花粉症予防にれんこんが効果あり。美容・健康にも最適!れんこんヨーグルトとは?

今はまだ秋ですが、最近は春だけでなく一年中花粉症・アレルギー性鼻炎
に悩まされている人も多いようです。

マスクして花粉対策用メガネをかけて、それでもとまらないくしゃみ、鼻水、
目のかゆみ。

薬を飲むと眠くなるといった副作用があったり、飲み続けると今度は薬が効かなく
なったりする人もいるようです。

そんな花粉症に悩める方におすすめしたい食品があります。

それはなんと「れんこん」。「れんこんを食べて症状が軽くなった」という人や
「全く症状が出なくなった」という人もいるようです。

今日はれんこんがなぜ花粉症に効くのか、美容・健康にも最適と言われる
れんこんの効能についてお伝えします。

スポンサードリンク

れんこんの効果・効能と花粉症に最適な理由

「れんこん」って穴も空いていてあまり栄養も無いように思っていたのですが、
栄養の宝庫なのです。

まずは花粉症対策ですが、レンコンの表面には黒い斑点がついていますが、これは
傷んでいるのではなく、タンニンという成分が含まれている証拠です。

カットして内部が少し紫っぽいのもこのタンニンです。

このタンニンが花粉症などのアレルギー症状を抑えるというデータがあり、
花粉症の患者さんが2ヶ月食べ続けたところ、血液中のアレルギー症状の抗体量が

減っていたそうです。(埼玉医科大学調べ)

またそれ以外にれんこんはビタミンCが豊富に含まれていて、しかも加熱に強いので
加熱調理してもしっかりとビタミンCを摂ることができます。

ビタミンCは肌のハリを保つ働きを担っているコラーゲンの産生を助ける
働きや、シミやそばかすを予防する働きを待ち、若々しく美しい肌の維持に

必要な成分であると考えられています。

さらにレンコンはネバネバ成分のムチンが多く、皮膚の真皮層にあるヒアルロン酸量を
増やしてくれる効果が期待できます。

ビタミンCとの相乗効果で、お肌のターンオーバーも正常にしてくれます。

他には食物繊維も豊富で腸のぜん動運動を高めて便通を促すほか、高血圧予防、腸内に発生する
発ガン性物質の排泄などの効果
も期待できます。

スポンサードリンク

れんこんのおすすめの食べ方

れんこんが身体に良いのはわかったけど、毎日食べるのは
結構大変ですね。

そこで簡単に作れるおすすめのレシピを紹介します。

ノンフライれんこんチップス

1、 れんこんは皮をむき、スライサーで薄く輪切りにして水にさらします。
2、 水をよく拭き取り、重ならないようにクッキングシートに並べる
3、 電子レンジで加熱し、カリッとさせる(500wで5~6分)
4、 塩・青のりを好みで振り、盛り付ける

出典:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1690000055/

これならば簡単にできて、油も使っていないので健康的ですね。

おすすめれんこんヨーグルト

花粉症対策にはヨーグルトも効果的と言われています。
(ヨーグルトに関する記事はこちら)

れんこんと合わせて食べればさらに効果があるのではないか
と思うものの、れんこんとヨーグルトを一緒に食べるのは

あまりピーンと来ませんね。

ところがれんこんとヨーグルトが一緒になった商品がありました。

「栗駒高原れんこんヨーグルト」詳しくはこちら

こんな商品があったのですね。

飲みやすくて続きやすいのでかなり花粉症対策に効果があるのではないでしょうか。

れんこんの効果・効能と花粉症に最適な理由のまとめ

れんこんは花粉症に効果があることはわかりましたが、これは花粉症の

症状が出てからでは効果がほとんどありません。

症状が出る1ヶ月以上前には食べ始めて欲しいですが、できればもっと
早くから食べ始めて、これから肌が乾燥する冬に向けて

肌をプルプルにしてくれて花粉症対策にもなるれんこんを毎日食べませんか。



関連記事

花粉症・アレルギー性鼻炎の最新治療が無料で受けられる治験、アレルギー検査も無料

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ