注文住宅と建売住宅の違いや注意点について!住宅展示場で気を付ける点は?

cf56b5d395607c64eb6f46220f340095_s

新築一戸建てを手に入れたい」と
思ったら真っ先に「住宅展示場に行けばいいや」と
考えていませんか?

もちろん展示場では住宅メーカ―の担当が
色々親切に教えてくれますが

行く前に最低限の知識がないと
担当者に言いくるめられる可能性があります。

まず注文住宅と建売住宅の違い
住宅工法についても色々あるのをご存知でしょうか?

購入したいけど何にもわからないから
展示場に行くのではなく

ある程度家について知ることによりメーカー側に
家のことに詳しい人だからきちんと
対応しないといけない」と思わせるようにしましょう。

私も3年前に家を購入しましたが何も知ることなく
住宅展示場に行って後悔したので

それらをふまえて住宅展示場に行く前に
最低限必要なことについてお伝えします。

スポンサードリンク

注文住宅と建売住宅の違いについて

新築一戸建てを購入すると決まった場合
大きく分けて建売住宅と注文住宅から
選ぶことになります。

建売住宅とは
土地と建物をセットで販売する新築の戸建て住宅の
ことです。

建物すべて完成してから販売する場合と
完成する前に販売する「青田売り」があります。

建売住宅のデメリットは
完成してから販売する場合は規格を決まっているので

割安ではありますが自分の意見は反映されず
工事の工程も見ることができないために

職人の技術や材料の品質のなどをチェックすることが
できません。

一方注文住宅とは

土地と建物を別々に契約し、住宅会社と相談しながら
図面を引いて作るオーダーメイド住宅のことです。

割高なイメージがあるかもしれませんが
すべて自分の希望で進められるのでお金をかけるところと

抑えるところをコントロールしてプランニングすることが
できます。

スポンサードリンク

注文住宅と建売住宅の注意点

決められた仕様の建物を何棟も造って売る
建売住宅

お客様から要望を聞いて作る注文住宅では全く違います。

建売住宅は些細な変更が発生した場合、
オプションといってその都度追加料金が
発生します。

間取りも決まっており、キッチン洗面台
壁のクロスから床材照明といった素材や

設備も必ずしも自分の好みのものになるとは
限りません。

また工事過程がわからないことが多いため
実際に使われている材質もわからず、

最悪のケースでは手抜き工事が行われている
こともあります。

私は仕事でさまざまな住宅メーカーを
回っていますが

材料については本当にピンキリです。

テレビCMもやっている住宅メーカーや
大手のメーカーだからといって必ずしも

良い材料を使用していると思っては
いけません。

価格によって材料の質を変えたりしているので
安い価格の家はもちろん安っぽい木材を使用しています。

逆にCMにお金をかけないメーカーの方が
国産のヒノキなどを使用して重みのある木材や
良い材料を使用している場合が多いです。

このように建売住宅には多くのデメリットがあります。
メリットは注文住宅よりは安いという点だけです。

では注文住宅であれば絶対に安心かというと
そうではありません。

中には注文住宅とうたっておきながら
実際は建売受託となんら変わらないような
家づくりもあります。

本来であれば注文住宅は全てオーダーメイドが
基本ですが、

なぜか一部のメーカーでは仕様や設備を決められた
規格の中から選ぶ形式もあり、

仕様を変更すると追加料金が発生します。
そもそもオプションという単語が出てくること自体
おかしなことです。

このような住宅メーカーに依頼をすることは
やめましょう。

このように建売よりも注文住宅がおすすめでは
あるのですが

注文住宅だから安心というのではなく
注文メーカー選びは慎重にしましょう。

注文住宅と建売住宅の違いがおわかりになりましたか?

これで注文住宅に行っても良いですが
できれば住宅の工法や断熱法、素材などについても
知っておくもおすすめします。

注文住宅は木造と鉄骨、RCどれが良い?木材や断熱工房はどれがおすすめ?

住宅展示場で気を付ける点は?

注文住宅に決めたらすぐに住宅展示場に
行く人も多いと思いますが

注意しなければならない点があります。

それは住宅展示場のモデルハウスは
見栄えを考えて通常よりもグレードの高い仕様や
設備で造られていて

実際にその通りに建てようとすると
オプション料金が発生することもあります。

どの住宅メーカーもモデルハウスにお金をかけるので
材料はどのメーカーが良いものを使用しているのかは

全くわかりませんし全てのメーカーが同じように
良く見えてしまいます。

最終的に家の良し悪しではなく
「あの営業マン感じよいから」なんてことで
決めてしまいかねないです。

また建物だけでなく営業マンにも注意が必要です。

良い営業マンももちろんいますが

今はキャンペーン中なので今月中であれば
安く購入できますが、来月になると高くなるので
早い方がお得です。

このような営業トークの人は信用してはいけません。

「いつまでに返事をしてほしいというセリフには
気をつけてください。

その他ひんぱんに訪問して来るような営業マンも
あまり信用しない方が良いです。

特にアポを取っていない、あるいは突然訪問するような
営業マンには気をつけるようにしましょう。

営業マンは家を売らないと給料が減ってしまうし
件数が少ないと会社にもいずらくなる(またはクビになる)
ので仕方がない部分もありますが

中にはお客様の立場を考える会社や積極的に営業しない
所もあるので大手だけでなく地元で評判の良い
会社を見つけるようにしてください。

まとめ

注文住宅と建売住宅の違いがわかりましたでしょうか?

値段を考えたり、住みたい場所に家があると
「建売住宅でもいいかな。」と思うかもしれません。

ただそれだけの理由で購入するのであれば
考えなおした方が良いです。

注文住宅の価格は建売住宅よりも高くなってしまいますが
建築後の家を維持するための費用を考えると

はじめから機能性の高い家を建てた方が
結果的にコストが安くなります。

質の高い理想の家は注文住宅でないと実現は
難しいです。

最初から建売で良いという場合は仕方がないですが
どちらにしようか悩んでいる方は

注文住宅がおすすめです。

注文住宅でも安心!値段の適正相場を比較

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ