食べてはいけない添加物 微糖・ゼロ 缶コーヒーは危険がいっぱい?

缶コーヒーは朝出掛ける前に飲んだり、仕事の休憩時間に飲んだり

ちょっとした時間にサッと飲めるので便利な飲み物ですよね。

また缶コーヒーは多くのメーカーが色々な種類を販売していますが

一部あまりおすすめできない缶コーヒや逆に安心して飲める缶コーヒを
紹介します。

スポンサードリンク

おすすめできない添加物いっぱいの缶コーヒー

最近よく見る缶コーヒーは肥満やメタボの人向けの「微糖やゼロ」タイプの
缶コーヒーをよく見かけます。

一見砂糖を減らしているから健康的と思われますが、砂糖の代わりに使用している
添加物が問題です。

ほとんど微糖・ゼロの缶コーヒーには砂糖の代わりにスクラロースアセルスファムK
が使用されています。

スクラロースは1999年に認可された新しい合成甘味料です。
さまざまな動物実験をして「安全性に問題はない」とされていますが

ラットにスクラロースを含むえさを食べさせた実験では脾臓(ひぞう)や
胸腺(きょうせん)のリンパ組織に異常が見られました。

また妊娠したウサギの実験では親ウサギが死んだり、流産をしています。

詳しくは:人工甘味料スクラロースは危険それとも安全?副作用や使用基準は?

アセルスファムKは2000年に許可された合成甘味料です。
犬にえさとともに食べさせた実験ではGPT(肝臓障害の際に増える)の増加や

リンパ球の減少が見られます。

これらは砂糖と違って体内で代謝されません。
分解されることなく腸から吸収されて身体中をめぐって腎臓から排泄されるのです。

結局エネルギーにならないのでゼロカロリーになりますが、

これは甘味料が異物となって全身をめぐることであり、肝臓や腎臓にダメージが出るの
ではと心配されています。

詳しくは:人工甘味料アセスルファムKは危険?安全?ゼロカロリー飲料の注意点!

では合成甘味料が入っていない缶コーヒーなら安全かというとそうではありません。

安定剤のカラギナンが入っている缶コーヒーには注意が必要です。

微糖タイプではない普通の缶コーヒーに入っていることが多いカラギナン

海藻の一種から抽出された天然添加物ですが、ラットに発がん性物質を投与して
さらにカラギナンを15%含むえさを食べさせた実験で

結腸腫瘍の発生を促進することがわかりました。

缶コーヒーなどの食品に含まれる量は少量なので安全と思われますが
幼児が摂取する場合は危険性が高まると考えられます。

その他にも多くの缶コーヒーには香料や乳化剤が含まれています。
これらは種類がいくつかあり、危険なものと安全なものがあるのですが

細かい表示の義務がないので結局安全なのか
そうではないのかわかりません。

その他缶コーヒーには通常よりも多くのカフェインを
含んでいるものもあります。

カフェインは適量に摂取すれば健康に良いですが
過剰摂取するいと急性中毒症の恐れがあるので

短時間に何本も飲むのは注意が必要です。

詳しくは:カフェインのとり過ぎの危険性!許容摂取量と多く含まれる食品や商品は?

スポンサードリンク

おすすめの缶コーヒー

微糖・ゼロではなく、無糖・ブラックの缶コーヒーをおすすめします。

ただ無糖・ブラックの缶コーヒーでも香料は添加されている製品は多いですが

UCC上島珈琲から発売されている「ブラック・無糖コーヒー」は香料が使用していない
ので人工的なニオイや味がしません。

rel140815a_1

安心して飲むことができます。

またサントリーフーズの「ボス 無糖ブラック」も香料は添加されていませんので
おすすめです。

silky_black_item

微糖・ゼロの缶コーヒーは危険のまとめ

微糖・ゼロの缶コーヒーも1日1,2本位ならそんなに問題ないのでは
と思う方も多いでしょう。

しかし合成甘味料のスクラロースやアセルスファムKはコーヒー以外の
コーラゼロ、特保コーラ、糖質ゼロのビール、清涼飲料水などの

健康やカロリーが少ないことを強調している飲み物に多く使用されています。

夏は特に多く消費してしまう可能性があります。

朝に微糖の缶コーヒーを飲み、午前中にノドが乾いたのでコーラゼロを飲み、
昼は食後にまた缶コーヒー、夕方もまだ暑いのでカロリーオフの清涼飲料水を飲み

夜は食事の時に糖質ゼロのビールを飲むという合成甘味料のオンパレードになります。

健康目的でカロリー控え目の飲み物を飲んでいるのに逆に健康に悪いというのは
本末転倒です。

1本だけではそれ程危険はないかもしれませんが、このように何本も合成甘味料入りの
飲み物を飲むと体調に影響がある恐れがあります。

特に小さなお子様にはあまり与えないように心がけましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ