水素水の効果や効能!ダイエットや美容、健康などに効く理由!

pak51_supurasyumizuthumb1000xauto15

テレビの人気番組「世界一受けたい授業」でも
紹介されたように

水素水がとても注目されています。

一見単なる水と変わりないように見える
水素水がなぜダイエット美容、健康などに

多くの効果や効能があるのかをお伝えします。

スポンサードリンク

水素水が体に効く理由!

私たちは歳をとるにつれて
●疲れやすくなる
●「シミ」や「しわ」などが増える
●生活習慣病など病気にかかりやすくなる
●お酒が抜けにくくなる
(二日酔いになりやすい)

といった傾向が強くなりますが

これらは全て体がサビている証拠、
つまり「老化現象」です。

サビは体内で発生した活性酸素によって
細胞が酸化されることによって起きますが

酸化によって細胞が傷つくと
老化病気の原因となります。

それならば「活性酸素を発生させないような
生活をすれば良いのでは?」と思う方も
いるかもしれませんが

私たちの生活は常に活性酸素を発生しやすい
環境に置かれています。

活性酸素が発生する原因は
●早食いや大食い
●太陽の紫外線
●車などの排気ガス
●仕事や私生活におけるストレス
●不規則な生活

などが挙げられ、これらの原因によって
体内の活性酸素が増えていきます。

ただ活性酸素には全てが悪いのではなく
大きく分けると善玉悪玉2種類に分けられます。

善玉活性酸素
●血管や精子をつくる
●神経機能の向上
●殺菌作用
●免疫力アップ
などの効果が期待できます。

悪玉活性酸素は先程紹介したように
老化や病気の原因になるため

活性酸素を除去が必要なのは
悪玉活性酸素なのです。

この悪玉活性酸素をやっつけるには
ビタミンC,E、ポリフェノールなどの

抗酸化物質が必要とよく言われるのは
ご存知でしょうか?

ただこれらの抗酸化物質は善玉活性酸素までも
やっつけてしまうのです。

ところが水素は悪玉活性酸素のみ
除去してくれます。

それだけではありません。
水素は宇宙で一番小さい分子ですが

小さいことによって血液と脳をつなぐ
血液脳関門を通過できます。

水溶性のビタミンCは脂でできている
細胞膜にシャットアウトされますが

気体の分子の水素は細胞内のどこにでも
入っていくことができます。

特に脳にまで入っていける抗酸化物質は
水素だけです。

このような水素の特徴により
水素水が健康や美容、そしてダイエットにも
効果をもたらしてくれるのです。

スポンサードリンク

水素水の驚くべき効果効能

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水素水には多くの効果や効能が期待できます。

①水素水のダイエット効果

水素には遺伝子のスイッチをオンにする
機能があり

タンパク質を産生させる脂肪を燃やすための
遺伝子スイッチにも作用することが
わかっています。
(効果は1日持続します)

また水素水を飲むことで
肝臓からエネルギー代謝を上げる
ホルモンが多く分泌されるようになりますが

これがインスリンの効果も上げるので
まだ実験段階ではありますが

糖尿病予防の可能性が高いと
言われています。

さらに水素は脂肪をもやす働き
あり人間の細胞全てに存在する
ミトコンドリアを活性化させます。

ミトコンドリアは脂肪を燃やす際に
必要な酸素も増加させるので

水素水を飲むことで脂肪が燃焼しやすい
状態になってやせやすい体質になります。

現在はまだ動物実験の段階ですが
その実験では水素水を飲ませたマウスは

筋肉の量が増えて内臓脂肪、皮下脂肪は
ともに減少したという結果が出ています。

②水素水の美容効果

水素水は先程紹介したように
悪玉活性酸素を除去すると
説明しましたが

美しさをキープするために
一番の障害は老化の原因となる
悪玉活性酸素です。

水素水を飲むことにより分子の小さい
水素が体内のさまざまところに存在する

悪玉活性酸素を取り除いてくれるので

シミやしわ、たるみなどを
予防・改善してキレイな肌にしてくれます。

また水素には抗炎症作用もあるので

ニキビ吹き出もの、かぶれ、やけどといった
炎症による肌トラブルの解消にも有効です。

そして最近ではアトピー性皮膚炎
有効であるというデータも出てきているので
今後の研究が期待されています。

このように肌のトラブルの場合は
飲むよりも水素水を直接肌につける
ようにしましょう。

水素水の健康効果

悪玉活性酸素は肌の老化だけでなく
さまざまな病気の原因となります。

現在かなりのスピードで水素治療の研究が
進んでいますが

動物実験や人体実験で多くの結果報告が
出ています。

動物実験による結果報告

脳神経
●認知症
●パーキンソン病
●脳浮腫
●外傷性てんかん

目・耳
●白内障
●未熟児網膜症
●難聴

血液系
●異常ヘモグロビン症
●薬物性貧血

腫瘍
●がんの発生
●がんの転移
●がんの化学療法と
放射線治療の副作用

内分泌代謝
●糖尿病
●肥満

循環器系
●動脈硬化
●脳卒中(脳梗塞)
●心筋梗塞

呼吸器
●慢性閉塞性肺疾患
●ぜんそく
●肺気腫
●呼吸窮迫

泌尿器
●糸球体腎炎
●薬物性腎障害

消化器系
●肝炎
●すい炎
●胃潰瘍
●潰瘍性大腸炎
●クローン病

その他

●自己免疫疾患
●膠原(こうげん)病
●リウマチ
●アレルギー(花粉症・アトピーなど)
●痛風
●歯周病

そして人を対象にした論文も
最近では発表されています。

●血液透析
●脳梗塞
●ミトコンドリア病
●放射性治療の副作用
●糖尿病
●運動による易疲労性
●エリセマトーデス
●リウマチ
●パーキンソン病
●軽度認知症
●LDLコレステロールの低下

このように多くのデータが
どんどん発表されています。

また水素水の抗炎症作用により

肩こり筋肉痛にも効果があると
言われています。

その他二日酔いの改善
体が疲れにくくなるなど

本当にいいことづくめなのが
水素水なのです。

まとめ

このように水素水には
さまざまな効果が期待できると
言われています。

ただ水素水に関してはたくさんの
種類の商品が出ていますが

水素水なのにほとんど水素が入っていない
商品もあるので購入する際には
注意が必要です。

水素水の選び方とおすすめの商品を
下記紹介しています。

水素水の選び方とおすすめはアルミパウチ、サーバー、スティックのどのタイプ?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ