ジュースなどに含まれる果糖ブドウ糖液糖の危険性!血糖値急上昇に注意!

de382e11272a13e0d4cd621184bb2cdd_s

「果糖ブドウ糖液糖」という原料を知っていますか?

コーラやファンタなどの炭酸飲料や
ポカリスエットなどの清涼飲料、
甘いジュースやデザートなどにも入っている

砂糖の代わりに使用される原料ですが
過剰に摂取すると小さいお子さんにはもちろん

血糖値が高い人も注意しなくてはなりません。

果糖ブドウ糖液糖の摂り過ぎには注意する必要がある
理由を紹介します。

スポンサードリンク

果糖ブドウ糖液糖とは

果糖ブドウ糖液糖の原料はでんぷんです。

トウモロコシやジャガイモなどのでんぷんを
分解して得られたブドウ糖

ブドウ糖の一部を酵素によって果糖に異性化させた
化学物質です。

※果糖ブドウ糖液糖は食品添加物ではありません。

なぜブドウ糖の一部を果糖に変えるのかというと
ブドウ糖だけでは甘くないためです。

ブドウ糖砂糖7割程しか甘みがありません。
逆に果糖砂糖1.3倍程の甘みがあります。

そのためブドウとの一部を果糖に変えて甘味料と
なりますがこのような化学物質を異性化糖
呼びます。

実際にコーラの裏に表示されている原材料を見ると
一番最初に「果糖ぶどう糖液糖」が書かれています。

またヤクルトの原材料を見ると「ぶどう糖果糖液糖」と
表示されています。

これらの違いは
果糖含有率が50%以上90%未満のもの=果糖ブドウ糖液糖
果糖含有率が50%未満のもの=ブドウ糖果糖液糖

ということでブドウ糖よりも果糖のほうが甘いので
コーラなどに使用されている果糖ブドウ糖液糖の方が
甘い原料と言えます。

スポンサードリンク

果糖ブドウ糖液は血糖値を急激に上げる

果糖ブドウ糖液糖の一番怖いところは血糖値を
急激に上げてしまうことです。

砂糖も血糖値を上げますが、
砂糖は体内でブドウ糖と果糖の2つに分かれて
吸収されます。

しかし果糖ブドウ糖液糖は最初からブドウ糖と
果糖に分かれているので、

あっという間に吸収されて血糖値がハネ上がって
しまいます。

ブドウ糖は栄養分として点滴に使用されますが
点滴のブドウ糖の濃度は全体の5%未満です。

一方コーラや甘いジュースなどは1割以上
含まれています。

コーラなどの飲み物の原料表示でたいてい
一番最初に書いてあるのが

果糖ブドウ糖液糖です。

500ミリリットルの飲料の中には
果糖ブドウ糖液糖はおよそ50ml以上は
含まれています。

これは砂糖50g相当のカロリー、
つまり200キロカロリーが入っています。

実際に500ミリリットルの水に
果糖ブドウ糖液糖を混ぜるとかなり甘くなります。

おそらく多くの人が「こんな砂糖水甘くて飲めない」
という感じになるはずです。

ですがこの砂糖水に「酸味料」「香料」を入れると
あら不思議!とっても飲みやすくなるのです。

このように今の飲料水はとても飲みやすいように
工夫をしているので飲み過ぎに気をつけなくては
なりません。

夏の暑いときに熱中症にかからないようにと
ポカリスエットやアクエリアスなどの清涼飲料水を
いつも以上に飲むことがありますが

果糖ブドウ糖液糖が多く入っているので
飲み過ぎには注意しないといけません。

※熱中症には経口補水液がおすすめです。

空腹時にこのような糖度の高いものを飲んだら
血糖値が一瞬にして上がってしまい

そして急激な上昇は糖尿病の原因になって
しまいます。

そして血糖値が高い大人だけでなく
最近は小学生や中学生で糖尿病になってしまう
子どもも増えてきています。

ブドウ糖のとりすぎによってインシュリンが
おかしくなってしまうのです。

では同じコーラでもコーラゼロやトクホのコーラの
方がカロリーが低いのでそちらを飲めば良いのでしょうか?

コーラゼロやトクホのコーラは安全?

砂糖の代わりに果糖ブドウ糖液糖を使用している
コーラですがそれではコーラゼロやトクホのコーラは

何を使用して甘みを出しているのかというと
アスパルテーム
スクラロース
アセスルファムK

などの人工甘味料を使用しています。

これらの甘味料はどれも人体に悪影響を及ぼす
可能性があると言われています。

もちろんこれらの甘味料の含有量は少ないのですが
あまり子どものうちからは飲ませたいない成分です。

糖尿病の人や血糖値が高い人には
コーラゼロやトクホのコーラの方が普通のコーラよりは
良いと思いますが、

それでもまだましという程度でおすすめできるという
ことではありません。

どのコーラもほどほどにするようにしましょう。

まとめ

果糖ブドウ糖液糖は飲み物やデザート、お菓子など
多くの食べ物に含まれています。

人工甘味料のアスパルテームなどのように
毒性は全くありませんが

血糖値を急激に上げる作用があるので

糖尿病や血糖値の高い人、子どもにも
あまり積極的に摂らせたくない原料です。

全く飲んではいけないわけではありませんが
過剰摂取にはきをつけてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ