ダイエットおすすめ食材 バターコーヒーダイエットがアメリカのセレブ達に人気

バターコーヒーダイエット

これから年末にかけて忘年会が開かれる時期になりましたね。
食べ過ぎ、飲み過ぎに注意したいところですが、その後正月を迎えて

食っては寝ての生活、さらに休みが終わって新年会と1年で一番

太りやすい時期になりました。

そこでおすすめしたいのが今アメリカでも流行している
バターコーヒーダイエット。

あまりダイエットに適しているとは思えない組み合わせですが、
ダイエット以外にも色々効果があるので

今日はバターコーヒーのダイエットと効果効能についてお伝えします。

スポンサードリンク

なぜアメリカでバターコーヒーが流行っているのか。

アメリカのセレブ達の間で人気なのがバターコーヒーダイエット。

多くの人がこのダイエット方で成功していて
中にはエクササイズをせずに75日で約40kgの減量に成功した人もいて

話題になっているようです。

さらにダイエット以外にも色々効果があり、

1日のはじまりがエネルギッシュになる

頭がさえる

抗酸化作用

アンチエイジング

脳のファンクションを高める

これらがバターコーヒーを飲むことによって
得られるといわれています。

ではバターコーヒーをいつ飲むと効果があるのかと言うと

朝食の代わりに2杯分のバターコーヒーを飲むことが推奨されています。

それにより食欲が抑えられるためダイエットに効き、さらに元気が出て
脳が活性化されます。

それなら簡単にできると思った方も多いと思いますが、ちょっと注意点が
必要です。

スポンサードリンク

バターコーヒーを作る際の注意点

バターコーヒーは
コーヒー1杯に
バター テーブルスプーン1杯(15g)
ココナッツオイル テーブルスプーン1杯

こちらはつくり方の動画です。
(ココナッツオイルは入れていません)

で作るのが簡単ですが、問題は

コーヒーはオーガニック、バターは無塩のグラスフェッドバターを
使用しなければなりません。

普通に生産されたコーヒーは身体に多大な害を及ぼすマイコトキシンを含んでいる
可能性が高いためピュアなオーガニックコーヒーが良いです。

オーガニックコーヒーは少し金額が高いですが、近くのお店に無くてもネットで手に
入りますね。

一方普通のバターではなぜダメと言うと飽和脂肪酸が含まれているからです。
飽和脂肪酸は中性脂肪やコレステロールを増やしますが、

グラスフェッドバターは不飽和脂肪酸が含まれているため、中性脂肪や
コレステロールを減らし体内でエネルギーに代わりやすくなります。

グラスフェッドとは、自然の環境で放牧され、牧草だけをエサとして
育てることなのですが、このグラスフェッドバターは日本では

以前は簡単に手に入れることができませんでしたが
ここ最近アマゾンなどでも購入できるようになりました。

おすすめは「グランフェルマージュ バイオ・グラスフェッドバター 無塩

Amazon価格2,700円

グランフェルマージュ バイオ・グラスフェッドバター 無塩 250g

 

バターコーヒーを作る際の注意点

バターコーヒーダイエットは手軽にできると思ったのですが、

普通のバターとコーヒーでは全く効果がなく
そうなるとお金もかかるのでアメリカではセレブに

人気があるのかもしれません。

ただダイエットだけではなく、他の効果もあり
作るのは簡単なので一度試してみる価値はあるのでは

ないでしょうか。

みなさんも年末年始の暴飲暴食は気をつけてダイエットを
しなくて済むようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ