食べてはいけない添加物 食パン イーストフード使用のパンは危険?

市販で売っている食パンは見た目がどれも
同じように見えるため

原材料もそれほど変わらないと思う方も
多いですし

「食パンに体に悪い原材料や添加物なんて
入っていない」と思う方も多いと思います。

では実際はどうなのでしょうか?

スポンサードリンク

イーストフードを使用している食パンは危険なの?

パンを家で作ったことがある人はわかると
思いますが、

ふっくらと焼くには火加減や時間調整など
職人的な技が必要です。

xo

そのため大量に本物のパンを作るのは
難しいので

多くの市販の食パンや菓子パンには
イーストフードが使われています。

イーストフードイースト(パン酵母)に
混ぜることによって

簡単にふっくらとしたパンが大量生産
できます。

イーストフードはいわゆる膨張剤なのです。

ただしふっくらと焼ける一方でイーストフードを使うと
パサパサしてしまい、しっとり感がなく、
パン本来の味わいが失われてしまいます。

イーストフードは一種類だけでなく塩化アンモニウム
りん酸三カルシウムなど16種類あり、

その中から5品目程度をピックアップして使いますが
中には毒性の強いものもあります。

塩化アンモニウムの場合はウサギに2gを
投与したところ、

10分後に死亡しましたという
実験結果もあります。

ところがイーストフードには一括表示名が
認められているため

16種類の中からいったいどれが使われているのか
わかりません。

これでは危険なのか安全なのかわかりませんね。

また、ほんの数年前にはとても危険といわれる
臭素酸カリウムを食パンに使用されていました。

臭素酸カリウムはネズミを使った実験で
腎臓に腫瘍を、

腹膜にガンを発生させることが
わかっていますが

人体にも危険と言われていました。

これを微量とはいえ使っていた
大手企業があります。

現在では危険だという声があまりにも
多く集まったために

臭素酸カリウムは使われなくなりましたが

数年前に発売されている本(今でも普通に本屋に置いてますが)
には臭素酸カリウムを使用している
〇〇パンの食パンを食べるのは危険と書いてあります。

このような事が本に書いてあるとずっと残ってしまうので
その企業姿勢が問題になりますね。

スポンサードリンク

おすすめのパンや食パン!

毎日食べることが多いパンはできれば
美味しくて栄養が豊富なものが良いですね。

市販であればパスコの「超熟」のように
添加物があまり使われていない食パンもありますし、

パン屋さんの食パンはイーストフードを使用していない
ところが多いので、そちらを買われることをおすすめします。

また最近「ふすまパン」というパンが人気ありますが
ご存知ですか?

栄養豊富ですが糖質が少なくて、ダイエットにも最適なパンです。
ふすまパンに関する記事はこちら

やはり市販の食パンと比べると若干価格が高いので
毎日は無理という方もいると思いますが

食べると本当に美味しいのでたまには食べてみてくださいね。

私は近くの美味しいパン屋さんの食パンを食べているので、
(ちなみにここです。)

市販のパンはもうお腹を満たす以外には
食べたいとは思いませんね。


まとめ

結局イーストフードを使用している食パンは
安全なのか、そうでないのかは

イーストフードの詳細ががはっきりしない為に
わかりません。としか言えません。

ただ市販の食パンに関しては数年前と違い
危険な添加物は使用していないはずなので、
毎日1、2切れ食べても問題はないと思います。

それよりもコンビニやスーパーで販売している

菓子パンや惣菜パンの方が体に良くありません。
裏の原材料表示を見ると危険な添加物が
これでもかと使用していますので

空腹を満たす為に食べる分には良いのですが
食べ過ぎには注意してくださいね。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ