州うまか豚塩カツレツ」でした。

10人位並んでいました。

こちらはパンフレットと実際の物が同じでしたし
トリュフの塩を使って食べるのが初めてだったので
新鮮でした。

味も良かったです。

そしてもう一つ700円で食べたのは

肉フェスキッチン」の
とろける!イベリコ豚ベーコンステーキ」です。

こちらもパンフレットと同じようにボリュームがありました。

初日には誰も並んでいませんでしたが
「お腹いっぱい食べたい」
「予算が少ない」

という方にはおすすめの食べ物です。

そのほか700円の食べ物は餃子やから揚げなどが
ありましたが、

おそらく土日祝日は結構混雑すると思います。

初日にはテレビ局の取材がありましたので、
2日目以降はテレビ番組で紹介されたお肉に
殺到するかもという

初日とは違う行列ができる可能性はあります。

ただ29店舗のお店が並んでいるのに
ほとんどが1,400円(チケット2枚分)ですね。
ボリュームがないためお腹いっぱいになるには
3つ程買わないといけません。

(それか700円のものばかり食べるとか)

ただお店の方も出店料が高いので高級な肉を
1,400円で提供となると仕方がないのかもしれません。

ですがお台場でどの肉を食べようかと話をしながら、
たとえボリュームが少なくても

「おいしい!」と言いながら食べたり、
その場のにぎやかな雰囲気を味わうだけでも
楽しいと思います。

スポンサードリンク

まとめ

肉フェスは以前ような3時間待ちは無くなりましたが
まだ人気店は1時間待ちというのがあるので

ファストパスを買うとか計画立ててから行きましょう。

また飲食スペースは屋根がないので
太陽からの紫外線が気になる人や雨の日は注意しましょう。

肉フェスに行った後は
近くにはビーナスフォート、ダイバーシティ東京など

色々お買い物や遊ぶところが色々あるので
1日お台場で楽しめます。

また会場のそばには観覧車もあるので
是非時間がある方は乗ってくださいね。

5月17日(木)からは東京・立川でフードフェスティバル
「まんパク」がスタートします。

詳しくはまんパク2017東京・立川(昭和記念公園)の日程や前売り券、アクセス、混雑予想!

をご覧ください。

こちらは肉だけでなく全国からさまざまな人気ご当地フードが
堪能できます。

現在前売り券を販売していますので
こちらのイベントも検討してみてくださいね。



 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ