キュウリがダイエットに効果がある理由!食べ方や食べるタイミングは?

先日テレビでサッカー元なでしこジャパンの「丸山桂里奈」さんがダイエットに成功した番組をやっていましたが、そのダイエット法が

キュウリを食べるだけのダイエット」です。

色々な食べ物がある中でなぜキュウリがダイエットに最適なのか?

キュウリに含まれているダイエットに効果がある栄養成分や食べ方などについて詳しく紹介します。

スポンサードリンク

キュウリに含まれるダイエット効果がある注目の栄養成分について

キュウリでダイエットができると注目されたのが2017年9月発売の

「きゅうり食べるだけダイエット」

という本ですが、

すでに2013年に

すりおろしキュウリ ダイエット

という本も発売されていて「キュウリでダイエットができる!」と少しずつ広まってきました。

「キュウリは水ばかりで栄養が少ない」と思っている人が多いようですが、実はそうではありません。

ではダイエットに効果があるどのような栄養成分が含まれているのでしょうか?

脂肪 分解 酵素 「ホスホリパーゼ」

キュウリには脂肪分解 酵素である「ホスホリパーゼ」が入っ て いる こと が2011年に わかり まし た。

ホスホリパーゼ は、細胞膜を構成 する リン 脂質を分解 する酵素です。

特にキュウリ に 含ま れる ホスホリパーゼ は「 従来 型 よりも 分解 力 が 強い」と言われています。

さらに脂肪を分解するだけでなく、代謝向上の効果もあり、ダイエット効果が期待できるわけです。

このホスホリパーゼはキュウリだけに含まれる栄養成分です。

 

利尿成分「シトルリン」

 

シトルリンはウリ 科 野菜 に 多く 含ま れる アミノ酸 の 一種です。

血管 を 広げ て 血 流量 を 増やす 働き を する 成分 の 生成 を 高める 効果 が あり ます。

また、 肝臓 内 で アンモニア を 解毒 さ せる 機能もあります。

タンパク 分解 酵素 「プロテアーゼ」

ウリ 科 で ある キュウリ には ウリ や メロン などの 他の ウリ 科 植物と同様にタンパク 分解 酵素 の プロテアーゼ を 含んでいます。

プロテアーゼはタンパク質を10個程度のアミノ酸分子にまで分解して、消化を助ける働きがあります。

香り成分「スミレ 葉 アルデヒド」「キュウリ アルコール」

キュウリ 独特 の 香り は この 2 種類 です が、 主 に スミレ 葉 アルデヒド が 主成分 です。

スミレ 葉 アルデヒド は グリーン 系 の 香料 の 一つ で、 ストレス 解消 に 効果 が あると言われています。

ダイエットにはストレスがつきものですが、ストレス解消の成分が入っているのはありがたいですね。

苦味成分「ククルビタシン」

キュウリ の ヘタ の 部分 にある苦味 成分 です。

こちらはダイエット効果ではなく抗がん効果があると期待されている成分です。

このようにキュウリは栄養素が少ない野菜ではなくダイエットや健康に効果がある成分が含まれている食べ物なのです。

ではキュウリはどのようにして食べるのが良いのでしょうか?



ダイエット効果があるキュウリの食べ方

キュウリはみそをつけて、そのまま食べることもできますが、あまりおすすめできない食べ方です。

実は野菜には細胞壁があり、それが栄養成分の吸収率を妨げてしまいます。

どんなにダイエット効果がある栄養素が含まれている食べ物でも吸収率が悪いと効果が期待できません。

特にキュウリは細胞壁が厚いと言われていますので、そのまま食べる時はじっくり噛(か)む必要がありますが、おすすめは「すりおろし」です。

 

おろし器でキュウリをすりおろすことで、細胞壁やその中にある細胞膜が壊され、細胞内の酵素が活発に働くようになります。

その効果はすりおろさないで食べた時よりも数倍の酵素を摂ることができると言われています。

酵素が多く摂れるとその酵素が消化に使われるのでダイエット効果も期待できるわけです。

スポンサードリンク

ダイエット効果があるキュウリを食べるタイミングは?

キュウリに含まれるホスホリパーゼが食べ物を分解して脂肪になるのを防ぐ働きがあるため、ダイエットのためには食事の前にキュウリを食べるのがおすすめです。

その時にすりおろしたキュウリを食べるのがおすすめですが、すりおろす時間がない時はしっかりとよく噛んで食べるようにしましょう。

またテレビ番組では「食前にキュウリを食べれば、普通に食事をしても食べられる」と紹介していました。

大量の油分や脂肪分は控えるようにしましょう。

丸山桂里奈さんは以前お弁当などにマヨネーズをたっぷりかけて食べていたようですが、マヨネーズは油が多いので、かけるとしても少量にしてください。

ダイエットに最適と言われる白ご飯や、パスタ、お肉を食べても大丈夫です。

またこれらの食べ物を摂る時はキュウリのすりおろしと一緒に食べるもの効果があるので、食前はもちろん、食事中にすりおろしキュウリを食べるのもおすすめです。

丸山さんはキュウリダイエットの他に腰にコルセットを巻いての運動を摂り入れていましたが、3週間で

  • 体重が-6.6kg
  • ウエストが-7.5cm

となりました。

丸山さんは元アスリートなので、そのような人はダイエットを頑張ると元に戻りやすい効果がるようですが、一般の人でもダイエットに成功した人は多いです。

先程紹介した「すりおろしキュウリ ダイエット」の著者は結婚後夫婦で激太りしたそうですが、その食事は

  • 朝は果物
  • 昼と夜は生野菜

を意識して食べたようですが、夜は普通の食事にすりおろしキュウリを一緒に食べていたそうです。

旦那さんは最初は生野菜を意識して多く食べた効果もあったようですが、半年で22kgもやせています。

さらにダイエット効果でけでなく

  • ギトギト肌➡つるつる肌に
  • べとべと髪➡つやつなな髪に
  • 加齢臭がなくなり枕がにおわなくなった
  • 健康診断で血液検査したら年齢より若いと言われた

という良いことばかりが起きたそうです。

著者の奥さんも9kgやせたようですよ。

まとめ

キュウリにはキュウリだけしか含まれていない脂肪分解酵素のホスホリパーゼなどダイエット効果が含まれている成分が含まれています。

キュウリを食べる時は「よく噛む」か「すりおろし」をしたキュウリを食べることで、栄養成分をしっかりと吸収することができます。

また食前にキュウリを食べることでダイエット効果が得られますが、食事中もすりおろしキュウリを色々な食べ物と一緒に摂ることでも効果が期待できます。

特に年末年始は忘年会、新年会、正月とたくさん食べてしまう傾向にあるので、キュウリを意識して食べてください。

キュウリはとても安いので家計の負担も少ないです。

ぜひダイエットをしてもなかなかやせられない、太らないように気をつけたいという人は、「キュウリダイエット」を実践してくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ