ふるさと納税 やってみようか悩んでいるあなたはメリットとデメリットを比べてみることからスタートしましょう!

ふるさと納税がテレビなどで紹介されてから、
一気に話題となりましたよね。

そして忘れた頃に、またテレビで紹介されて話題になる。
そんな話題が繰り返されていますが
あなたは、ふるさと納税をやられた事ありますか?

なかなか手が付けられないと考えているあなたに
今回は、ふるさと納税の事を分かりやすくお話しますね。
また、気になるメリットとデメリットについてもご紹介します。

スポンサードリンク

ふるさと納税(仕組み)

ふるさと納税とは、
日本各地にある自治体に「寄付」をする事です。
と、誰もがこの説明をしますが、もう少し具体的に説明しますね。

自分が選んだ自治体に、自分のお金を送り使ってもらう
そのお礼として(ここが話題になっているポイントですよね)
豪華な特産物が貰えると言う事です。

その「寄付」したお金で特産物を買うイメージがありますが、
寄付金控除として節税されます。

例えば
年間に10,000円分ふるさと納税すると、 8,000円が寄付金控除として節税されます。

節税は、 自分が住んでいる自治体で確定申告する事によって、 その年の所得税として還付され、翌年の住民税が安くなると言う事です。

と言う事は、 特産物は2,000円で買った事になります。
自己負担は2,000円と考えて、 2,000円以上の特産物が届くので話題になっています。

スポンサードリンク

自分にとってのメリットとは

ふるさと納税をする事によって一番大事なのは、
自分にとってのメリットですよね。

自治体を自由に選べる

これは重要なポイントだと私は思いますよ。
自由に選べるということは、あなたが欲しいと思う特産物が貰える自治体を選ぶことができるということです。
好きでもない特産物が送られてきても困ってしまいますしね。

災害があった自治体を選べる

ふるさと納税は特産物を安くゲット出来るメリットがありますが、
本当の意味での寄付として役立ててもらえるのも良い点だと思います。
自分が送ったお金が役に立つのは嬉しい事です。

寄付金の使い方を指定する事が出来る

これも上記と似た様な事なのですが、
寄付したお金の使い方を選択する事が出来ます。
自治体によっても違いがあるので、寄付先を決める時に確認してくださいね。

支払方法でポイントを貯める事が出来る

支払い方法の代表的な物で、振り込みとクレジットがあります。
ポイントが付くクレジットカードを使えばさらにお得と言う事になります。
(クレジットカード払いが無い自治体もある様なので購入前に確認しましょうね)

サイトから簡単に申し込みが出来る

申し込みが簡単じゃないと挫折しますよね。
便利なサイトをご紹介しておきますね。
日本最大級ふるさと納税サイト⇒ふるさとチョイス公式ページ
楽天でのサイト⇒楽天ふるさと納税

私の場合、大きな荷物や重いものなど
運ぶのが大変なものは楽天を使用していますので
ふるさと納税も楽天を使用しています。

なぜなら楽天の場合、普段と同じ様にポイントが貯まりますし、
イベントの際にはお得になったりすることがあります。
ポイントが何倍かになったりすることもあるので
さらにお得に!ということもあります。

楽天でのふるさと納税はタイミングを見てされることをおすすめします!

知っておきたいデメリットとは

やはり、デメリットを知り、納得した上で
ふるさと納税をやるのか?やらないのか?決めた方が良いですよね。

後でこんなはずではなかったと思わないように
デメリットと思われるものをまとめました。

納税できる限度額を計算しないといけない

自分の年収や他の控除の金額によって変わって来ます。
面倒だという声も多々聞いています。
しかしおおよその目安は簡単に計算してくれるサイトがあります。
先ほどご紹介した「ふるさとチョイス」でも確認できます。

お金が先に出ていく

ふるさと納税をする時に振り込みでもクレジットでも、
先に現金がなくなり、控除されるのは翌年になります。

確定申告が面倒

これも一般的に言われている事ですが、
寄付金控除の欄があるのでその年に納税した金額を記入して、
寄付をした自治体から送られてくる「寄付金控除証明書」の添付
をしなければなりません。

考えようによっては、これだけの事なので慣れてしまえば難しいことではありません。
(※寄付金控除証明書は、紛失しない様に注意してくださいね)

手続きが面倒

サイトからの申し込みが出来るので、
思っているよりは面倒と言う感じはしませんが、普段やらない方には面倒に感じることもあるかもしれません。

まとめ

  1. 自己負担をどのように感じるかですね。
  2. 寄付金の使い方を選べるのは嬉しいですよね。
  3. デメリットをデメリットと考えるかによるのではないでしょうか?

ふるさと納税について簡単にまとめてみましたが、
やるか?やらないか?は、
メリットが本当に自分にとってメリットなのか?
デメリットをクリアできるか?で決めれば良いのではないでしょうか。

自分自身が寄付する事によって、役に立つのは嬉しい事です。
本来の意味合いを忘れないようにしたいですよね。
そんな気持ちで寄付する事が出来るふるさと納税は、良い制度なのではないかな?と私は思っています。

スポンサードリンク



コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ