市販の歯磨き粉の危険な成分に注意!安全なおすすめの歯磨き粉を紹介

普段何気なく使っている歯磨き粉ですが

市販の歯磨き粉の中には体にかなり危険な
成分が入っているのを知っていますか?

何も知らずにこのまま歯磨きをしていると
病気になる危険性もあるのです。

今日は歯磨き粉の危険な成分と注意や
おすすめの歯磨き粉を紹介します。

スポンサードリンク

歯磨き粉の成分ラウリル硫酸Naに注意

現在使っている歯磨き粉の裏面の成分表を
確認してください。

ラウリル硫酸Na(ナトリウム)と表示がありますか?
もし書いてあったならば、使用を控えたほうが良いです。

ラウリル硫酸Na合成界面活性剤のひとつで
主に泡立ちを良くするために歯磨き粉だけではなく
シャンプーなどにも使われます。

関連:市販のシャンプー・リンスの成分は危険がいっぱい。おすすめのシャンプーを紹介

泡立ちが良いと歯を磨いた気分になりますが
実はこのラウリル硫酸Naは危険な成分なのです。

実際にアメリカや欧米の一部では
ラウリル硫酸Naを禁止している国も
ある程です。

この成分は口内粘膜から吸収しやすく
ダイレクトに血管に入って15秒で心臓に届きます。

また目の裏や肝臓、
女性の場合は子宮等に蓄積します。

近年若年性白内障が多くなっているのですが
それは歯磨き粉に含まれるラウリル硫酸などが
原因のひとつではないかと疑われています。

また最近の若い人に味覚障害が多いのも
ラウリル硫酸Naなどの合成界面活性剤が

舌の表面の味細胞を溶かして破壊しているのが
原因だと言われています。



薬用オーラパールホームページはこちら

発がん性やアルツハイマーの危険性がある成分

危険な成分はラウリル硫酸Naだけではありません。

 プロピレングリコール・・・発がん促進作用
歯磨きの後口の中をしっとりさせてくれる保湿剤、
カビを防ぐ効果がるため食品や化粧品などにも使用される

 サッカリンナトリウム・・・発がん性
砂糖の500倍の甘さを持つ甘味料で
加工食品にも使用されています。

お子さん用の甘い歯磨き粉に使用されている
ことが多いです。

サッカリンNaは以前発がん性の疑いがあり、
日本で使用が禁止された添加物です。

その後、過去の動物実験でのサッカリンの量が
尋常ではなかったということで再検査の結果、

問題がなかっため使用が可能になり
現在日本では使用量に制限をつけています。
(制限をしているところで安全ではないといっている
ようなものですが)

もともとサッカリンは発がん性のあるコールタールの
研究中に偶然発見された成分です。

コールタールは塗装やサビ止めに使用されるものですが
注意書きに発がん性の危険を記載している商品もあります。

そんな発がん性危険のある成分からできているサッカリンが
安全で問題ないと言われても「本当に大丈夫?」と
思ってしまいますよね。

実際にサッカリンは使用禁止の国もありますし、
サッカリンを使用しなくても子供用に甘い味の
安全な歯磨き粉も作れますし、

実際安全な甘い歯磨き粉もあるので、できれば
サッカリンは使用してもらいたくない成分です。
(おそらくサッカリンはかなり安く手に入るはずです)

 水酸化アルミニウム・・・アルツハイマー、味覚障害など
研磨剤として使用されています。

酸化Ti(チタン)発がん性
アルツハイマー不妊などの可能性が

安定剤として使用されています。

 フッ素・・・発がん性
多くの歯磨き粉に使用されています。

フッ素は「微量であれば問題にない」という専門家もいれば
「微量でも体に悪い」と言う専門家もいます。

フッ素は多くの歯磨き粉に含まれていますし
歯医医院でも虫歯予防にフッ素塗布(とふ)をしている
所も多いです。

フッ素は大量に取れば体に悪影響を及ぼすのは
多くの人が認めていますが

歯磨き粉に含まれる体に悪いと言われる成分は
微量なのでそれほど人体に影響はないと
言われています。

賛成派は「フッ素は食べ物にも含まれている
自然界に存在するから安心だ」

「塩だってたくさん摂れば害になる」

と言う人もいますが

自然界に存在するもので体に悪いものは
ありますし、

塩は体に必要なもので、かつ一度に大量に
摂るのはしょっぱくて食べることができません。

フッ素は虫歯には効果あるのかもしれませんが
絶対に身体に必要な成分ではありません。

少量で歯磨き粉は基本飲み込まないので
安全かもしれません。

ただ歯磨きは1日最低でも2回、
最近は食後に必ず磨く人も増えていて1日3回
磨くということは

1年間で1,000回近く、10年で10,000万回です。
これでも微量だからと言って人体に影響はないのでしょうか?

また研磨剤がたくさん入っている歯磨き粉もあまり
おすすめできません。

研磨剤とは文字通り歯を磨いて研ぐ成分で
タバコのヤニやコーヒーなどの長年の汚れを
落としてくれて、

商品には研磨剤ではなく清掃剤と表示されています。

CMでも「白い歯にはま〇〇!」と歯磨き粉を宣伝していますが
研磨剤の歯磨き粉で何十年も磨くと

歯の表面のエナメル質がはがれてしまい
その下の象牙質が現れてきます。

象牙質はもともと黄色ので、せっかく歯を
白くしようとしているのに結局は黄色くなったり

知覚過敏などの原因になるだけでなく
虫歯菌などの悪玉菌が歯の内部に侵入しやすくなっていまいます。

研磨剤がなくても歯は白くなりますし、
もしどうしても使用するならば週に2回とか使用頻度を
減らさないと歯に悪影響を及ぼします。

ましては子供に研磨剤入りの歯磨き粉は必要ありません。
ですがアンパンマンなどの子供歯磨き粉にも
研磨剤が入っているのでおすすめはできません。

安全な子供歯磨き粉おすすめ

「市販の歯磨き粉の成分が危険」とか
「研磨剤は使用しない方が良い」など

テレビの情報番組ではやりませんが、
これは当たり前のことです。

テレビ局のスポンサー(宣伝費としてお金を
落としてくれる)である大手メーカーの商品を

「体にあまり良くないので使用を控えましょう」と
言うわけがありません。

それにメーカー側も危険(と疑われる)成分も
容量を守って使用しているので違法ではないし、
国からも指導を受けていない、などと主張するはずです。

ただここで「なぜ危険(と疑われる)成分を使うの?」と
疑問に思うかもしれません。

それはそのような成分はとても安く手に入れることが
可能だからです。

大手メーカーは原料を大量購入して大量生産し、
価格を安くすることができます。

価格を安くして宣伝費を使っても多くの消費者が
購入してくれるので利益が出ます。

メーカー中にも安全で虫歯や歯周病を予防できる
本物の歯磨き粉を作りたいと思っている人もいるかも
しれませんが、

それだと販売金額が高くなり売れない可能性があるので
「泡立ちが良くて歯を磨いたような気分になる」
安い歯磨き粉を販売しているのです。

実際に歯医者さんに「市販の300円程度の安い歯磨きを
使用している」というアンケートを取ったら

「はい」と答える人はほとんどいないのではないのでしょうか?

ですが実際に安全で虫歯や歯周病予防に本当に効果がある
歯磨き粉も販売されています。


安全なおすすめの歯磨き粉

現在市販の歯磨き粉を使っていても歯が丈夫な方は
それで十分と思うかもしれませんが

できれば危険な成分が入っていない歯磨き粉で、
それほど高くない商品もあります。

パックス ソルティはみがき(80g324円)

塩化ナトリウムの働きで、歯茎をひきしめ
歯槽膿漏、歯肉炎を防ぐ塩入り薬用ハミガキです。

合成界面活性剤(ラウリル硫酸Naなど)、
サッカリンは使用していません。

子供用の安全な歯磨き粉もあり
どれもお手頃な価格なのでおすすめです。

324円とお手頃な価格なので歯が丈夫な方て
成分が安全な歯磨き粉を探しているという方に
おすすめです。

製造元の太陽油脂(株)は歯磨き粉以外にも
体に優しい商品を販売しています。

パックスソルティーはみがき 80g (塩歯磨き粉)はこちら

オーラパール

138693

オーラパールは口臭予防、歯周病予防だけではなく
歯のホワイトニング効果も期待できる歯磨き粉です。

もちろん危険な成分は入っていませんし
ホワイトニング効果がありながら研磨剤を使用していません。

私は別のホワイトニング剤を使用して
汚れを落としたことがあったので

ものすごく汚れが落ちたわけではないのですが

口コミでの評判も高く私の母にプレゼントしたところ
「本当に汚れが落ちて白くなった!」と喜んでいました。

今まで一番効果あると実感できた歯磨き粉です。

歯周病は単なる歯の病気と思っているかも
しれませんが、

現在は動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病の
原因とも言われています。

特に30代以上になると歯周病のリスクも高くなるので
歯の健康はもちろん、体全体の健康のために

安全で効果が期待できる歯磨き粉をおすすめします。

薬用オーラパールホームページはこちら

まとめ

歯磨き粉は口に入れても飲み込まずに
最後は吐き出すので成分は

それほど気にしない方も
いるかもしれません。

ただ最近は歯周病が動脈効果や糖尿病、
骨粗しょう症などの病気を招くことが
指摘されるようになってきているように

口の中をしっかりとケアをするのは
とても大切なことです。

終わった後に口がさっぱりするもので
歯磨き粉を選ぶのではなく

安心安全な歯磨き粉を選ぶように
しましょう。



関連記事はこちら

2 Responses to “市販の歯磨き粉の危険な成分に注意!安全なおすすめの歯磨き粉を紹介”

  1. あつシゲ より:

    はじめまして、あつシゲと申します!
    この記事の情報がとても役に立ちました。
    ありがとうございます。

    今まで良いイメージで使っていた市販の歯磨き粉に実はこんなに有害な成分が入っていたなんて驚きです。
    成分表はよく見なければと思いました。

    とても良いサイトですね。
    私のブログからこの記事へリンクを貼らせていただきました。http://atusige01.com/change-hamigakiko
    今後ともよろしくお願いします。

    • tw0801 より:

      コメントありがとうございます。

      CMでやっているような市販の歯磨き粉よりも
      歯にやさしい歯磨き粉は色々あるのですが、

      どうしても認知度が高い商品から売れてしまいます。

      もちろん市販の悪い歯磨き粉の危険な成分も
      使用量を守っているので、

      すぐに体に悪い影響を与えるというわけではありませんが

      歯磨き粉は毎日するものなので何十年も使用しても
      大丈夫という保証がありません。(実験結果もありませんし)

      それよりも安全な成分で作られている歯磨き粉も
      あるので紹介してみました。

      リンクもありがとうございます。

      それではこちらこそよろしくお願いいたします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ