いちご狩り・食べ放題2018!神奈川の平塚、伊勢原、秦野のイチゴ農園を紹介

神奈川県にはいちご狩りができる農園がたくさんあります。

先日は横須賀、厚木、海老名、横浜のイチゴ農園を紹介しまししたが、今回も神奈川県でいちご狩りの人気スポットの平塚、伊勢原、秦野のイチゴ農園を紹介します。

関連:いちごの栄養成分には多くの健康・美容に効果あり!ダイエットにも良い理由は?

平塚にある人気のおすすめイチゴ農園

すぎやまいちご園

平塚も多くのいちご狩りができる農園がありますが一番おすすめは「すぎやまいちご園」です!

すぎやまいちご園

ここはいちごの種類が豊富で

  • レッドパール
  • さちのか
  • やよいひめ
  • 桃薫(とうくん)
  • アスカルビー
  • おいCベリー
  • もういっこ

と7種類の食べ比べができます。

ハウス内のイチゴは高設栽培なのでしゃがみっぱなしで腰を痛めることがなく、立ったままイチゴ狩りが楽しめます。

通路も広めに確保されているのでベビーカーや車椅子でもイチゴ狩りができるのが安心ですね。

また人気があるイチゴ園でも栽培の面積が小さくてイチゴを採れる量が少ないと

 土日祝日だけの営業
 到着したらイチゴが無くなっていて閉園
 完全予約制でないと入れない
 開園前に受付終了

なんてことも。

せっかく来たのにいちご狩りができずに帰らなければならない場合があります。

ですがすぎやまいちご園は

全天候型大型ハウス(全部で2,400㎡)とかなり大きいいちご農園なので行ってみたら終わっていたということは
比較的少ないと思います。

ただ大きな団体予約が入っていたり、時期によってはお客さんが集中することもあるのと、休みは不定期なので必ず電話で問い合わせしてからお出かけください。

[important] ※以前はペット同伴可能でしたが一昨年からはダメになってしまったようなので注意してください[/important]
2018年は1月8日より開園します。
予約時間は10時スタートのみです。
1月3日13時より電話にて受付をスタート!

期間は5月中旬までやっています。

営業時間は10:00~15:00(食べるイチゴが無くなり次第終了)

30分食べ放題、ミルクのおかわり自由

住所:平塚市小鍋島1172
お問い合わせ 0463-55-0265

ホームページはこちら

湘南いちご狩りセンター

湘南いちご狩りセンター

5つの農園で構成されている湘南地域最大のイチゴ狩り農園でその日いちごの生育が一番良いハウスを案内してくれます。

イチゴの種類は

  • さちのか
  • 紅ほっぺ
  • とちおとめ
  • やよいひめ
  • おいCベリー

全5種類で農園によって食べられるイチゴの種類が違います。

イチゴ狩りの期間は4月末までですが湘南地域最大ということもあって期間中は原則第3水曜日以外は営業しています。

駐車場も450台分止められるので満車の心配はほとんどありません。

こちらは予約優先になっていますので平日であればそれ程混雑なく食べられると思いますが、土日祝日は予約して確実に食べられるようにしましょう。

今シーズンのいちご狩りは、1月5日(金)より開催されます。

予約受付は、12月21日(木)からスタートしています。

30分食べ放題(練乳無料おかわり可)

料金

1月5日~4月8日
小学生以上:1600円 2歳~就学前:900円

4月9日~4月30日
小学生以上:1200円 2歳~就学前:700円

住所:平塚市寺田縄424-1
お問い合わせ:090-6709-4051

ホームページはこちらから



おおぱぱの苺や

おおぱぱの苺や

おおぱぱの苺や」の栽培方法は県内唯一の水耕栽培と土耕高設栽培ですが、両方とも立体式なので立ったままで摘み取りができます。

そして嬉しいことに設備がとてもキレイで水洗トイレが完備しているのはもちろん、イチゴ農園にしては珍しく化粧室もあります。

品種は

  • あきひめ
  • さちのか
  • 女峰
  • 紅ほっぺ
  • やよいひめ

と種類も豊富です。

期間は6月末までですが定休日が月・水・金祝日は営業)予約は必須になります。

2017年12月30日(からスタート!

料金

3月18日まで
小学生以上1,700円、幼児(2歳以上)1,300円

3月19日~閉園まで(6月下旬)
小学生以上1,500円、幼児(2歳以上)1,000円

持ち帰り料金 100g 200円

予約はこちらのホームページからもできます。

営業時間10:00~14:00(最終受付)

内海園芸

内海園芸

内海園芸のイチゴは2013年に「神奈川県知事賞」を受賞するなど、品質が良く他の生産者からも注目を集めています。

種類は

  • さちのか
  • 紅ほっぺ
  • おいCベリー

3種類です

営業期間は毎年1月から5月上旬までです。

また休日が不定期なので電話で確認と予約は必須です。

必ず確認してからお出掛けください。

料金

1月~2月28日まで
小学生:1700円、2歳~未就学児:900円

3月1日~4月14日
小学生:1600円、2歳~未就学児:800円

4月15日~5月上旬
小学生:1200円、2歳~未就学児:700円

開園時間:10:00~

30分間ミルク付き食べ放題

住所:平塚市北豊田712
問い合わせ:0463-34-0510

ホームページはこちらから

伊勢原の人気のおすすめイチゴ農園

川島いちご園

川島いちご園

伊勢原地区で人気があるのは川島いちご園です。

その特徴は有機肥料100%減農薬栽培で育てているイチゴで旨味、香りが強く、甘さもたっぷりです。

高設栽培と土耕栽培で品種が変わり、

高設栽培:紅ほっぺ、おいCベリー、レッドパール
土耕栽培:とちおとめ、さちのか

に別れています。

こちらは当日の生育状況によって、イチゴ狩りができる場所が決まりますので注意してください。

土耕栽培のイチゴはイチゴ狩り料金が100円引になります。

基本料金1月~4月上旬は1,700円

30分食べ放題

期間は5月下旬で3月15日までは平日は休みです。
3月16日以降は不定休なので

予約は不要ですが営業をしているかお問い合わせしてください。

住所:伊勢原市小稲葉969
お問い合わせ:0463-95-1877

金額やアクセスなどはこちらを参照してください。



秦野の人気のおすすめイチゴ農園

秦野地区はなんといっても水がキレイで自然に囲まれているので最高の環境でイチゴ栽培されています。

かたのいちご園

かたのいちご園

2012年にオープンした比較的新しいイチゴ農園です。

こちらの特徴は種類が豊富にあり、

  • おいCベリー
  • やよいひめ
  • 紅ほっぺ
  • さちのか
  • 桃薫
  • あすかルビー
  • レッドパール
  • よつぼし
  • あまおとめ
  • とちおとめ

10種類のイチゴが楽しめるので好みのイチゴを見つけてくださいね。

※状況により品種が限られる場合があります。

高設土耕栽培なので立ったままでイチゴ狩りが楽しめます。

通路も広くベビーカーや車椅子でも安心して利用できます。

期間は5月上旬までで休日は不定休ですが、土日祝に関しては予約が必要なので必ず確認してからお出掛けください。

<開園期間>2018年1月6日~GW頃
<開園時間>10:00~15:00(いちごがなくなり次第終了)

期間 料金
(2歳~)
1月6日~4月8日
1800円
4月9日~GW
1200円
GW後~閉園
700円

30分食べ放題、ミルク無料(おかわり自由)

住所:秦野市戸川1063
お問い合わせ:090-8114-2082
ホームページ

ファームスクエア丹沢の森

ファームスクエア丹沢の森

全国名水百選でもある秦野の名水を使用し自然豊かな環境で育てているイチゴはとても美味しいと評判です。

施設は高設栽培なので立ったままイチゴを摘むことができ、車椅子やベビーカーでも安心ですし、昨シーズンから増設されてとても利用しやすくなりました。

種類は

  • おいCベリー
  • 紅ほっぺ
  • あきひめ
  • かおり野
  • よつぼし
  • やよい姫

全6種類です。

また植物好影響を与えると言われているクラシック音楽を流しながら生育しているので環境と施設が充実したイチゴを是非食べてもらいたいです!

もちろんイチゴ狩りの際も美しい音楽を聴ききながら食べることができますよ。

期間は5月下旬までで定休日は不定休です。

2018年は1月7日()からスタート!

9:45からと11:00からの予約ができます。

料金

オープン~2月28日
1,000円(3才~未就学児) 1,800円(小学生以上)

3月1日~4月8日
900円(未就学児) 1,700円(小学生以上)

4月9日~5月6日
800円(未就学児) 1,300円(小学生以上)

5月7日~閉園
500円(未就学児) 800円(小学生以上)

住所:秦野市堀西1328
お問い合わせ:080-2098-4452

ホームページはこちらから

予約は必要なので必ず事前に連絡してから出掛けましょう。

神奈川イチゴ農園のまとめ

神奈川県は本当に人気のイチゴ農園がいっぱいありますね。

そして食べ放題の価格は期間が終わりに近づくにつれて安くなっていますが、イチゴの旬な時期は4月、5月よりも
1月、2月と早い時期ですので、美味しいイチゴを食べたい時はできるだけ早い時期に行くのがおすすめです。

またお昼頃に行くよりも朝一番に行くことをおすすめします。

その理由は大きくて甘い実が残っている可能性が高いのと昼近くになってハウスの温度が上がるとイチゴの温度も上がってしまいます。

美味しい冷えたイチゴを食べることができる朝一番にイチゴ狩りに行ってくださいね。



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ