結婚式・披露宴でのアクセサリーのマナー!NGや夜の式での違いはある?

結婚式・披露宴に出席する時に一番悩むのは服装ですが、
アクセサリーも基本のマナーがあるのはご存知ですか?

最近はカジュアルな結婚式もあるので
それほど気にしなくても良い場合もありますが

まだまだ厳格な式もありますので、この機会に
アクセサリーのマナーとどのようなものがNGなのか、

そして昼と夜の式にはつけるアクセサリーの種類に
違いがありますのでこの機会に覚えましょう。

スポンサードリンク

結婚式・披露宴でのアクセサリーの基本は?

ドレスにはマナーとして色々と細かな決まりごとがありますが
アクセサリーには、それほど決定的なマナーはありません。

ただ、様々な年齢層のゲストが集まるのが結婚式なので

不愉快な思いをさせないためにも基本的な
マナーを抑えておきましょう。

まず結婚式での基本のアクセサリーはパールネックレスです。
6802066
ただし黒のスーツやワンピースに白のパールネックレスは
お葬式をイメージさせてしまうので避けたほうが良いです。

黒以外の服装であれば白のパールネックレスは清楚な雰囲気があり
好感度が高いです。

注意

2、3連のパールネックレスは「物事を繰り返す」意味があるので
注意しましょう。

披露宴では目立つゴージャスなアクセサリーを身につけたいと
思っている人もいるかもしれません。

ただ一般的はゴールドよりもシルバー
シルバーよりもパールのアクセサリーが好まれます。

スポンサードリンク

昼と夜の式でのアクセサリーに違いは?

出席する結婚式や披露宴の時間帯で好まれるアクセサリーが違います。

昼間は光を抑えた控えめなアクセサリーを着けて
品のあるコーディネートを目指しましょう。

素材はパールサンゴなどが良いでしょう。
ラインストーンビーズ素材なら、シックなものを選んでください。

夜は照明に映えるような本物のジュエリー、パールをはじめ
ラインストーンクリスタル、ゴールドなどの
華やかなアクセサリーがおすすめです。

ただあまりにもギラギラしたアクセサリーは避けたほうが無難です。

あくまでも主役は花嫁さんです。
「あの人花嫁さんより目立っているよね~」
なんて言われないように注意しましょう。

そして昼でも夜でも万能なのがパールです。
ひとつでも持っていると重宝しますよ。

結婚式でのアクセサリーのNGは?

お花のアクセサリー

特にヘアアクセサリーには注意が必要です。
生花のコサージュをつけてヘアスタイルが豪華になると
花嫁さんよりも目立ってしまうことも。

生花のコサージュは花嫁さんの特権なので
ヘアアクセサリーでつけないほうが無難です。

また頭にティアラティアラを連想させるようなもの
避けたほうが良いでしょう。

ただスーツや、ワンピースの胸元にアクセントとして
コサージュをつけるのはオシャレなのでおすすめです。

季節感がないアクセサリー

季節感は大切です。春夏と秋冬で素材を変えて
季節感から外れないような素材や色合い、モチーフ選びをしましょう。

春夏の素材としてはシフォン、レース、ジョーゼットなど
涼しげなふんわりとした柔らかい印象を与えます。

秋冬はベルベットベロア、ファー、ウールなど
暖かみのあるものを選びましょう。

腕時計

「えっ?どうして時計はダメなの?」と思うかもしれません。
普段身につけているので別に問題ないと考えがちですが

結婚式などのフォーマルな場では本来時計はNGです。

せっかくの結婚式で時計を見るのは
「時間を気にしている」と思われることがマナーに反すると
言われているので気をつけてください。

また着物の場合は基本的にはアクセサリーはつけないほうが良いです。
特に留袖ではイヤリングピアスNGです。

着物で出席するにアクセサリーをつけるとしても
「髪飾りのかんざし」「結婚指輪」だけに
したほうが良いでしょう。

着物はシンプルが一番です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今はそれほど気にする必要ないと
言う方もいますが、

出席した結婚式や披露宴で
周りの方はマナーを守っているのに

自分だけマナー違反をしていたら
周りから白い目で見られてとても恥ずかしいですよね。

結婚式から披露宴が終わるまでは
何時間もその場にいなくてはならないので

その間ずっとつらい思いをしないようにするためにも
最低限のマナーは覚えておきましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ