寝る前や夜遅い食事が太る理由!おすすめのダイエット法を紹介します!

仕事で夜遅くなると食事が遅くなり、すぐに寝ると太ると言われていても翌日の仕事を考えるとすぐに寝てしまう人も多いと思います。

また夜遅い食事も太る原因なので控えた方が良いと言われています。

ではなぜ寝る直前の食事や夜中の食事が、他の食事よりも太ってしまうのか、また太らないためのおすすめのダエイット法を紹介します。

寝る前に食べると太る理由

人は食べると血糖値が上がりますが特に糖分や炭水化物を食べると血糖値が急上昇します。

急激に血糖値が上がると肥満の原因になるインスリンが多量に分泌されて、中性脂肪が体内に溜まるのを促進し中性脂肪の分解を妨害してしまいます。

つまり寝る前に食べると血糖値が上がったまま寝るのでインスリンが発生し、中性脂肪をどんどん溜めて、太ってしまうのです。

寝る3時間以上前に食べる人と比べて全く同じ食事を同じ量食べたとしても寝る前の方が太りやすいので、寝る前の食事には気をつけないといけません。

夜遅く食べると太る理由

実は寝る前の食事だけでなく夜遅くの食事も太ってしまいます。

「えっ?寝る3時間前に食べれば良いんじゃないの?」

と思う人もいるかもしれませんね。

最近の研究では夜中に食べると太ることがわかってきました。

タンパク質の一種にBMAL1(ビーマルワン)という成分があります。

この成分は脂肪を蓄積させる作用があり、多ければ多いほど脂肪を溜め込んでしまいます。

またBMAL1は時間帯によって増加が見られ昼間は少ないのですが、夜に増加する性質があり、

午後10時頃から急増し午前2時~午前4時頃にピークを迎えます。

つまり夜10時~午前4時の間に食べると他の時間に食べるよりも太りやすくなるのです。

そのため夜仕事が遅い人は食事が遅くなり、食べてからすぐに寝る傾向にあるのでどうしても太ってしまう傾向にあります。

夜遅い食事の方におすすめのダイエット法

では夜遅い食事をする方で食べた後どうしてもすぐに寝なければならない方がダイエットをするにはどうしたら良いのでしょうか?

答えは簡単で

  • 夜10~朝4時までは食べない
  • 寝る前3時間は一切食べない

ということになるのですが、

それでは「元気が出ないよ~」という方や「お腹が空いて眠れない」という方も多いと思います。

ダイエットは無理をすると継続するのが難しいですし、リバウンドすることも多いので無理なく健康的にダイエットする方法を紹介します。

①低G1の炭水化物に変更する

GI値(グリセミック指数)とは炭水化物が分解され糖に変わるまでのスピードを現した数値です。

GI値の低い食品は血糖値が急激に上がることの抑制効果が期待できる食品と言われています。

血糖値の上昇がゆるやかになると言われるのはGI値70以下の食品です。

ここで主なGI値の高い食べ物と低い食べ物を紹介します。

GI値の高い炭水化物(GI値70以上)
食べ物       GI値
フランスパン    93
食パン       91
白米        88
うどん       80
もち米       80
赤飯        77
ベーグル      75
コーンフレーク   75
GI値の低い炭水化物(GI値70以下)
パスタ        65
そば        59
ライムギパン    58
玄米        55
五穀米       55
発芽玄米      54
全粒粉パン     50
全粒粉パスタ    50
中華めん      50
黒米        50
赤米        49
ハトムギ(生)   49
オールブラン    45
春雨        32

朝は食パンか白米を食べる方が多いですが両方ともGI値が高いので夜は控えるようにしましょう。

ダイエットをしている方はできれ全粒粉パン玄米を摂るようにしてください。

そしてうどんを食べるよりもGI値の低いそばがおすすめです。

パスタはGI値65と低いですが全粒粉パスタはGI値50なので、さらにおすすめです。

全粒粉とは小麦粉の一種で小麦の表皮、胚芽を全て粉にしたものです。

一般的な小麦粉と比べてミネラルや食物繊維などの栄養素が多く含まれているので健康にも良いです。

食物繊維は腸内環境を改善して便秘の予防や改善をしてくれるのでダイエットにも良いと言われています。



②スムージーを飲んでダイエットをする

スムージーはミランダ・カーなどの海外の有名モデルが飲んでいることで話題になりました。

日本でも若い女性を中心にブームになっており雑誌でも頻繁に取り上げられているので知っている方も多いでしょう。

スムージーの特徴

  •  低カロリー
  •  腹持ちが良い
  •  栄養たっぷり
    という点です。

ほとんどのスムージーは1杯あたりのカロリーが100kcal前後で、野菜や果物から得られる栄養をたっぷりとることができるのでダイエットだけでなく美容にも効果があります。

またカロリーが低い割に腹持ちが良いので夜中に食事を摂る代わりにグリーンスムージー1杯飲めば

「お腹が空いて動けない」とか「お腹が空いて眠れない」ということもありません。

また1杯あたりの価格が100円前後と安いので継続しやすいです。

夜遅くまで仕事がある方はどのようにグリーンスムージーを摂り入れたダイエットを実践すれば良いのかというと

「夜10時~朝4時の間に食べる食事にグリーンスムージーを摂り入れる」ことです。

低G1食品は確かに血糖値の急激な上昇はありませんが、やはり食べ過ぎてしまう場合があります。

そのような人には炭水化物の代わりにスムージーを飲み、おかずやみそ汁などはそのまま食べるが一番のおすすめです。

ただ腹持ちが良いスムージーではありますが、どうしてももの足りない方は低G1食品を少しだけ食べて後はスムージーやおかずを食べるようにしてください。

また本格的にダイエットをする方は間食のおやつ代わりにスムージーを飲むことをおすすめします。

グリーンスムージーは色々な種類が販売されていて迷うかもしれませんがおすすめ品を紹介します。

「ミネラル酵素グリーンスムージー」です。

51FYzGaQvkL._SY355_

私も以前は毎日終電で帰ってきて、お風呂に入った後食べるのは夜中の2時位でした。

そんな生活を5年も続けていたので、結局10㎏位太り、健康診断で脂肪肝と診断されました。

その後、夜中に食べる、寝る前に食べると太るということ知ってこのままではますます太り、病気になるかもと思いました。

そこで実践したのがグリーンスムージーのダイエットでどのスムージーにしようか迷ったあげく

  • 品質(栄養素やカロリー)
  • 価格
  • 口コミの評価
  • 人気

どえをとっても間違いない「ミネラル酵素グリーンスムージー」を選びました。

1杯のカロリーが22.86kcalと非常に低いのが特徴で、

野草や野菜、果物、穀類、海藻を原料とした約200種類の栄養素をコップ1杯に凝縮しています。

「青汁のように不味いのでは?」と思われるかもしれませんが

味の種類は

  • マンゴー味
  • アサイーバナナ味
  • はちみつレモン味
  • 豆乳抹茶味

から選ぶことができどれも飲みやすく仕上がっています。

味はマンゴー味が一番人気です。

飲み方は簡単で水やミルクを加えてシェイカーで混ぜるだけです。

その他のおすすめポイントとして

  • 人工甘味料が含まれていない
  • 12種類のビタミンと6種類のミネラル配合
  • 4種類の食物繊維配合で満腹感が持続

このようなスムージーにはカロリーを抑えるためにスクラロースやアセスルファムKなどの危険性が高いと疑われている人口甘味料を使用している商品が多いですがこの商品には含まれていません。

さらにこのスムージーに含まれる水溶性食物繊維は水分を吸収してふくらむため満腹感を得ることができます。

夜勤などでどうしても食べたい人にとってもありがたい飲み物です。

飲み方は簡単で水やミルクを加えてシェイカーで混ぜるだけです。

1日分(6g)あたりの価格約74
(定期コースの場合、初回は1日分約66円)

  • 定期コース初回1,711円
  • 2回目以降1,925円
  • 1杯あたりのカロリー 23kcal

※定期コースの場合最低3回の継続が必要です

たった1杯(6g)で1日に必要な12種類のビタミンを3分の1も摂ることができます。

カロリーが低いだけでなく、満腹感もあって
栄養もたぷっり摂れるのに価格も安いのがうれしいですね。

こちらは公式サイトから購入するとシェイカーがプレゼントされます。

他のスムージーと比べても価格も安くカロリーも低いです。

初めてグリーンスムージーを飲む方におすすめの一品です。

ミネラル酵素グリーンスムージー公式サイトはこちらから

まとめ

私はグリーンスムージーダイエットして半年で5kg位減った後仕事を辞めました。

その後は夜6時位に食事をして12時頃に寝ていたのですが、やはり寝る前にお腹が空いてしまうので
グリーンスムージーを飲んでから寝たところ、2か月で5kg減量ができて標準体重以下になりました。(トータル10kg減)

必ずしも誰がやっても同じような効果が得られるとは断言できませんが、太り過ぎの方にはかなり効果があると思いますし、肌の調子も良くなりました。(規則正しい生活をしていたという理由もありますが)、

是非夜遅い食事の方や夜中に食事を摂る夜勤の方に是非おすすめしたいダイエット法です。





コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ