電力自由化!マンション・アパートの電気の契約は自由に選べる?

17b53369a9ae4d4b097224225a8ed3d5_s

 

今まで電気は地域ごとに決められた電力会社との
契約でしたが

2016年4月からは資源エネルギー庁に申請している
300社以上の新規参入企業から

自分たちの生活にあった多彩な電力プランを
選べるようになりました。

そこで疑問に思うのが
「電力自由化は戸建て住宅だけで
マンションやアパートでも自由に変更は可能なのか?」
ではないでしょうか?

マンションやアパートに住んでいても
電力自由化のメリットがあるのかについて紹介します。

スポンサードリンク

マンションやアパートでも電力会社は選べる?

マンションに住んでいる場合の電気の契約は
一括受電契約」する場合と

「個別に契約」する場合があります。

「一括受電契約」とはマンション全体が管理組合などを
通じて電力会社と一括で契約することを言います。

この場合は個別に電力会社を切り替えることは
できません。

一括受電契約は分譲マンションの場合が
多いですが、

個別契約の分譲マンションも結構あるので
管理組合などに確認するようにしましょう。

「一括受電契約」でどうしても契約する
電力会社を変更したい場合は

オーナーに相談したり管理組合に個別契約の
提案をしたりすると

一括受電契約から個別契約に移行する可能性も
あるのでまずは相談してみましょう。

一方賃貸マンションやアパートは
個別に電力会社と契約しているので

問題なく電力会社を自由に選んで切り替えることが
可能です。

また電気のメーターはマンションやアパートの
持ち物ではなく電力会社のものです。

このためスマートメーターへの変更も
問題はありません。

スポンサードリンク

一括受電契約と個別契約どちらがお得?

今回の電力自由化で

●個別契約から一括受電契約へ

●一括受電契約で電力会社を変更する

●一括受電契約から個別契約へ

などに変更するマンションもあると考えられますが
それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか?

一括受電契約はマンションの共有部分の電気料金が
安くなる
ので管理費用を抑えられるというメリットが
あります。

個別契約の場合は自分の家の電気の使い方に合った
電力会社やプランを自由に選ぶことができるのがメリットです。

一括受電契約で安くなる管理費用の額と
自由に選んだ新しい電気料金プランで削減できる電気代の額は

マンションの大きさや戸数、各家庭の電気の使用状況によって
異なるのでどちらがお得とは言えませんが

住んでいるマンションが一括受電契約をするという
話が出た場合は個別の場合と比べて本当にメリットがあるのか
考えるようにしましょう。

マンションやアパートの電気の切り替えの手順は?

電力自由化後で新しい電力会社へ切り替えたい場合の手順は
以下のような流れになります。

①切り替え先の電力会社に申し込みします。
(電話やネットからの申し込み)

②現在契約している電力会社への解約手続きは
切り替え先の電力会社に手続きをするので
連絡の必要はありません。

③スマートメーターの設置
まだスマートメーターが設置されていない場合は
切り替え申し込み後にお住まいの地域の電力会社から
工事日の連絡が来ます。

※スマートメーターの切り替えには原則費用はかかりませんが
工事に伴う費用が発生する場合があります。

まとめ

個別契約の場合はたくさんの電力会社から
どれを選べば良いのか本当に悩みますね

その場合電力比較サイトエネチェンジ
で住んでいる家にあった216の料金プランから
選ぶことができます。

是非参考にしてください。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ