結婚式での女性の靴のマナー!サンダルやブーツはNG? 色や素材にも注意が必要?

3ff68593fb3df312c6ef27f6e2da6c11_s

結婚式で女性は服装だけではなく、アクセサリーや
髪型などに色々な所に注意をしなくてはいけませんが

忘れがちなのが靴のマナーです。

最近のカジュアルな結婚式ではそれほど
気にしなくても良い傾向にありますが

靴の基本のマナーとNGは最低限覚えておきましょう。

スポンサードリンク

結婚式で女性ゲストの靴の基本マナーは?

da3aa6cfdb0e2f7235b705451985328f

結婚式に呼ばれている女性ゲストの靴のマナーは

つま先とかかとが隠れていて最低3cm以上のヒールがあり
シルクやエナメル素材のパンプス
と言われています。

一般的には露出の少ないパンプスが正装
言われているので結婚式にふさわしい形のパンプスを選びましょう。

そして結婚式のようなフォーマルな場では細ヒール
選んだ方がよりエレガントな雰囲気で印象が良いです。

ただ妊婦さんに関してはヒールは危ないので
ヒールの無い平たい靴で大丈夫です。

スポンサードリンク

つま先やかかとが出ている靴がNGの理由

マナーでは「つま先とかかとが隠れるパンプス」が基本ですが
つま先やかかとが見えるのは絶対にNGなのでしょうか?

まずつま先に関してですが、足の指や甲が露出しているタイプの
サンダル・ミュール・オープントゥなどはカジュアルに見えてしまうので
結婚式ではふさわしくありません。

その理由としてまずは縁起が悪いとされています。
「つま先」⇒「妻先」⇒「妻が先に逝く」とい意味につながる為にNG

そしてもう一つの理由として結婚式はベージュのストッキングを着用するのが
マナーですがストッキングを履いた足にサンダルを履くのはとても変ですよね。
マナー以前にこんな格好すること自体が恥ずかしいです。

では夏場の結婚式であれば生足で出席して良いのかというと
そうではありません。

暑い時期でもきちんとストッキングを履くのがマナーです。
最近はストッキングにも様々な種類のものが販売されていますが
基本の色は肌の色に近いベージュです。

また黒のストッキングは喪服を連想させるのでご年配の方の印象が
あまり良くありませんので避けた方が無難です。

多少ラメが入ったものなどで、ちょっとしたオシャレは
良いでしょう。

ではかかとを出すのもNGなのでしょうか?

厳密に言えばフォーマルな席にはストラップ付きのパンプスはNGです

ですが最近でつま先が隠れているのであればバックストラップでしたら
許容範囲とされているようです。

(もちろんミュールは絶対にNGです)

結婚式の靴のマナーのNG

その他靴のマナーでNGなのはブーツです。
ブーツはもともと防寒の靴なので、たまに履いている人を見かけますが
フォーマルではありません。またブーティーもNGです。

またドレスでは革素材はマナー違反ですが
靴ならばNGではありません。

ただアニマル柄ヘビオーストリッチ等動物感たっぷりの素材や
飾りでファーが付いている靴も避けたほうが無難です。

色に関しては基本などんな色でもOKですが、
白は絶対にダメではないものの、服装と同じでやはり避けておいたほうが
良いです。

ただしバイカラー(2色)は避けるようにしてください。
特に白と黒のバイカラーは絶対にNGです。

とはいえ最近の結婚式ではNGの恰好も
ちらほら見かけることが多くなりました。

「赤信号みんなで渡れば怖くない」といいますが
同じような恰好の人が数人いれば安心するかもしれませんね。

ただ昔ながらの厳格な式もまだありますので
そのような結婚式では一人だけ浮く可能性もあります。

事前に新郎新婦にどのような式になるのかを
確認しておきましょう。

まとめ

色々なNGの靴を紹介しましたが、
今は結構ストッキングを着用せずにサンダルやミュールで
式に参加している人を見かけます。

若い内であれば無知で済むかもしれませんが
ある程度年を重ねても同じような格好ですと

常識を疑われる可能性もあるで、最低限のマナーは守るようにしましょう。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ