制服のリメイクでダッフィーのぬいぐるみの制服に変身!自分に、卒業のプレゼントにおすすめ

以前テレビを見ていたら卒業して着なくなった制服を
ダッフィーやシェリーメイなどぬいぐるみに着せる

大きさにリメイクしている会社があるのを知りました。

「あ~こんなことしてくれる会社があるのなら
自分のはもちろん子どもの制服も捨てなきゃよかった~~~。
くやしいいいいいいい!」と思ったものの後の祭り。

このリメイクですが制服がある幼稚園や保育園、
小中高校生のだけでなく、

仕事で使用する制服(キャビンアテンダントの制服や
ナース服などなんでも)や

スポーツクラブや部活のユニフォームまで
あらゆる制服やユニフォームのリメイクをしてくれます!

このミニチュア制服リフォーム専門店の
おもいでや」について紹介します。

あなたもきっと制服をリメイクしたくなりますよ。

おもいでや

ミニチュア制服リフォーム専門店「おもいでや」ってどんな会社?

制服は、役割を終えてしまうと、
ずっとクローゼットに仕舞われる運命ですね。

着る機会がなくなったからとは言え、
思い出がつまった制服は、

なかなか捨てられないという方も多いのでは
ないでしょうか?

そんな私は今まで着た制服は全部捨てていますし
子どもの幼稚園の制服も「もう使わないし」
と思って捨ててしまいました。

ただ捨てられない人もずっとクローゼットの
スペースを占領するのは困り物。。。

そんな方にオススメしたいのが「おもいでや」です。

「おもいでや」は思い出の詰まった制服を
ミニチュアにリメイクしてくれるので、
これなら場所もとりませんね。

そしてただリメイクするだけでなく
インテリアとして飾りやすいように
ダッフィーやシェリーメイのぬいぐるみに
着せた状態で渡してもらうこともできます。

 

しかも、デザインなども忠実に再現してくれます。

「おもいでや」は、事前の打ち合わせも
丁寧に行ってくれて、

思い出に残るシミやほころびの箇所を
あえて残すなどの要望も聞き入れてくれますよ。

もちろんボタンやポケットなども、
そのまま使用し、

可能なかぎり元の制服そのままにリサイズしてくれます。

ずっとクローゼットの奥に追いやられて、
忘れられてしまう思い出も、

リメイクすることで、ずっと目に留まる場所へ飾って置くことができますね。
しかも、空いたクローゼットのスペースも有効活用できるようになる訳です。

また、お子さんの成長にあわせ、卒業や結婚など人生の節目に
贈るのもすてきですね。

「おもいでや」で制服をリメイク!詳しくはこちらから

「おもいでや」で制服をリメークする際のお値段は?

「おもいでや」はインターネットのみで
注文を受け付けてるそうで、店舗を構えない分、
価格をおさえる努力をしています。

制服をミニチュアにするリメイクの
べーシックコースは29,800円です。

この金額を見て「高~い!」と思うかもしれませんが
業界最安値なんです。

そして注文から納期まで2か月ですが、
中には10か月~1年とかかるところもあり
納期も早いほうです。
(最短では45日で納品します)

ダッフィーやシェリーメイのぬいぐるみに
制服を着せてお届けする

プレミアムベアーのコースは39,800円です。

その他にも

  • 30日間全額返金保証
  • 送料無料
  • クレジットカードでの支払いOK

といった他のリメイク会社で
これほど条件が整ったところはありません。

ただ2月から4月までの卒業前後は半年近くかかる
場合もあるので早めに申し込みをしましょう。
業界最安値の制服リメイクの「おもいでや」詳しくはこちらから

まとめ

学生の頃の思い出は、いつまでも輝いていて
ちょっとほろ苦く、気恥ずかしい感じですよね。

また、大きな夢や希望にあふれていた時でもあります。

制服のリメイクはそんなピュアな気持ちや、
夢をいだいていた頃を、思い起こしてくれる
アイテムのひとつになりそうですね。

私たちが、日々の忙しい生活で忘れがちだった
気持ちを思い出し、描いていた夢に近づけられているか
見つめ直すよい機会となることでしょう。

また、お子さんの成長を見守ってきた
親御さんにとっては、何事にも代えがたい思い出ですね。

子供の成長とは、いろいろな場面やふとした瞬間に感じられるものです。

丈が短くなってしまった制服や、お尻や肘などテカリが
出来てしまった制服。

それらひとつひとつが、愛おしく大切にしたい
思い出の一部ですね。

幼稚園や保育園では、はじめて家族以外の人たちとの
団体生活を経験しますね。
他のお子さんたちと上手くやれるだろか。

慣れない環境でトイレなどはきちんとできるだろうか。。。
お子さんを送り出す際は、

いろいろと気を揉んだご経験をされた方も多いのでは。

そんな親の気持ちをよそに、子供たちは初めての
団体生活にもすぐに慣れ、お友達とめいいっぱい
遊ぶ楽しみを経験します。

お庭でのかけっこ。ころんだ時に空いてしまった
園服のほころび。

みんなとのお絵かきの時間。夢中で描いたクレヨンは、
袖口にも彩りを残す事もしばしば。

小学校・中学・高校は、成長がめまぐるしい時期ですね。
異性を意識しはじめた、甘くほろ苦い恋の思い出。
好きな子にあげてしまった第二ボタン。

汗や泥にまみれた体操着を洗濯することで、
子供達の頑張りを感じた日々。

子供がお友達と過ごす時間が増えていき、
自立していく喜びと少しの寂しさを覚えた日々。

みんなで遅くまで準備した文化祭。

写真や思い出の品は、時とともに色褪せてしまうけれど、
自分の中にある思い出は、いつまでも色鮮やかに、
私たちをその頃へ連れてってくれますね。

そして制服をリメイクしていつまでも
そばにいることで

思い出をより身近に感じ、自分の人生の豊かさを
再認識できることでしょう。

あなたには、どんな素敵な思い出がありますか?

⇓思い出の制服をリメイク!詳しくはこちらから⇓
おもいでや



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ