市販のシャンプー・リンスの成分は危険がいっぱい。シャンプーの選び方とおすすめは?

シャンプー

皆さんはどんなシャンプー・リンスを使っていますか?

髪の傷みやフケ・かゆみ、抜け毛などで悩んでいる方はシャンプーが合わない
可能性があります。

特にCMなどで大々的に宣伝されている商品にはあまり頭に良くない危険成分が
入っているという話を聞きますが実際はどうなのでしょうか?

今日は市販のシャンプーがなぜ良くないのか?それならばどのようなシャンプーを
使用すれば良いかをお伝えします。

市販シャンプーはなぜ危険なの?

多くの市販のシャンプーやリンス・トリートメントには「合成界面活性剤」が入って
います。

一度今使用しているシャンプーの容器の裏面に書かれている成分表を見てください。

まず良く危険と言われる合成界面活性剤はラウリル硫酸Naラウレス硫酸Naです。

特にラウリル硫酸Naは皮膚の刺激性に関して明らかに強い刺激性を示すデータが
報告されています。

その結果抜け毛や薄毛、フケやかゆみといった症状を引き起こす可能性もあります。

ただラウリル硫酸Naは一部のメーカーを除いてほとんど最近は
使用されなくなっています。

(一部のメーカーが気になりますね。P&〇とか)

一方名前が似ているラウレス硫酸Naラウリル硫酸にポリオキシエチレン鎖を
付けて分子量を大きくし浸透性を抑えたものです。

ラウレス硫酸ラウリル硫酸よりも安全性を上げた成分と思って良いのですが、
だからと言って安心で良い成分ということではありません。

ラウリル硫酸かなり強い毒性なので、それに比べればラウレス硫酸マシです
という程度です。

その他の合成界面活性剤で気になるのは

「エデト酸塩」(エチレンジアミン四酢酸、またはEDTAと書かれている場合もあり)や

酸化防止剤「ジブチルヒドロキシトルエン(BHT)」

などの成分です。

これらはどれも身体に悪影響を及ぼす可能性があるものばかりです。

「エデト酸塩」は皮膚への刺激や発疹、ぜんそくを持つ方の症状が悪化する場合が
あると言われています。

「BHT」は動物実験では脱毛・無眼症が報告されており、アメリカの実験報告によれば

膀胱ガンや甲状腺がんを誘発する可能性があると言われています。

スポンサードリンク

シリコンは髪に良くないの?

最近は「ノンシリコン」を謳っているシャンプーも最近販売されているので
シリコン入のシャンプーは髪に良くないと思っている方も多いと思います。

ですが元々シリコン自体は悪いものではないです。

シリコンにはキューティクルを保護し髪をサラサラにする特徴がある
のですが、強すぎる洗浄力によって皮脂を根こそぎ取り除いてしまうので

頭皮の炎症を引き起こし、それが原因で脱毛に至る場合もあります。

ではノンシリコンのシャンプーなら安全かというと、
その代わりに危険な成分が入っている商品が多いので、単にノンシリコンだけで

商品を選ぶのはおすすめできません。

ではなぜ市販のシャンプーはこれらの危険な成分が入った商品を
販売しているかと言うと

それらのを使用することにより、安い商品を作ることができたり
保存期間を長くすることができるためです。

日常使っているシャンプーが開封後にすぐに腐ってしまうと
困りますよね。

原価が安くて長持ちするシャンプーやリンスを大量生産するのは
仕方ない部分もあるのですが、

安全面を考えると本当にそれで良いのでしょうか?

シャンプーの選び方とおすすめのシャンプーは?

市販のシャンプーは先程紹介したように洗浄力が強く
洗った後はサッパリして気持ちが良いのですが
髪や地肌にダメージを与えてしまいます。

このようなシャンプーをアルコール系シャンプーと
いいますが、

それよりもおすすめなのが髪にやさしい
アミノ酸系シャンプーです。

ただアミノ酸系シャンプーといってもピンキリで
市販のアミノ酸シャンプーではあまりおすすめできない
商品も出回っていますし、

通販でしか購入できない高級なアミノ酸シャンプーもあります。

となるとどれを選んで良いかわからないと思いますので

3つのおすすめシャンプーを紹介します。

色々わからない単語が多くて覚えられないという方が多いとは思いますので

全般的に市販シャンプーなどは悪いものが多いということを認識してもらって

ここではおすすめのシャンプーを紹介します。

一番おすすめなのが
オーセル・オアシス天然シャンプーです。

この商品はとにかく低刺激です。
ベビーシャンプーよりも刺激が少ないのではないでしょうか。



現時点ではこのシャンプーが成分や使用感でも最高だと思います。

肌にやさしい成分が多いシャンプーは
他にも色々ありますが

洗浄力や保湿力が弱かったり、
補修効果がなかったり、どこか欠点があります。

ですがオアシス天然シャンプーは
肌にやさしいのはもちろん

洗浄力、保湿力、補修効果もきちんと
あります。

また、それだけでなく頭皮の血行を促進して
新陳代謝を活発にする成分が複数配合されているので
育毛効果まであります。

ダメージヘアの方も地肌が荒れている方も

抜け毛や薄毛で悩んでいる人にもおすすめの
シャンプーなのです。

さらにほとんどのシャンプーに入っている防腐剤も
入っていません。

究極のシャンプーといっても過言ではありません。

しいて難点をあげるとすれば、価格が高いことでしょうか?
それでもここまで良い成分が含まれているのであれば
納得の価格ですね。

オーセルシャンプー400ml販売価格4,968円(税込)
天然由来成分100%オーセルオアシス天然シャンプー

それでももう少し安いシャンプーで良いものはないかと思う方も
いるはずなので、そんな方におすすめなのが
Raffi(ラフィー)シャンプーです。

31ne3hoxokl

コストパフォーマンスの良さで1位のシャンプーです。
成分内容も洗浄力・低刺激・保湿・補修と万能です。

内容量は1000mlで、一人で使用するならば半年~1年程持ちます。
万人向けなので家族みんなで使えます。

カラー・パーマをしている方にもおすすめです。

オーセルのシャンプーが少し高いという方にはこのシャンプーでも
十分満足できます。

ラフィーシャンプー&トリートメントセット
(各1,000ml)7,200円
ラフィーシャンプーホームページはこちら

そして最近気になっているシャンプーが

ハーブガーデンシャンプー」です。
166110

こちらもオーセルと同じ自然由来成分100%
防腐剤不使用で安全な成分だけを使用しています。

オーセルとの違いといえば育毛や薄毛に効果がある
成分が入っていないところだけでしょうか?

300mlで2,000円とオーセルと比べても
かなり安いので、薄毛に悩んでいないのであれば

ハーブガーデンシャンプーをおすすめします。

オーガニックシャンプーの常識を変えた【ハーブガーデン】

3つのおすすめシャンプーを紹介しましたが

究極のシャンプーがオーセルオアシス天然シャンプー

薄毛効果はないですが、それ以外はオーセルと
ひけをとらなくて、価格もオーセルと比べると
お手頃なのが【ハーブガーデン】

そして成分は他の2商品と比べると最高級とは言えませんが
安全な成分で作られていて、価格も一番安いのが
ラフィーシャンプーです。

それぞれ髪のお悩みは違いと思いますので
気になったシャンプーをお選びください。

市販シャンプーは危険のまとめ

市販のシャンプーを使用しても特に問題ないと言う人もいると思います。

ですがシャンプーは毎日する人がほとんどですし、中には朝シャンも
する人もいるので1日2回する人もいるのではないでしょうか。

髪の毛や頭皮に悪い市販のシャンプーを長年継続して使用するのは
最初は問題ないかもしれませんが、後で影響が出る可能性があります。

健康を考えて是非一度シャンプーを見直してみてはいかがですか?

 

スポンサードリンク

関連記事はこちら

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ