おいしいアサリと死んだアサリの見分け方!味噌汁のおいしい作り方も紹介

潮干狩りで海にたくさんアサリが
いる場合はおいしいアサリだけを
拾いたいのはもちろん、

間違っても死んでいるアサリは
避けたいですよね~。

今回はおいしいアサリと死んだアサリの
見分け方だけでなく

おいしいアサリにあるものを使って
もっと味が良くなるおいしいアサリの味噌汁の
作り方を紹介します。

スポンサードリンク

おいしいアサリの見分け方

これは潮干狩りの時だけでなく
お店で販売しているアサリにも
共通していますので覚えてくださいね。

①アサリの口は開いていると閉まっているどちらがおいしい?

お店などでアサリを観察すると

●口が少し開いているもの
●口がしっかり閉じているもの

を見つけることがあると思いますが
どちらが良いアサリかわかりますか?

実はアサリの口が少し開いているのは
弱ってきている証拠で、

身が段々としまらなくなってくると
口も徐々に開いてきます。

必ず口が固く閉じているものを選びましょう。

では口が少し開いているアサリが全てダメかと
いうと、そうではありません。

口が開いているアサリをちょっと触ってみて
すぐに口が閉じる場合は

新鮮なアサリになるのでそれは選んで良いです。

②黒っぽアサリと白っぽいアサリ味に違いはある?

アサリは表面の殻の模様が黒っぽいのと
白っぽいものがありますが、

味に違いはあるのでしょうか?

実は色は全く関係ありません。

白っぽから新鮮でおいしいということは
ありません。

色の差はないので、その基準で選ばない
ようにしましょう。

③ふっくらしたものと平らなアサリどちらがおいしい?

アサリはふっくらとした丸みを帯びたものと
ふっくらしていなくて、平らに近い感じの
アサリではどちらがおいしいと思いますか?

一見ふっくらとした方がたっぷりと身が
入っていておいしそうに感じますね。

ですが丸みを帯びているからといって
おいしいわけではありません。

いざ開けてみると身が小さかったり
下の方にちょこっとしか
身が無い場合が多いです。

実は平らで幅が広いアサリが一番おいしいです。

ふっくらとして丸いアサリは浅瀬のアサリで
栄養を殻に使っています。

一方、平たく幅が広いアサリは沖のアサリで
栄養を身に蓄えていておいしいです。

このようにおいしいアサリは
口が固くしまっていて、平たく幅が
広いものを選ぶようにしてください。

(開いていても触ってすぐに閉じるならば
元気です)

スポンサードリンク

死んでいるアサリの見分け方

次に死んでいるアサリも見分けることが
できるようになりましょう。

アサリは閉じていると動かないので
死んでいるのか生きているのか
わからない人も多いようです。

ですがアサリは生きている間は貝柱の力で
殻を閉じていて

死ぬと閉じる力がなくなり貝が開いたままの
状態です。

(開いていても触ってすぐに閉じれば
もちろん生きています)

アサリがきちんと閉まっていれば
生きている証拠です。

死んでいれば開いているアサリを
閉じようとしても

すぐに開いてしまいます。

生きている場合は白いベロのような
『水菅』と呼ばれる器官を触ると引っ込めます。

ただ閉じているアサリは全て生きているのか
というとそうではありません。

死後硬直で加熱しても口が開かない時があるので
注意してください。

潮干狩りやお店でも生きている
おいしいアサリを選ぶことができるように
なれば、

すぐに料理したいところですが

アサリには砂抜きと塩抜きが必要なのを
ご存知でしょうか?

お店で買う場合は砂抜きされている
場合も多いですが

それでも完全に砂が取りきれていない
こともあるので

詳しくはこちらで紹介します。

あさりの砂抜きや塩抜き、保存方法!冷凍しても大丈夫?潮干狩りの後に困らない処理の仕方

をご覧ください。

一般的な砂抜きの方法から簡単にできる
砂抜きの方法や、塩抜き、保存法を紹介しています。


おいしいアサリの味噌汁の作り方

アサリの料理で真っ先に思い出すのが
アサリの味噌汁(アサリ汁)ですよね~。

私も大好きです。

おいしいアサリを使用すれば
もちろんおいしい味噌汁ができますが

ある物を混ぜるともっと味が良くなるのを
ご存知でしたか?

それは「牛乳」です!

「えっ?」と思った人も多いと思いますが
実際にテレビ東京の「ソレダメ」という
番組で紹介されていました。

またその紹介した人が料理研究家の
小山浩子さんで

小山さんは料理本のアカデミー賞と言われる
「グルマン世界料理本大賞」を受賞している
すごい方なのでおいしいこと間違いなしです。

おいしいアサリ汁の作り方

①アサリを鍋に入れてよく炒める
※殻が少し熱くなるまで炒める

② ①に酒を入れてフタをして酒蒸しにする
※酒蒸しにすることで身がふっくらするのと
臭みも取れる

③ 鍋が「カチカチ」と音が鳴りだしたら
フタを開けるとアサリが口を開けている
状態になるので、そこに昆布だしを入れて
中火で温める。

④沸騰させない程度に温めたら火を止める

⑤味噌を牛乳で溶いてから火を止めた状態の鍋に入れる

※味噌と牛乳を別々に入れると
牛乳が単独で主張してしまいます。

味噌を牛乳で溶くことで素材に
なじむようになり、違和感なく
おいしく食べられます。

牛乳を使うことでコクが出るので
使用する味噌の量が通常の半分で済みます。

そのことにより塩分を半分にすることが
できるので高血圧や動脈硬化の予防にも
効果があると言われています。

また牛乳を混ぜることでアサリの鉄分の
吸収を高める効果もあるのはうれしいですね。

実際食べても牛乳の味は全くわかりませんし
とても優しい味になるので

ぜひ試してみてください。

スポンサードリンク

まとめ

おいしいアサリの見分け方は

●口が閉まっていて平らで幅が広いアサリ
●口が空いていてもすぐに閉じればおいしいアサリ

死んでいるアサリの見分け方は

●口が開いていて閉じてもすぐ開いているアサリ
●熱しても開かないアサリは死後硬直している

おいしいアサリの味噌汁作り方は

●味噌を入れる時に牛乳で溶いてから入れる

潮干狩りで持って帰るのが大変なくらい
アサリが取れる時がありますが

その時は今回覚えたアサリのおいしい見分け方を
思い出して選んでくださいね。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ