ドローインダイエットの効果と正しいやり方で正月太りを解消しよう

あさイチなどやバラエティー番組でも紹介されたドローインはとても

手軽にできるということで最近とても人気があるダイエットですよね。

これから忘年会、クリスマス、正月と行事が次々とありますが、
飲みすぎ、食べ過ぎで短期間に太ってしまう方多い季節です。

今日は簡単にできて効果があるドローイングダイエットについて
紹介します。

スポンサードリンク

ドローインダイエットの効果

まずドローインとは意識的にお腹を凹ませる呼吸法のことで
お腹周りのダイエットに効果があると言われています。

その他には
美しい姿勢をつくる・・・インナーマッスルを強化することができるので
姿勢の矯正にも役立ちます。

基礎代謝のアップ・・・骨盤が安定し筋肉量が増えるため基礎代謝がアップする
それにより、冷え性改善や生理痛の軽減、むくみ解消などにも効果的

腰痛が軽減する・・・お腹周りの筋肉が鍛えられ腰周りが強くなることにより
            腰痛が軽減されたり、便秘の解消にも効果があります。

疲れにくい体になる・・・こちらはあさイチでも紹介されていましたが、

ドローインをすることにより、横隔膜をしっかりと動かし複式呼吸で深い呼吸を
すると体内に十分に酸素が取り入れられ疲れにくい体になると言われています。

ドローインの正しいやり方は

① 直立した状態で胸を張って背筋を伸ばします。
背中は反らさないようにしてください。

② 息をゆっくりそして大きく吸い込む
この時はお腹を凹ませて、胸を膨らませるイメージで
大きく吸いましょう。

③息を止めて酸素が体に送られているのを感じてください。

④ さらにお腹をへこますイメージでゆっくり息を吐いていきます

この時におしりの穴をしっかりしめて、へそを中心に腹全体をへこませる
イメージで行ってください。

スポンサードリンク

⑤ お腹を最大限に凹ませたまま30秒キープします。

息を吐く際には姿勢を正して、体の内部から圧力をかけるようなイメージをもつと、
より効果的です。

※キープ時は息をしても構いません。

息を吐くときは丹田(へその5cm~9cm下)を意識するように吐くと
効果があります。

動画も参考にしてください。さらに詳しく説明されています。

ドローインの更なる効果と注意事項

ドローインは何回やっても大丈夫なので、1日5回でも10回でも暇があれば
どんどんやりましょう。

家ではもちろん、通勤電車の中や会議中、信号待ちなど、色々な場面でドローイン
ができます。座ったまま、寝たままでも効果があります。

内蔵脂肪が多い方は、有酸素運動と組み合わせると効果的です。
例えばウォーキングしている最中にドローインをすると

カロリーの消費が4割も上昇するので、脂肪をより効率的に燃焼させることが
できます。

簡単にどこでもいつでもできるドローインですが、ご飯を食べた後の満腹感
があるときは控えましょう。

いっぱいになった胃袋が邪魔をしてお腹が凹まないので腹筋も鍛えられないです。

ドローインのまとめ

このドローインをやって1ヶ月で10cm以上ウエストが減った人もいるそうです。
ダイエットはまず基礎代謝をアップさせることが基本と言われていますが

ドローインは基礎代謝をアップさせるのに最適な運動ですので、ぜひ今やられている
ダイエット法がありましたら、ドローインダイエットと組み合わせて

やるとさらに効果がでるので実践してみましょう。

正月太りにならないように寝正月でもお腹は動かしてくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ