年賀状の一言添える文例、ご無沙汰の目上の人、上司、親戚に分けて紹介

毎年の年賀状は印刷だけで済ませていませんか?

お友達であればそれでも大丈夫からもしれませんが
会社の上司や親せきなどに何も書かずそのまま
出すのはマナー違反です。

必ず一言添えて出すだけであなたへの印象も
全く違ってくる場合もあります。

ただ何を書いてよいのかわからない方も
多いと思いますので、

いくつか例を挙げて紹介します。

スポンサードリンク

上司・先輩への年賀状一言文例

 今後ともご高配を賜りますようせつにお願い申し上げます。

 本年も昨年同様、よろしくご教導たまわりますようお願いいたします。

 これからも変わらぬご指導、ご叱正をお願いいたします。

 厳しくもあたたかいご指導を本年もよろしくお願いいたします。

 昨年同様ご指導の程よろしくお願いいたします。

 本年もよろしくご指導くださいますよう、お願い申し上げます。

 今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

 昨年は丁寧で親身なご指導をいただき、誠にありがとうございました。

 本年もご助言をよろしくお願い申し上げます。

 昨年のご厚情心より御礼申し上げます。

 今年もより一層仕事に精進しますので
ご指導くださいますようお願いいたします。

会社内でもあまり一緒にいることがなく、
特にこれといったエピソードが無い上司の場合でも

やはりこのような一言を添えて出すようにしましょう。

どれも似たような文章ですが毎年同じよりも
少しでも言葉を変えて出すようにしてください。

もちろんいつも一緒にいて身近な上司には
上記の言葉以外に

エピソードなどを添えて書くようにしましょう。

スポンサードリンク

親戚への年賀状一言文例

親戚は頻繁に交流がある場合は
書くことがあるので良いですが

ここ数年全く会わないけど
年賀状のやりとりだけあるという方も
多いと思います。

そのような親戚への一言は

 自分や家族の近況報告
 相手の家族のことを気遣う、または感謝の言葉
書くのがポイントです。

 ○○も無事に1歳を迎えてよちよち歩きが
できるようになりました。

 息子の○○も今年は小学生になります。

 ○月に家族で○○に行って来ました。
久々にゆっくりできました。
○○さんの家族にもとてもおすすめです。

 時の経つのは早いもので○○君も高校生ですね。

 ○○ちゃんもすっかり大きくなられたでしょうね。

やはり親戚に書く年賀状は家族や子供のことが
書きやすいですね。

それでは子供がいない、または大きくなって
書くことが無くなった場合はどうすれば
良いでしょうか?


ご無沙汰の目上の人への年賀状一言文例

 昔お世話になった目上の方
 異動して全く会っていない会社の上司
 ここ数年会っていない親戚

などに年賀状を出す場合は

毎年同じことばかり書いても失礼ですし、

とは言え、子供も大きくなり書くことが
思いつかない場合があるのではないでしょうか。

それでも印刷しただけのものはマナーが悪いと思われるので
せめて下記のような言葉を一言添えるようにしましょう。

相手を気遣う一言

 お変わりありませんか
お蔭さまでこちらはつつがなく暮らしております

 ご無沙汰しておりますがお元気でしょうか?
こちらはおかげ様で家族一同元気に過ごしております

 ~様はいかがお過ごしでしょうか?
こちらは相変わらずの日々を過ごしております

相手の幸せを願う一言

 ますますのご活躍をお祈りしています
 素敵な年になりますようお祈りしています
 寒さ厳しい折り、お風邪など召しませぬよう
ご自愛くださいませ
 お元気で幸多き年となりますように
お祈りしています。

まとめ

親しい人でも毎年何を書くか悩むことも
多いと思いますが、

年賀状のやりとりだけで疎遠になっている人は
なおさら難しいと思います。

そのような場合に基本は
相手を思いやる心遣いや感謝を述べて

これからもよろしくお願いします。
という文章で終われば良いですね。

年末に慌てて書く方も多いと思いますが
そのような場合でも手書きで一言添えるのが
マナーです。

心を込めて丁寧に書きましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ