「インフルエンザ」の記事一覧

2016年夏も東京などでインフルエンザによる学級閉鎖が!予防接種や対策は?

今年はインフルエンザの集団感染が9月に都内などで発生し学級閉鎖も見られます。
感染した場合にインフルエンザ予防接種は受けなくて良いのか?また予防や対策についてお伝えします。

インフルエンザ予防にはラクトフェリン!ヨーグルトの乳酸菌よりおすすめの理由

今年はノロウイルスの大流行が予想され、いつも以上にインフルエンザ対策をしなくてはなりません。
インフルエンザの予防と言えばヨーグルトに含まれる乳酸菌ですが、おすすめなのは
ラクトフェリンというタンパク質です。なぜ乳酸菌よりラクトフェリンがインフルエンザやノロウイルス対策におすすめのか
紹介します。

インフルエンザ予防接種の料金値上げとワクチン不足の恐れ、予防や対策は?

インフルエンザ予防接種の料金が今年から高くなった理由とインフルエンザワクチンが不足して
予防接種が受けられなくなる可能性があります。
受けられない場合の予防や対策についてお伝えします。

インフルエンザ解熱後何日で登校・登園が可能?二峰性発熱に注意!

インフルエンザ解熱後何日で登校や登園が可能か把握していますか?
間違えて覚えていると自分のお子さんが学校でインフルエンザをうつしてしまうことがあります。
またインフルエンザは熱が下がったと言ってもまた熱が上がってしまう二峰性発熱もあるので
注意が必要です。

インフルエンザ解熱後の出勤はいつから?咳をしても問題は無い?

インフルエンザの解熱後はいつから出勤 可能なのか、そして解熱後出勤可能な日程になったら
咳をしていても問題ないのかお伝えします。

インフルエンザ合併症の種類と症状、大人と子供で傾向が違います

インフルエンザで怖いのが合併症です。最悪の場合死に至ることもあり注意が必要ですが
大人と子供で注意する合併症が違います。合併症にはどうのような種類があるのかまた、気を付けなくてはいけない
合併症についてお伝えします。

インフルエンザ検査するタイミングはいつ?方法、費用、時間について

インフルエンザにかかったと思ってもすぐに病院に行って検査してもらおうと思ってはいけません。
ある程度時間が経たないと陽性反応が出ない為です。検査に行くタイミングや方法、時間、費用について
紹介しています。

子供がインフルエンザに感染した場合の対応方法、看病する際の注意点は?

子供がインフルエンザにかかった時の見分け方や対応方法、そして
看病する際の注意点をお伝えします。

インフルエンザは解熱剤の使用に注意!インフルエンザ脳炎になることも

インフルエンザの症状は高熱が特徴ですが、無理に解熱剤で熱を下げようとすると
致死率の高い、そして後遺症が残る「インフルエンザ脳症」にかかる可能性が高いので注意が必要です。

妊婦のインフルエンザ予防接種の副作用や感染した場合にタミフルは有効か?

妊婦さんは妊娠初期、末期関係なくインフルエンザ予防接種を受けても副作用などの問題は発生しないのか?
また、インフルエンザに感染した場合にタミフルを使用しても問題はないのかお伝えします。

1 / 212
サブコンテンツ

このページの先頭へ