カット野菜は危険?消毒の安全性と中国産が多い理由!

d32a772ab702ad3a65e366006b567279_s
カット野菜は忙しい人には手間が省けてとっても
便利ですね。

ただ、全てとは言いませんが多くのカット野菜は
安全性(消毒)産地(中国産)で問題があると言われおり
実際にそれらが本当なのかについてお伝えします。

カット野菜の消毒に次亜塩素酸Naを今も使用?

家庭でカット野菜を切るとそのままにしては
もちろん冷蔵庫で保存しても

数時間で変色したり、あるいはしおれてしまったり
することが普通です。

ではスーパーやコンビニなどで販売している
カット野菜はどうでしょうか?

購入した後1~2日間はパリッとしていて
色鮮やかなままですか?

そこで多くのサイトなどで紹介されているのが

「カット野菜を消毒する際にプールなどの
消毒にも使用する次亜塩素酸ナトリウム(Na)
水溶液で野菜を漂白・殺菌して
カットした後にも再び次亜塩素酸Na

退色防止剤のビタミンCが入った溶液に浸けてから
水洗いされている」という内容です。

これは「次亜塩素酸Naを使用して殺菌消毒すれば
野菜の変色はない
」という仮定に基づいている
わけですが

本当に次亜塩素酸Naのプールに野菜を浸している会社
なんて今でもあるのでしょうか?

以前食品メーカー(カット野菜は取扱いしていませんが)
に勤めていた私は食品問屋の担当者にたまたま

カット野菜の消毒方法について聞いたことがあり
その話では

野菜の変色を防ぐには温度管理と脱気だよ。」と
教えてくれました。

今では低温管理した現場でカットして
冷水で洗浄した後

水気を飛ばしてパック詰めする際に
脱気、または真空でパックするという
会社が多いようです。

そして冷蔵で出荷をしてスーパーなどでは
冷蔵売場に置いてあるはずです。

試しにカット野菜を家で開けて放っておくと
数時間後には黄ばんでくるはずです。

また、最近では安全性の高いオゾン水
電解水で殺菌・消毒している会社もあるようです。

このように最近ではカット野菜の消毒法が
変わってきています。

自分の食べるカット野菜がどんな
消毒法を利用しているのか
変わらないのが不安ですね。

もし万が一次亜塩素酸Naを使用したとしても
加工助剤」の場合は原材料表示が
免除されるので
メーカに問い合わせはしないとわかりません。

「加工助剤」とは当該食品の完成前に
除去されるもの

今では次亜塩素酸Naは全く使用されていない
というわけではないようですが

多くのカット野菜の消毒に関しては
以前と比べるとかなり安全性が高くなっているので

消毒に関してはそれほど心配ないようです。

私は消毒よりも農薬の方が気になります。

スポンサードリンク

カット野菜の栄養素は残る?

野菜に含まれている栄養素は水溶性のものが多く
殺菌剤液に浸けたり洗浄したりする間に

流出してしまうので普通に食べる野菜よりも
栄養価は劣ります。

ただ脂溶性のビタミンA,D、Eなどの
水に溶けにくい栄養素は残ります。

また時間とともに減る傾向の栄養素も
あるので

カット野菜を購入したらできるだけ
早目に食べるようにしてください。

カット野菜はほとんどが中国産?

生鮮食品は産地表示が義務付けられています。
ただカット野菜のように複数の野菜がミックスされた
商品の場合、

全体の重量の半分以上を超えなければ
必ずしも産地を表示する義務はありません。

例えばキャベツが全体の半分でそれ以外の
5種類の野菜が10%ずつ含まれている場合は

キャベツのみの産地表示だけで良いのです。

となるとキャベツ以外は中国産野菜を使用している
場合が多いです。

また例えばキャベツ、タマネギ、ニンジンの割合が
40、30、30%だった場合
どの野菜も産地表示の義務は必要ありません。

最近は消費者の目が厳しいので多くのスーパーでは
カット野菜の産地表示をしているところも多いですが

中国では日本向けのカット野菜の工場が増えている
現状を考えると

日本で多くの中国産野菜のカット野菜が
販売されているようです。

特に外食産業(ファミレスなど)
提供されているサラダは表示義務もないので

一部を除いてほぼ中国産だと思ったほうが
良いでしょう。

中国産に関しては全てがダメとはいいませんが
昨今の食品偽装や食品工場での事件や事故を

ニュースなどで見ると安全とは言い難いです。

まとめ

カット野菜に関して次亜塩素酸Na
使用しているから危ないという話が
広まっていますが

現在は使用しているメーカーは少なく
安全に管理しているので心配はないですが

産地に関してははっきりと場所が書いてある
カット野菜以外は中国産を使用していると
考えた方が良いでしょう。

栄養に関しては全くないという訳では
ないですが水溶性のビタミンは
ほとんど含まれていないのと

残っている栄養素も時間が経つに
つれて無くなってしまうので

早目に食べるようにしてください。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ