ホワイトデーのお返しに意味がある?ホワイトデーの由来と共に紹介します

ホワイトデーは日本で始まったのはご存知の方も多いと思います。

欧米では一切ホワイトデーのような行事はありませんが、
韓国、中国、台湾は日本に影響されてホワイトデーがあるようです。

そんな日本が発祥のホワイトデーの由来とお返しをする際に
気をつけなくてはならないことを紹介します。

スポンサードリンク

ホワイトデーの由来は?

ホワイトデーと呼ばれる前に
福岡の老舗菓子屋「石村萬盛堂」が1978年(昭和53年)

3月14日にバレンタインチョコのお返しとして

「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)
を包んでお返しするよ」
という意味で

チョコマシュマロを「マシュマロデー」として売り出し、

その後全国飴菓子工業協同組合(全飴協)が1980年(昭和55年)から
ホワイトデーの名称にして

全国でクッキーやキャンディなどを販売する菓子店が続出しました。

ホワイトデーのお返しには意味がある?

ホワイトデーのお返しには古くはマシュマロや
クッキー、キャンディなどを渡す方が

多いと思いますが、

実はそれぞれに意味があったというのはご存知でしたでしょうか?

告白した人に返事をする意味も含まれているようです。

なので、意味をわからずに渡してしまうと誤解される
可能性もある
ので、しっかり頭に入れておきましょう。

まずマシュマロには「あなたが嫌い」という意味があります。
これはマシュマロを食べるとすぐに溶けて無くなるので

「それまでの関係」というところから来ているようです。

次にキャンディはマシュマロとは反対に「好きです」
言う意味があるようです。

キャンディは甘さがあり、長い時間楽しめるところから
来ているようです。

そしてクッキーは「友達でいよう」という意味があり

クッキーの軽い食感のようなサクッとした軽い関係を
望んでいるメッセージになるようです。

スポンサードリンク

このように渡すお菓子に意味があるとは思いませんでしたが

先程紹介したように元々マシュマロには

「君からもらったチョコレートを僕の優しさ(マシュマロ)
を包んでお返しするよ」

と言う意味で販売をしていたはずなのに

いつの間に意味が変わってしまったのでしょうか?

世代や地方によって認識はまちまちのようですので

義理チョコのお返しであれば
あまり気にしなくても良いと思いますが、

彼女に渡す場合は意味を知っている場合もあり
好き、嫌いどちらの意味でも勘違いすると

後々大変なので男性の方は気をつけてお渡しください。

ホワイトデーの意味のまとめ

最近ホワイトデーのお返しで人気になっている

マカロンにも

高級お菓子ということで「特別な人」
という意味があるそうです。

マカロンは1個が高いのであまり義理で
渡すことがないと思いますが

本命の彼女や奥さんに贈ると喜ばれる
可能性が高いですよ。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ