食べてはいけない添加物 酒のつまみのサラミ・ジャーキーは危険

お酒のつまみは色々ありますが、
中でもサラミ・ビーフジャーキーが
好きという方は多いですし,

一度食べだすと止められないと
言う人もいますね。

ですが、市販のサラミ・ビーフジャーキーは
危険な添加物が入っている商品が多いのが現状です。

今回はサラミ・ジャーキーの危険性についてお伝えします。

スポンサードリンク

サラミ・ジャーキーに含まれる危険な添加物

サラミ・ジャーキーは独特の赤茶色を
していますが、

市販の多くのハム・ウィンナー・ベーコンと
同様にその色を維持するために亜硝酸Na(ナトリウム)
添加されています。

亜硝酸Naは毒性が強く、また胃の中で
肉に含まれるアミンという物質と結びついて

ニトロソアミン類という強い発がん性物質
なることがわかっているので要注意です。

詳しくは亜硝酸ナトリウムの発がん性の危険性と業者が使用する目的は?
を参照してください。

また保存料のソルビン酸K(カリウム)も注意が必要です。

ソルビン酸Kは細胞の染色体異常を引き起こしたり、
DNAの修復に障害をもたらします。

もちろんこのような危険な添加物もメーカーが
使用しているのは国が許可を与えているためで

使用量も微量なので、多少食べたくらいでは
問題ありません。

ですが多くの加工食品に亜硝酸Naや
ソルビン酸Kが使用されているので

知らないうちに思った以上に多く摂取している
可能性があります。

また、1980年代の中頃にドイツで
「ニトロソアミン殺人事件」という
犯罪事件が発生し、

日本のテレビや雑誌でも取り上げられました。

この事件は化学を専攻する大学教授が
奥さんの好物のジャムにニトロソアミン類を
密かに混ぜて

何年間も食べさせて「肝臓がん」で死亡させた事件です。

同じようにサラミやジャーキーを長年食べたからと
いって、必ず肝臓がんになるわけではありませんが

このようにいくら微量でもずっと食べ続けていると
身体に良くありません。

スポンサードリンク

亜硝酸ナトリウムが含まれている加工品は?

「自分は毎日サラミやジャーキーを食べないから
大丈夫!」と思っている人も多いかも
しれませんが

ニトロソアミン類を生成する原因となる
亜硝酸Naは

ハム・ソーセージ、ベーコン・コンビニのおにぎり、
サンドイッチ、お弁当などにも使用されるので

知らないうちに思った以上に摂取している
可能性があります。

便利・安いということでスーパー、コンビニ、
ファーストフードなどの添加物いっぱいの商品を
食べる機会が多い方もいるとは思いますが、

できれば食品添加物たっぷりの加工食品を
毎日食べるのはおすすめできません。


サラミ・ジャーキーの危険な添加物のまとめ

危険な添加物が含まれているサラミ・ジャーキーですが、

もちろん無添加のサラミ・ジャーキーもあります。

少々高いかもしれませんが、添加物がない本物のサラミを
たまにはつまみで食べてみてはいかがですか?

スポンサードリンク



関連記事

飲んではいけない添加物 微糖・ゼロ 缶コーヒーは危険がいっぱい?

食べてはいけない添加物 マヨネーズとカロリーハーフどちらが身体に良い?

食べてはいけない添加物 イーストフード使用の食パンは大丈夫?

食べてはいけない添加物 輸入フルーツの安全性は? 防カビ剤は危険?

食べてはいけない添加物 ガムは歯に良いけど身体には危険?

ナチュラルチーズとプロセスチーズの違いは?食品添加物は使用しているの?

食べてはいけない添加物 栄養ドリンクは効果あるの?毎日飲んでも平気?

マグロは食べ過ぎ注意、メチル水銀の妊婦への影響は?子どもは大丈夫?

米国産牛、豪州産牛、欧州牛一番安全な輸入肉はどれ?

食べてはいけない添加物、カップ麺、インスタントラーメンは危険?

食べては危険な添加物 コンビニおにぎり、弁当は大丈夫?発がん性は?

食べては危険な添加物 菓子パン、サンドイッチ は大丈夫?

食べていけない添加物 ハム・ウィンナー・ベーコンは危険?発がん性は?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ