水素水の正しい選び方!おすすめはアルミパウチ、サーバー、スティックのどれ?

rp_pak51_supurasyumizuthumb1000xauto15-300x199.jpg

テレビや雑誌で紹介されて今注目されているのが
水素水ですが手軽に飲めるドリンクタイプから

サーバータイプまで本当にたくさんの種類が
販売されていますね。

ただ問題は水素水の見た目が水と変わらなく
無味無臭のため選び方を間違えると

全く水素が入っていない商品を購入して
しまう場合があります。

今日は失敗しない水素水の選び方や
おすすめの商品を紹介します。

関連:水素水の効果や効能!ダイエットや美容、健康などに効く理由!

スポンサードリンク

水素水の正しい選び方

水素水は水素濃度の基準がないため
ほとんど水素が入っていない商品でも

「~の水素水」と販売しても問題ありません。

そのため効果が期待できない程少量しか
水素が入っていない商品もあります。

ではどのくらい水素が入っているのが
おすすめかというと

水素がどれくらい水に溶けているのかを
表す「溶存水素濃度」の最低基準が

0.8ppmと分子状水素医学シンポジウムで
提唱されました。(あくまでも最低です)

1ppmは1ℓの水に1㎎の水素が溶けています。

最近の研究でも体質改善などに効果的なのは
やはり0.8ppm以上の溶存水素濃度であると
言われるようになってきています。

ただ水素は宇宙で一番小さい分子
できているため容器をすり抜けて
少なくなってしまう可能性があります。

水素水を製造した時点では
0.8ppmあったとしても

商品が到着して飲む段階には
減ってしまっていることが多いため

そうなると最低でも溶存水素濃度は
1ppm以上の水素水を選びましょう。

スポンサードリンク

水素水はペットボトルではなくアルミパウチがおすすめ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

水素水が入っている容器に関しては
ペットボトルは論外です。

工場から出荷の時点で水素が表示通り
入っていたとしても

飲む時点でほとんど水素は抜けてしまっていると
考えたほうが良いです。

おすすめはアルミ製のパウチ容器
真空状態にあれば水素は逃げにくく
高い濃度を保つことができます。

同じアルミ製でもボトルタイプの場合は
水とキャップの間の空間のすき間から
少量の水素が抜け出てしまいます。

ただアルミ製のパウチも完璧というわけではなく
飲み口のプラスチックの部分から

次第に水素が抜け出してしまうので
一度開封したらできるだけ早く飲み切るように
しましょう。

また溶存水素濃度とともにチェックしたい
ポイントがその「水素水」の「」です。

多くの商品はただ原材料名で水と書いてある
ものが多いですが

~の天然水」などきちんと表記している商品
もあるのでそこの部分も目を配りましょう。

水素水の初心者の方はまずアルミ製の
パウチタイプをおすすめします。

アルミパウチのドリンクタイプおすすめ水素水

トラストウォーター3.0ppm

top_mv01_product

アルミパウチの中では業界最高レベルの
水素濃度3.0ppmです。

通常一気圧の飽和濃度は1.6ppmが限界ですが

トラストウォーターは独自の充填技術で
水素濃度3.0ppmを実現しています。

この3.0ppmという数字は充填時ですので
実際に飲む場合通常の飲み口がついている
アルミパウチですと

かなり水素が減っているのですが

トラストウォーターは飲み口がなく、

特許を取得した特殊な4層構造アルミパウチ容器
水素ができるだけ逃げないようになっているので

水素の量を気にすることなく安心して
飲むことができます。

また「」にもこだわりがあり
九州アルプスである大分くじゅう連山

天然地下水を精製した純度の高い軟水を
利用しています。

このように水素水を選ぶ際の基準を高い
レベルでクリアしている

トラストウォーター3.0ppmは今一番
おすすめの商品です。

内容量1本400ml

通常価格は7本入りで3,600円(税込)に
送料1,000円 代引手数料420円で
合計5,020円で

1本当たり約714になりますが

初回購入価格は全て込みで1,800円です。

1本当たり257なので

まず水素水を飲んで効果があるのか
試してみたいという方におすすめです。

高濃度水素水トラストウォーターホームページ

染みわたる水素水

e881e18a

こちらは発売180日23万本を売り上げたヒット商品です。
水素濃度も2.2ppm(充填時)と高いです。

4層構造アルミパウチ容器で水素が抜けない容器に
なっていますが飲み口があるタイプなので

その点はトラストウォーターの方が水素が
抜けにくいです。

ただ完全受注生産なので作り置きしていなく
常に新鮮な水素水を飲むことができます。

もちろん「」もこだわっていて
日本の名水100選にも選ばれた

熊本の「菊池渓谷の天然水」を使用して
いるので名水の天然水を飲むことができるのが

うれしいですね。

内容量500ml

通常購入30本で12,600円(送料手数料込み)
1本当たり420円、

初回お試し12本で1,980円
1本当たり165円

ここから定期購入に移行すると
初回定期購入が30本で6,300円
1本当たり210円

そして通常購入が30本で12,600円
1本当たり420円です。

初回購入ですとトラストウォーターが
安いですが

トラストウォーター420ml、
染みわたる天然水は500mlですので

100mlで換算すると
通常購入であれば染みわたる天然水が
断然お得です。

お試しではなく通常も飲むようでしたら
染みわたる天然水がおすすめです。

健康名水【浸みわたる水素水ホームページ】

ただやはり他の商品もそうですが
継続するというのであれば

水素水サーバーが初期投資は
高いものの1本当たりの金額が
安くなります。

おすすめの水素サーバーは下記で紹介しています。

水素水のスティックタイプはおすすめ?

最近はスティックタイプの水素水も人気があります。
自宅で使用している水に触媒として

金属マグネシウムが内臓されているスティックを
いれるだけで簡単に水素水が生成できます。

価格もお手頃で何回か使いまわしできるというのが
メリットです。

市販の水素水スティックの中には高濃度の
水素濃度を宣伝しているものもありますが

水温などによって水素の発生量が変わるため
水素含有濃度が常に一定ではありません。

今のところ常温・常圧の水の中では
最大で約1.6ppmの水素しか溶存できないと
言われています。

またマグネシウムの影響で金属臭が残り
水の風味が損ねてしまう場合があるのと

水酸化マグネシウムなどの金属イオンを
同時に摂取にすることになると言われおり

それらが体内に蓄積すると健康を害する
可能性が高くなるとも言われているので
あまりおすすめできません。

水素水サーバー(水素水生成器)はおすすめ?

先程水素水初心者の方にはアルミパウチの
水素水がおすすめと言いましたが

水素水を飲んで効果があると実感された方は
水素水サーバー(水素水生成器)がおすすめです。

確かにアルミパウチはペットボトルに
比べれば断然水素が抜けにくいのですが

それでも完全に防ぐことができません。

水素水サーバーであれば家庭でいつでも
飲みたいときに新鮮な水素水を生成できますし

高額なので初期投資はかかってしまいますが
長期的に見ると1杯当たりの価格は
安くなります。

ただしこの水素水ブームに便乗した粗悪品も
販売されているので注意が必要です。

最近は数万円程度の安い水素水サーバーも
発売していますが

水素濃度が0.8未満のものがほとんどです。
(今後の新商品に期待しましょう)

また30万円以上する水素サーバーも
ありますがなかなか手を出すことが
できない人も多いでしょう。

そこでおすすめなのが
ルルド」です。

pro_25

水道水直結型ではなく
家の中で持ち運びが自由なポットタイプです。

水素サーバーは浄水を電気分解して
水素水を精製するタイプが多いですが

ルルドは分離生成方式といって
直接飲用するものを電気分解せずに

装置で生成した水素を飲用水に
供給するタイプの水素水生成器です。

pro_39

この働きにより生成から12時間経過しても、
1.0ppm以上を持続させることができます

また浄水だけでなく、RO水、
コーヒー、紅茶など幅広い飲み物に
水素を充てんできます。

そしてこのサーバーのスゴイのは
オゾン水も生成できることです。

オゾン水はアルコールの7倍以上の殺菌力があり
「手洗い・うがい」
●「口臭予防・口腔ケア」
●「排水口や水回りのヌメリ除去」
●「野菜や魚介類の洗浄」
●「キッチン・トイレ・お風呂の殺菌・消毒」
●「ペットケア」

などさまざまな用途があります。

価格は15万9千円ですが同じような性能のものは
30万円以上もしますし

追加でかかる費用は9ヶ月ごとに
カートリッジ交換(3,056円)と電気代だけです。

電気代も省エネタイプで12時間連続使用しても
わずか5円です。

オゾン水ができるのもルルドだけですので
今一番おすすめのポットタイプの水素水サーバーです。

アルミパウチタイプの水素水よりも
使用すればするほどお得になります。

ちなみにおすすめのトラストウォーターを
通常購入だと毎日1本飲むとすると

月約15,000円なので10ヶ月程度で
元がとれてしまいます。

ただ問題は人気商品のため2~3か月待ちの
状態です。

今後ますますテレビなどで水素水が
取り上げられることが多くなり

さらに生産が間に合わなくなる可能性があります。

欲しいと思った方はすぐに注文してくださいね。

【水素水サーバールルド】

まとめ

水素水をまだ飲んだことがない方は
まず手に入れやすいドリンクタイプを
初回購入でお安く手に入れましょう。

その際は水素濃度が1.0ppm以上の水素水を
選らんでください。

またペットボトルではなく必ずアルミパウチ
容器のもので

できればどのような「」を使用しているか
はっきりしている水素水がおすすめです。

そしてある程度水素水を飲んで効果が実感できれば
初期投資が必要になりますが

継続的に飲むならば水素水サーバーがお得なので
変更することをおすすめします。

美容・健康・ダイエットに効果があると言われている
水素水を一度飲んでみてくださいね。



関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ