ふるさと納税のメリットは?特産品が格安で手に入る?

ふるさと納税という言葉を聞いたことがありますか?

聞いたことがあると言う人が多いと思いますが、でも実際にやっている人は
少ないですよね。

簡単に言うとある自治体に寄付をするとその地域の特産品がもらえるのですが、
寄付をした金額が翌年の住民税などが控除されえることです。

※こちらで「ふるさと納税」をわかりやすく説明しています。

今日はふるさと納税のメリットとどのような仕組みなのかについて紹介します。

スポンサードリンク

ふるさと納税のメリットは?特産品は格安で手に入る?

特産品を送付する自治体に寄付をすると、税金が控除されるうえに
お米、肉、お酒、魚、カニなどの特産品が送られてくることです。

例をあげると4万円納税(実際は寄付)をすると3万8千円の
税金が控除される場合があります。

その上4万円分の特産品が送られてきますが、その特産品を自分が
住んでいる所で購入した場合は実際もっと価格が高い場合が多いので

2,000円の負担で3万8千円以上の特産品が手に入ります。

例えば長野県阿南町は1万円の寄付につき20キロのお米がもらえます。
(2014年の分は2ヶ月で終了してしまいました)

普通お米20キロ買う場合は安いブレンド米でも3000円以上しますし
高いブランド米は1万円以上します。

それが阿南町の場合1万円寄付をすると税金で控除されるのが8,000円なので
実質2,000円で購入できるですからお得です。

一度寄付すると次からは2,000円を負担する必要がないため
税金の控除限度額までは実質タダで特産品を手にすることができます。

つまり最初寄付金を1万円払って最初に2,000円の負担をすると
次のところでは1万円寄付しても負担はゼロ。
また別の所で2万円寄付をしても負担はゼロ

合計4万円寄付しても実際は最初の2,000しか負担しないのです。
(もちろん寄付金控除の可能額が4万円の場合ですが)

これならば「ふるさと納税」を利用しない手はないですね。

スポンサードリンク

ふるさと納税はどこの自治体でも大丈夫?

自分の「ふるさと」とは関係なく、全国どの自治体に寄付をしても
大丈夫です。

もちろん寄付は特産物がもらえる自治体にしてくださいね。

特産品を送付する自治体は都道府県で23団体、市区町村で909団体
もあります。(全体の約50%)
「ふるさと納税に関する調査結果」(平成25年9月13日総務省発表)

そして寄付は1ヶ所だけではなく、何カ所でも大丈夫です。

また同じ自治体で年何回でも寄付を受け付けるところがありますので
気に入った場合は再度特産品を手に入れることもできます。
(年に一回のみのところもあります)

ふるさと納税のメリットのまとめ

現在少しずつですが自治体でクレジットカードの寄付も
可能になり、やり取りが簡単になりました。

通常ならば
①申し込み用紙に記入し
②自治体にFAX
③自治体がFAX確認後、振込用紙を郵送
④入金する
⑤自治体が入金確認して受付完了

と本当に時間がかかります。

それがクレジットカードを利用することで
10分で全てが完了します。

およそ全国で半分近くの自治体が取り入れて
少しずつ増えていますので

今まで面倒だと思っていてやらなかった方でも
是非一度試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

ふるさと納税のメリットは?特産品がタダでもらえるの?

ふるさと納税 特産品人気ランキング 肉 豚肉編

ふるさと納税 特産物人気ランキング 牛肉編

ふるさと納税 申し込み方法 実践記録 お米編 Part1

ふるさと納税 申し込み方法 実践記録 お米編 Part2

ふるさと納税 特産物 人気ランキング カニ編

ふるさと納税はサラリーマンでもできるの?確定申告は必要?

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ