結婚式の女性の服装マナー!洋装や和装のルールとNGの格好は?

1-4-2_2

結婚式や披露宴に出席するのが初めての場合や
小さい頃に出席して依頼久しぶりという方には

どんな服装を来ていけば良いのか
悩むこともあると思います。

最近ではかなりカジュアルな結婚式も多いので
それほど服装に気を使わなくて良い場合もありますが

まだまだ昔ながらの厳格な式もあるので
その場合にマナーを無視した服装で出席すると
大恥をかく可能性も。

今日は結婚式・披露宴での
女性の洋装・和装の基本的なマナーとルール、

避けて欲しいNGポイントを紹介します。

スポンサードリンク

結婚式の女性の服装マナー洋装の場合

主賓クラスの招待客は正礼装を着る場合も
ありますが

一般的には準礼装略礼装を着用します。

※女性の場合は自分の子どもの結婚式の場合や
ドレスコードで定められている場合などは正礼装

それ以外は準礼装略礼装です。

2f5ae2b7ef99c2795b68c4be564c827f

 

略礼装は、格式ばらないカジュアルなスタイルなので
今回は一番着ることの多い準礼装を紹介します。

準礼装は、セミフォーマルと呼ばれる事もありますが
結婚式や披露宴だけでなく

入学式、卒業式などに出席する際にも準礼装が一般的です。

準礼装の基本のデザインは

胸元や肩を露出しないシンプルなデザインの
ワンピース、アンサンブル、ツーピースです。

正式には昼と夜で装いを変えますが
それほど気にしなくて構いません。

白を使う場合は一部のみで、できれば昼の明るい
陽射しに映えるやさしい色にしましょう。

素材はシルクやシルキーなジョーゼット、
ジャガードのような地模様のあるものも良いです。

光沢のあるものは避けて、
スーツなどウール系のものは無地でカシミヤなどの
格調の高いものにしましょう。

そして挙式や昼の披露宴では
肌の露出は控えるようにしてください。

正礼装
昼は肌の露出が少ないアフタヌーンドレス
夜は胸や背中の開いたロング丈の
イブニングドレスなど

準礼装
昼は肌の露出を抑えたミモレや膝が隠れる
丈のセミアフタヌーンドレス。
靴はシンプルなものを選ぶ

夜はカクテルドレスやセミイブニングドレスに
金、銀のパンプスを合わせる

略礼装
昼はシルクなどのワンピースやスーツに、
アクセサリーで華やかさをプラス。

夜は光沢のあるワンピースやロングドレス、
パーティドレスなど

スポンサードリンク

結婚式の女性の服装マナー和装の場合

女性の和装は既婚者未婚者かによって
衣装が変わります。

既婚女性は黒留袖が正礼装ですが
色留袖も五つ紋が入っていれば

黒留袖と同格で正式とされています。
格式の高い式の場合に着用すると
良いでしょう。

一般招待客は訪問着が一般的です。

h101-1s-220-200x300

訪問着とは絵羽模様がある着物で紋を入れる場合もあります。

色無地は紋付きのものが正式となります。
付け下げと江戸小紋は紋付であれば
準礼装として着用できます。

未婚女性は新婦より一段格を落とした
振袖を着るのがマナーです。

大振袖はさけ、中振袖を着るのがマナーです。

訪問着は未婚、既婚を問わずに着られます。
柄によってはカジュアルなパーティから
格式のある結婚式まで幅広く着られます。

振袖

2014030l-200x300
未婚女性の正礼装です。
花嫁の着る可能性の高い大振袖は避け中振袖までにする。

結婚式の服装のNGは?

最近では絶対にNGという訳では
ないのですが

新婦のことを考慮したり
昔ながらの格式を重んじる結婚式では

控えたほうが良いと思われる服装を紹介します。

白いドレス

白いドレスは新婦さんとかぶるので
着ない方が良いと知っている方も
多いですが、

クリーム色、ベージュ、時には薄いピンクも
写真の写り方によっては白っぽく見えてしまうので
避けた方が無難です。

ファー素材のドレス

ファーやニット素材は「防寒具だからダメと」いう理由もありますが

毛皮や革素材は、動物を「殺生」するイメージがあるため
ふさわしくないと言われています。

またリアルやフェイクの場合でも毛皮やほこりが飛び散って
料理の中に落ちたり、口の中に入ってしまう可能性があり

衛生的に良くないという理由でもNGとされています。

ただし最近ではファー素材のものを着ている女性を
よく見かけます。

何も知らないで着ているのか、おしゃれと思って
着ているのかはそれぞれなのですが

これも時代の流れかもしれませんね。

カジュアルの度合いが高い結婚式・披露宴であれば
良いのではないでしょうか。

そして基本的にはファー素材はドレスだけではなく
ボレロなどバッグや、靴、小物などでも
避けておいたほうが良いです。

バイカラー(2色の)ドレス

フォーマルの基本は単色無地です。

これは日本だけですが色が「わかれる」という
意味で縁起が悪いと言われています。

ミニ丈ドレス

スカートの丈は膝が隠れるようにしましょう。
膝が見え隠れするのもNGですが若い方なら
それほど問題ないかもしれません。

挙式・昼間の披露宴の露出(肩出し)

夜の披露宴の正礼装はイブニングドレスと言って
露出が多いほど正式とされるのですが

昼間の披露宴は反対に露出はNGです。

挙式の場合は昼夜問わず肌の露出は
避けないといけない為

夜の披露宴に出席する場合は
羽織り物をするなどして隠すようにしましょう。

※イブニングドレス
袖なしで腕や背中などを広くあけて
裾を長くした夜会での正式礼装

全身真っ黒のドレス

黒のドレスが絶対にダメではありませんが
ドレス、靴、小物まで全身真っ黒な服装は
やめましょう。

女性の礼服は男性とは違い喪服と思った方が
良いでしょう。

ただ結構黒を来てくる人が多く

私も黒の服装を着た女性が多い結婚式に
出席したことがありますが

せっかくの華やかな舞台なのに
男性ばかりでなく女性も黒の衣装が多いと
お葬式のようでした。

まとめ

最近はそれ程結婚式や披露宴でも
服装を気にしないという風潮もありますが、

やはり出席されるご年配の方や
先輩方に「常識がない」

思われるのも気が引けますよね。

必ず自分が出席する披露宴は
前もって新郎新婦から

どのような式なのか聞いておいたほうが
良いでしょう。

また新郎新婦から
「平服で」と指定された場合は

普段着で行くという意味ではありません。
スーツやワンピースが一般的なので
注意してくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ