化粧品の使用期限を守らないと肌荒れに。未開封と開封後に違いはあるの?

食品には賞味期限や消費期限があるのは
ほとんどの方がわかっていますが

化粧品も使用期限があるのは知っていましたか?

今日は化粧品の使用期限切れを使うとなぜ危険なのか、
また未開封と使用済の使用期限、

化粧アイテム別の使用期限などをお伝えします。

スポンサードリンク

未開封の化粧品の使用期限はいつまで?

そもそも化粧品に使用期限があるなんて
知らなかった人もいるかもしれません。

多くの化粧品には使用期限なんて書いてないし。
食べるわけではないから問題ないと思っていませんか?

ではなぜ化粧品に使用期限があるにも関わらず
使用期限も製造日も表示されていないのかと言うと

薬事法で未開封の状態で3年以上品質が保持されている
化粧品については製造日も使用期限も表示しなくて
良いからです。

また3年過ぎたからと言っても数日過ぎたくらいでは
急に劣化することはありません。

3年以上過ぎた場合に使用できるかどうかの
ポイントは

 分離していない
 すっぱいニオイがする
 変色している

このような状態であれば捨ててください。
(判断は自己責任でお願いしますね)

開封済化粧品の使用期限短くなる?危険なの?

食品と同じで化粧品は開封すると期限が短くなります。
その理由は空気が入って酸化してしまうからです。

そして酸化すると黄色ブドウ球菌などの細菌が繁殖します。
黄色ブドウ球菌は食中毒が発生する原因となる菌です。

そのような菌が入っている古い化粧品をもったいないから
と言って使い続けていると

繁殖した細菌が毛穴に入り、

炎症・発疹・シミ・色素沈着・くすみ・ニキビ・かぶれ等の
肌トラブルを起こす原因となります。

なので開封済の化粧品は
早めに使い切るようにしてください。

アイテム別の化粧品使用期限

開封済の化粧品と言っても全部が同じ様に
使用期限が短くなるわけではありません。

それではアイテム別に
開封済の化粧品の使用期限目安を
お伝えします。

3ヶ月以内

s_0_VcContents_prdtil1-0__VcSrcContents_prdEyesImg-0_VcContentsImage_prdtilimg

 マスカラ
 アイシャドー
 リキッドアイライナー

使用期限で
一番注意しなければいけないのが
アイメイク商品です。

目の周りの部分に使用するので
菌が繁殖した場合にダメージが大きくなります。

感染症や結膜炎を起こす場合がありますので
注意してください。

同じマスカラを使う場合は3ヶ月以内に使い切る
ことが多いのですが、

いくつかマスカラを同時に使用する場合は
容器に日付を貼るようにして

わかりやすくしましょう。

スポンサードリンク

アイシャドーは
パウダータイプであれば2年程度持ちますが、
クリームタイプであれば3ヶ月か長くても半年です。

リキッドアイライナーは液状のタイプは
菌の繁殖が早くなるので注意が必要です。

ペンシルアイライナーであれば1年程度は持ちます。

6ヶ月以内

SDH001
 スキンケア
(化粧水・乳液・美容液・クリーム・クレンジング・洗顔)
 ファンデーション・化粧下地
 日焼け止め

スキンケアアイテムは肌の内部まで
浸透するため、菌が繁殖すると肌がとても荒れるので
注意が必要です。

防腐剤無添加の製品はさらに短くなり
1ヶ月くらいでダメになるものがあります。

ファンデーションはリキッドタイプが半年
パウダータイプは1年くらいまでは大丈夫です。

日焼け止めの成分は刺激が強い場合が多く、酸化しやすいので
昨年使ったものをまた今年も使用するのはおすすめできません。

1年以内

マニキュア
 マニキュア
 グロス

マニキュアは1年以上過ぎても使用出来る場合がありますが、
乾いてきて、液体が2層に別れたら使うのを止めましょう。

グロスは粘っこくなったら使用を控えてください。

2年以内

yjimage
 口紅
 チーク

口紅は2年と結構長持ちしますが、唾液などの口内の
細菌が直接付着すると劣化が早まるので、

リップブラシ等を使うと長持ちします。

チークも清潔に使用することが前提です。
チークブラシも2、3日に1回を目安に洗うようにしましょう。

以上アイテム毎に紹介しましたが、
キレイに使用しないと期限が短くなりますので
気をつけてくださいね。

化粧品の使用期限のまとめ

化粧品は食品と同様に期限があることが
わかったと思います。

化粧品が長持ちさせるには

 高温・多湿・直射日光のあたる場所で保管しない
 容器のフタはしっかり締める
 メイク道具を清潔に保つこと

が必須です。

ですが基本は
「開封後はできるだけ早く使い切る」
ことです。

肌のトラブルをできるだけ避けるためにも
常に意識してくださいね。

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ