五輪の金メダルの報奨金!日本と海外の違いや競技別の賞金の差は?

yjimage (1)

まもなくリオ五輪が開催されますが
メダルを獲得するとその報奨金は国から
支給されます。

それ以外にも競技によっては国からとは別に
その協会やスポンサーなどから支給される
報奨金もあります。

今回は日本と海外の金メダルを獲得した時の
報酬額の違いと

協会などから支払われる日本の競技別のメダルの
報奨金について紹介します。

スポンサードリンク

五輪の金メダルの報奨金の日本と世界の違いについて

91b2b56c2dd5129e39e367084381e95c_s

日本は金メダルを獲得するとJOC(日本オリンピック協会)から
ロンドン五輪までは300万円でしたが、

今回のリオ五輪から500万円に増額が決定しました。
銀メダル200万円銅メダル100万円の変更はありません。

ちなみに団体競技でも金メダルを獲得すれば一人ずつに500万円が
支給されます。

それはそうですよね。団体競技で11人のサッカーになると
一人50万円もらえないとなってしまいますし、

実際は11人ではなく控えの選手を含めると18人ですから
もっと少なってしまいます。

では外国ではいくらもらえるのでしょうか?
(通貨の変動があるのであくまで参考です)

●シンガポール 約6,300万円

ただシンガポールは今まで金メダルの獲得がなく
銀メダルが最高なので可能性が低いからこその
金額なのでしょうね。

●タイ 約3,000万円

タイの場合は3000万円もあれば
一生優雅に暮らせる金額ですが

浪費を防ぐために報奨金の大半は
20年の分割で支払われます。

●マレーシア 約2600万円

このほかにも年金が支給されて
金メダルの場合は月に約12万円の支給があります。

●イタリア 約1,500万円
先進国の中ではトップですね。
イタリアは財政事情よくないはずですが
太っ腹ですね。

●ロシア 約1,000万円
今回はドーピングでほとんど選手が出られなくなって
しまいました・・・。

●ドイツ  約150万円
ロンドン五輪ではヨーロッパ圏で使用できる
航空券2枚が贈られたようです。

●中国 約600万円
中国は国以外にも所在している地方の政府からも
国と同じくらいの報奨金がもらえるようです。
(地域によって差があり)

●韓国 約450万円

男子は兵役免除がありますが、だからといって
金メダル獲得後すぐに引退すると兵役の義務が
生じるそうです。

兵役の3年はスポーツに打ち込めということなのでしょう。

●アメリカ 約250万円

アメリカは思ったより少ないですが、
さらに課税されます。

報奨金には所得税の最高税率である35%
適用され、なんとメダルも金品とみなされ
課税の対象となるので

結局約100万円ほど税金を取られるようです。

もちろん日本は非課税です。

●イギリス 0円

全くもらえないのですね・・・。

前回のロンドン五輪では金メダリストの写真の入った
ロイヤルメールの記念切手を作成し、

金メダリストの故郷のポストを金色に塗り替えたようですが
選手にとっては「???」ですね。

また中東非公表の国が多いですが
1億円程度を支払ってアフリカ人に国籍を取らせて

五輪に出場させる国も多いので報奨金は
かなりの額(1億円?)をもらえるのではないでしょうか?

同じく北朝鮮も非公表ですが、金メダルを獲得すると
一生安泰という話も聞くので、お金以外にも家を
与えられたリするのでしょうね。

スポンサードリンク

日本の競技別JOC以外からの報奨金は?

先程オリンピックでメダルを獲得するとJOCから
○金500万円
○銀200万円
○銅100万円
を支給されると紹介しましたが、それ以外に

競技によって競技団体や所属する会社、
そしてスポンサー企業からの報酬もありますので
競技別に紹介します。

●水泳

日本代表オフィシャルパートナーのGMOクリック証券から支給

金メダル3000万円
銀メダル300万円
銅メダル100万円

日本水泳連盟から支給

金メダル200万円
銀メダル100万円
銅メダル50万円

※リレーの場合は4分割

つまり金メダルはJOC300万円、GMOから3,000万円、
水泳連盟200万円と合計3,500万円もらえることに
なりますね。

●自転車 日本競輪選手会から支給

金メダル3,000万円
銀メダル2,000万円
銅メダル1,000万円

●陸上 日本陸上競技連盟から支給

金メダル1,000万円
銀メダル600万円
銅メダル400万円

4位以下も支給はあるそうで

さらにコーチにも

金メダル300万円
銀メダル200万円
銅メダル150万円支給されます。

ケンブリッジ飛鳥選手は日本選手権の100m
9秒台が出れば所属先の㈱ドームから1億円
報奨金がもらえる予定でしたが

10秒を切ることができなかったので
リオオリンピックで是非9秒台を出してほしいですね。

●バトミントン 日本バドミントン協会から支給

金メダル1,000万円
銀メダル500万円
銅メダル300万円

●卓球 日本卓球協会から支給

シングルス
金メダル1,000万円
銀メダル400万円
銅メダル200万円

団体
金メダル400万円
銀メダル100万円
銅メダル40万円

●テニス 日本テニス協会から支給

金メダル800万円
銀メダル400万円
銅メダル200万円

ダブルスは半額ずつ支給。

テニスの場合は4大大会を優勝すると
1億円以上の賞金がありますが

それと比べるとかなり差がありますね。

ただ錦織選手が金メダルを取ったら
スポンサーがたくさんお金を出しそうです。

オリンピックは賞金よりも名誉なのでしょう。

そうなるとゴルフも金メダルではいつもの優勝賞金と
大きな差があるので、

辞退した理由は治安の不安やジカ熱、過密日程なども
言われていますが、

報奨金の少なさも理由の一つかもしれませんね。

それと比べると錦織選手も過密日程なのですが
やはりスポンサーの関係もあるのでしょうか?

ウィンブルドンでケガをして体調が万全でないにも
かかわらず、出場を決めたのはスゴイなと思いました。

●射撃(ライフル) 日本ライフル射撃協会から支給

金メダル500万円
銀メダル300万円
銅メダル200万円

●女子バレー日本バレーボール協会

金メダル300万円
銀メダル200万円
銅メダル100万円

●レスリング 日本レスリング協会から支給

金メダル300万円
銀メダル200万円
銅メダル100万円

前回のロンドン五輪では3連覇の吉田沙保里選手
伊調馨選手は報奨金1,000万円超が支給されたようですが

今回は4連覇がかかっているので同じかそれ以上の
報奨金が支給されそうですね。

●体操 日本体操協会から支給

金メダル50万円
銀メダル30万円
銅メダル20万円

ちょと少ない気もしますが

団体や個人総合、個人種目別と
種目が多いので仕方がないところでしょうか。

ロンドン五輪では内村航平選手は
個人総合で金メダル、団体と種目別の床で
銀メダル2個を獲得したので

JOCから700万円(ロンドン五輪では金は300万円)
協会から110万円支給されたので合計で810万円になります。

そして柔道はなんとゼロ円です。

これはメダル獲得は当たり前なので必要ないと
いうことなのでしょう。

ただロンドン五輪で柔道の金メダルは松本薫選手の1個
(銀は3個、銅も3個獲得)だけなので

そろそろ協会も考えた方が良いのではないでしょうか?

もちろんお金のために選手はやるのではないと思いますが
よりモチベーションを上げるためにも考えてもらいたいですね。

このほかにも所属している企業から報奨金が支給されたり
中には役職が上がったりする人もいます。

先程紹介した外国の報奨金も企業やスポンサーからも
支給されるのでやはりメダリストになると
人生が変わる人が多いのではないでしょうか?

まとめ

前回のロンドン五輪では史上最高のメダル獲得数でしたが
今回のリオ五輪もさらに多くのメダルを期待したいですね。

ちなみに金メダルの貴金属相場に換算すると約5万円だそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ